2017年10月16日 (月)

毎日、雨続き、、、

蜂蜜のご購入は、ナベショーのはちみつ屋ホームページ へどうぞ!

春の蜂蜜、蜜柑の蜂蜜は完売しました。

只今、モチノキとアカメカシワの初夏の蜂蜜を販売中

贈答用4種類の蜂蜜ギフトセットも予約受付中です。

僕自身が、ささやかに採った蜂蜜も贈答用セットの中に入っています。

どうぞお見逃しにならないように!

Img_2598

お茶の花

10月に入ると、茶の木に花が咲く。・

Img_2614_1024x683_2
でも、よく手入れされた茶畑の茶樹、、、そんなに花は咲かない。
一方、放棄茶園の高く伸びた茶樹や、あまり肥料が与えられてない茶畑の茶樹には、たくさんの花が咲く、、、
つまり、肥料が不足して、茶樹が弱ってくると、茶樹は生存の危機を感じて、子孫を残すために花をたくさんつける、、、と言うわけである。
お茶の花からは蜂蜜は採れないのか、、、と問れることが時々ある。
残念ながら、蜂蜜が採れるほどのたくさんの花が咲いてはいない。
しかも、この時期は、冬越用の蜂蜜を貯めさせるため、採蜜はしない。
お茶の花の花粉や蜂蜜には、お茶の成分であるカテキンが含まれていて、これが蜜蜂には毒で蜜蜂や幼虫が死ぬと言う養蜂家もいる。
Img_2794_2
まあ、とにかく、この数日、毎日雨がよく降ること、、、、
今日など、朝から夕まで、ず~と降り続いていた。
週間天気予報、、全国版
静岡の予報は、名古屋と東京を参考にするしかないが、、、、、
沖縄を除き、全国的にず~と一週間ほとんど雨日、、、
これだけ、雨の日が続くと、蜜蜂の巣箱の貯蜜が無くなって、蜜蜂が飢え死してしまう。
また、冬越用の花、セイタカアワダチソウが満開なのに、こんなに雨が降ると、蜜蜂はセイタカアワダチソウの蜜や花粉を集めることなく、花が終わってしまう。
ほんとに、困った年である。
まあ、夏の間にたくさん貯まったカラス山椒の蜂蜜を、この夏は蜜蓋をするほどたまらなかったので採蜜していない。
このカラス山椒の蜂蜜によって、長雨の間、飢え死にすることは無いだろうが、少々心配である。
Img_3129_1024x683
さて、静岡の明日の天気は、、、朝から降ってた雨が止んで、午後は曇り、、、
明日の午後は、必ず蜜蜂の内検をして、貯蜜の状態を確認して、貯蜜の少ない巣箱には補充しなければならない。
Img_3131_1024x683_2
静岡県の週間天気予報、、、ず~と雨日
それに、台風もやってくるそうだし、、、、
11月にならないと天気が回復しないようです。
Img_3132_1024x683
先日、福一さんへ行った時、串に刺して焼いたニギスが売ってた。
僕は、これが大好き、、
さっと火で炙って、下ろし生姜をかけて、お醤油をかけて、、、
Img_3119_1024x683
人気ブログランキング ← 一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。今日も拙いブログに来てくださり、ありがとうございま

2017年10月15日 (日)

熟柿は好きですか?

蜂蜜のご購入は、ナベショーのはちみつ屋ホームページ へどうぞ!

春