マメ科の花

Img_1869-640x427

野に咲いてたマメ科の花

よく見ると、可愛い花  紫色に真っ白な柄、お洒落な花です。

Img_1864-640x427_20201024193902

でも、名前がわからない。

シジミチョウが飛んできて、、、

Img_1868-640x429

今日は、お天気も良く、蜜蜂の内検

特に問題はなく順調、順調、、、

寄生ダニもほぼ消えつつある。

9月からアピバール6週間、尚もダニが消えていない群れには、香料のチモールのダニ駆除剤のチモバールを挿入、、、

全部の巣箱にチモバールを挿入できないので、足らない巣箱にはギ酸、、、

これで、ダニは完全に駆除出来るだろう。

かっては、アピバール6週間挿入するだけで完全にダニは駆除できたが、最近はダニに耐性が出来て来たのか、、、完全に駆除できない場合が少なからずある。

今までなら、さらにギ酸によって駆除したが、今後はもう一つのダニ駆除剤チバールの使用による選択肢が増えることは有難い。

但し、チモバールが、もうすこし安価なら良いのだが、、、

この状態で推移すれば、12月初には、無事に冬越にはいり、来年は良いスタートになりそうである。

Img_1824-640x480

夜、猪が出没、、、土中のミミズや昆虫を探して食べるため、巣箱の側の地面を掘り返す。

さすがに蜜蜂の巣箱をひっくり返す事はしないようだ。

巣箱の外まで聞こえてくる羽音が怖いようである。

Img_1826-640x480

夕食は、妻のサーモンの大きな切れを入れたクリームシチュー

サーモン、南瓜、ジャガイモ、ニンジン、キャベツ、キャベツ、玉ネギ、ベーコン、小麦粉、牛乳、、

Img_1829-640x480

ブログランキング←一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。

2020年10月23日 (金)

ヒメアサガオの仲間

Img_1861-640x424

ヒメアサガオの仲間

野の草原、道端、、、草の間に絡まって咲く紫色の小さな朝顔のような花

Img_1857-427x640

とても可愛くて、愛らしい。

Img_1850-427x640

畑の里芋、、、一株掘ると、大きな親芋と小さな小芋10個くらい、、

小芋は皮を剥いて煮物にするが、大きな親芋は、、、

少し硬くて、ごりごり、、という感じだが、実際に食べるとそんなことは無い。

薄く切って、小麦粉をまぶして、油で揚げて、里芋チップにした。

Img_1818-640x480

パラパラと塩を振って、、、、うん、美味しい!

ビールのつまみ、おやつ、、、に是非どうぞ!

Img_1819-640x480

里芋の小芋、茄子、南瓜、油揚げの煮物

昆布、花カツオの出汁、醤油、お酒、味醂、塩、、で味付け

Img_1820-640x480

南瓜と里芋、、、畑にたくさん、、、

せっせと食べないと、冬の寒さで腐らせてしまう。

ブログランキング←一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。

2020年10月22日 (木)

久々の京都行き

Img_1938-640x413

ペチニアの花

町田市に住んでいた姉が亡くなって、すでに1年半、

子供の居ない姉の家の処分や相続などの全ての諸手続きを完了した後、姉の遺骨を京都の西本願寺大谷本廟に納骨し、永大供養の手続きをする予定だったが、、、、、

ちょうど新型コロナの感染が広がり、、、、

全ての県内からの外出を控えてたが、、、いつ、どうなるか、予測できない。

来月になれば紅葉も始まり、観光客も増えるだろう。

そのうち、海外からの観光客もやってくるかも、、、

ますます、納骨が遅れてしまいそう、、、

ならば、今のうち!

我が身一つなら、簡単、、

さっと、出かけて、さっと帰ってこよう。

朝早く出発し、新幹線京都駅に8時40分着

何と、新幹線ホームは閑散と、、、、もちろん新幹線もガラ空き、、

かっては、海外からの旅行者で埋まってたのに、、、

Img_1787-640x480

JR中央改札口付近も人は少ない。

Img_1788-640x480

京都駅前からタクシーに乗り、東山区の大谷本廟へ、、、

Img_1789

9時過ぎと言うのに、人はまばら、、、

永代供養の受付も、人が少ないので、直ぐに完了

Img_1793-640x480

この建物、納骨堂にお骨を納めて完了、、、、

既に納骨している義兄のお遺骨の側に並んだ姉の遺骨、、、姉もこれでほっとしたことだろう。

気になってた宿題が終わる。

Img_1795-640x480

直ぐに藤枝に帰るのももったいないので、、、、

京都駅から奈良線で一つ目、、、有名な東福寺へ

Img_1801-640x480

何年か前、紅葉の頃に東福寺へ行ったことがあったが、境内は海外からの観光客であふれてた。

紅葉には、まだ少し早い。

11月から12月にかけてかな、、、

Img_1804-640x480

有名な通天橋、、、

紅葉のシーズンには観光客であふれて歩くことさえ困難なほど、、、

写真を撮る人が、立ち止まると交通渋滞を起こすため、写真撮影が禁止されたこともあったとか、、、

それが、、まだシーズンでないとは言え、ほとんど人が居ない、、、、

Img_1808-640x480

警備員の方に聞いたら、、

もう少ししたら、紅葉が始まるので、もう少し人は多くなると思うのですが、、、、と。

Img_1813-640x480

久々に遠くへ出かけたので、少々疲れました。

駅の階段を登るのがしんどい、、、、

ブログランキング←一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。

2020年10月21日 (水)

ツリガネニンジンの花

Img_1902-640x427

ツリガネニンジンの花

Img_1898-427x640

秋の野に咲く、可愛いツリガネのような小さな花

Img_1894-640x427

風のない暖かい日中、、久々の秋晴れ

セイタカアワダチソウが咲いて、流蜜、、、たくさんの蜜蜂が飛んでいる。

毎日、一回は蜂場に行って、オオスズメバチの監視

捕獲器の中にオオスズメバチが入ってる時は、火炎で殺さないと、働き蜂がスズメバチを攻撃にしに行った、逆に返り打ち、、、

捕獲器の中は殺された働き蜂でいっぱいになる。

Img_1777-640x480

先日、福一さんで買ったゴマサバ、、、

酢で〆て、冷凍庫で冷凍保存してあった。

妻が、、「今晩の料理は何にしましょうか?」

〆鯖が一枚冷凍してあったから、お寿司にしようか、、、と。

鯖だけでは寂しいので、スーパーへ行き、マグロ、ホタテ貝柱、甘エビを買って来た。

Img_1719-640x480_20201021192501

3人分のお寿司が出来ました。 酢飯ご飯は2合、、、

鯖寿司は、、少しのご飯で軽く握ってるので、食べやすい。

Img_1786-640x431

他には、南瓜と里芋の煮物、、、野菜の煮物は落ち着く。

Img_1782-640x480

ブログランキング←一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。

2020年10月20日 (火)

サクラタデの花

Img_1948-640x428

「タデ(蓼)食う虫も好きづき」とか「イヌタデ(犬蓼)とか、、、

タデはネガテイブイメージで評されることが多い。。

Img_1950-640x427

でも、そのようなタデの中で、サクラタデだけは、花も大きく。花の色も薄いピンクのサクラ色

Img_1953-640x428

ちょうど、今が満開、、、最も美しい。

挿し芽をすると、容易に根が出て、増やすことが出来る。

Img_1962-640x427

庭の一角、サクラタデが群生して、お花見が出来そう、、、

Img_1952-640x427

午後は、蜂場へ行ってオオスズメバチの襲撃の有無を確認、、、

オオスズメバチが多い年は、毎朝、毎夕方に行って、飛んでくるオオスズメバチを退治する。

巣箱の前の地面に、蜜蜂がたくさん固まって大騒ぎ

Img_1757-640x480

中心のところが盛り上がってる。

襲来したオオスズメバチを蜜蜂が集団で返り打ちにしてるところのようだ。

オオスズメバチを各個攻撃により、スズメバチの背中を刺して殺してしまう。

この盛り上がったところに中心には、殺されたオオスズメバチの死体があると思いしや、、、、

Img_1761-640x480

噴煙で蜜蜂を追い払ったら、、、、

なんと殺されてたのは、蜜蜂の女王蜂、、、

そんなことはあり得るはずがない、、、と、、、、

巣箱の中をチェック、、、、おや女王蜂は健在!

その隣の巣箱もチェック、、、、ちゃんと女王蜂はいる。

この殺された女王蜂は、何処から来たのだろう、、、??

Img_1765-640x428

こういう、ミステリーは時々、、、、

なんせ、内検はだいたい週1っ回

ドラマの第一幕を見て、次は最後の幕、、、その間、どんなドラマの展開があったのだろうか?

Img_1767-640x480

夕食は、数年ぶりに妻がピザに挑戦、、、

Img_1770-640x480

ブログランキング←一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。

2020年10月19日 (月)

ピンクの秋明菊

Img_1928-640x427

薄いピンクの秋明菊

これだけたくさんが咲くと、なかなか迫力があります。

Img_1925-640x427-2

amazonに注文してた本が届いた。

Img_1740-640x480

ジャ~ン! 

最近ハマってる堂場瞬一氏の警察小説 8冊

夜、布団の中で、本を読むと、数分で眠ってしまう。

9時に寝ても、10時に寝ても、、、だいたい12時か1時には目が覚めてトイレへ、、、

その後は、夢を見ながら1~2時間ごとに目が覚めてトイレへ

3時か4時には、、、、そういえば既に5時間、いや6時間眠ったのだから、後は朝まで本を読むか、、、

と5時から6時まで、布団の中で読書、、、、さあ、何日かかるかな? 

Img_1745-640x480

朝から警察署へ運転免許証の更新に、、、

免許証の色は青からゴールドへ

さあ、幾つまで運転ができるだろうか、、、

畑を借りてを趣味で家庭菜園をやってる80歳代の老人たち、、、

やはり、最後は目が良く見えなくなって、免許証を返上せざるを得なくなるそうです。

田舎じゃ軽トラが運転できなくなったら何も出来ない、何処へも行けない、、、以後はデイケアーのお世話になり、、、、、、、と。

午後から雨が降って来た。

今日の夕食は僕の担当

焼き鯖の炊込みご飯

椎茸、シメジ、舞茸などキノコ類をたくさん入れて、、、里芋、牛蒡、人参、コンニャク、油揚げ、

Img_1747-640x480

美味しく炊き上がりました。

Img_1748-640x480

煮物も欲しい、、、

南瓜、秋茄子、茗荷、油揚げ

Img_1751-640x480

緑も無いと、、、

ニラとシラス、舞茸、卵のお澄まし汁

Img_1750-640x480

ニラをさっと茹でて、酢味噌和え

Img_1752-640x480

夕食後、TV NHKBSPを見てたら、8時半から南アルプス甲斐駒ガ岳の黒戸尾根の登山をやってた。

日本三大急登の一つ、、垂直に近い梯子をいくつもいくつも、、、、懐かしい、、僕もよくぞ登ったもの、、いつだったか、、、60歳代の後半だったか、、、もう、今はそんな体力はない。

ブログランキング←一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。

2020年10月18日 (日)

紫の山萩

Img_1918-640x427

山萩、、、

日中の最高気温が20℃を下回る。

長袖のシャツを羽織らないと、涼しすぎるお天気、、、、もう10月も中旬なんだ、、

Img_1916-640x427

萩が美しい、、、、お萩も作らなくちゃ、、、

Img_1910-640x427-2

垂れてるのが、趣きがあって美しく感じる。

Img_1912-427x640

庭の畑に植えたニラ、、全部で半坪くらいの面積だけど、どんどん成長するので、いつも青々、

料理によって、ハサミで根元を切って、、、、でも、直ぐに新しい芽が出て、直ぐに伸びる。

Img_1735-640x480

ハサミでざっくり切って、良く洗い、、、

餃子、肉ニラ炒め、ニラスープ、、、、

Img_1737-640x480

単純に、油で炒めて、塩胡椒、、、

豚肉の料理に添えました。

Img_1738-640x480

ブログランキング←一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。

2020年10月17日 (土)

ダリアの花

Img_1932-640x427

秋、、ダリヤが咲き始めました。

散歩の中、庭に咲いてたのを撮らせてもらいました。

Img_1933-640x427

ボケてしまいましたが、、、、残念!

Img_1931-640x427

朝から終日 雨  

気温も低く、家の中は21℃、、、T-シャツ、長袖の厚手のシャツ、薄手のフリースを着ないと寒かった。

どこへも外出せづ、一日読書

夕食は、妻が豚カツを揚げて、豪華カツカレー

Img_1734-640x480

ブログランキング←一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。

2020年10月16日 (金)

アキノノゲシ(秋の野罌粟)の花

Img_1838-640x427

アキノノゲシ(秋の野罌粟)

日中の最高気温が20℃を下回る日も、、、、、、

夏の40℃近くの猛暑が嘘みたい、、、、

道端の野の花の写真を撮りながら野道をウオーキング、、、、

秋の花が増えてきました、、、、もう10月も中旬ですから。

お天気が不安定ですが、何とか曇り時々晴れでした。

でも、明日は雨が90% 一日TVか読書だね。

Img_1836-640x427

先日、福一さんで買った大きなトビウオ

お刺身(タタキ)で1匹食べて、残り2匹は薄塩して冷蔵庫のチルドに保存

Img_1711-640x480_20201016174901

今夕はムニエルにしてラビゴットソースをトッピング

さっぱりした魚なので、ラビゴットソースとよく合う。

Img_1729-640x480

ブログランキング←一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。

チェリーセージの花

Img_1775-640x427

チェリーセージ

白、ピンク、白ピンク、青、、いろんな色があるが、どれも可愛くて美しい。

猛暑の夏から一転して、秋の涼しさを感じる日々

Img_1774-427x640

新型コロナ感染から身を守るため、極力不特定多数の人が居る場所への外出を控えた生活の日々、、、

自身も、週一の焼津福一さんへの魚の買い物、時々の近くのスーパーとホームセンターへ行く以外は、蜜蜂の世話やウオーキング、、、

それら以外は自宅に籠って、NHKBSPの午後1時からの映画や刑事もののドラマ観賞など、、、

残りの時間は、もっぱら読書

ここず~と警察物の作家では第一人者の堂場瞬一の本にはまっている。

著者の本は全部で100冊近くあるそうだが、それぞれシリーズになってて、、シリーズを全部読み終わると、次の別の刑事の新シリーズへ、、

今回は、ちょうど10冊のシリーズもの、

「警視庁失踪課・高城賢吾」

警視庁捜査一課のやる気満々の優秀な刑事だった、高城賢吾、、

ある日、突然、小学校2年生の一人娘が、学校帰りに神隠しにあったように行方不明に、、、

警視庁の多くの同僚たちや近所の人たちの必死の捜索にもかかわらず行方は不明、何の手掛かりも無し、、、、

そのことで弁護士だった妻とは感情のもつれで離婚、本人は毎日酒浸りの荒れた日々、あちこちの所轄警察署を転々と、廃人同様に、、、それでも頸にならずに、警視庁失踪課という、失踪届を受け付けて失踪者を探す部署に配属される、、、警視庁の中では盲腸のような部門

それでも、上司や仲間、若い生意気な女性の相棒、友人の刑事達に支えられて、、一つ、一つの失踪者の事件を解決していくにつれて、少しずつ本来の自分を取り戻していく、、

しかし、挫折の度に、再び酒におぼれてしまう、、、

もう高校生の年頃になってるはずの娘、、必ず自分自身の手で探し出すと執念を燃すのだが、、、、。

全てが明らかになる最後の10巻目の「献心」、、、読み終わった。

ずっしりと暗くて重い結末に押しつぶされそう、、、

Img_1718-640x480

たくさんの著作があるので、リストを作っておかないと、注文する時にダブってしまう。

とうとう55冊、読んでしまった。

まだまだ、読んでないのがあるよ。

Img_1720-640x480

黄斑変性に似た目の病気になったにもかかわらず、視力が弱ることなくほぼ治り、本を読むことが出来ることに感謝する。

ブログランキング←一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。

«鶏頭の花

バナー

無料ブログはココログ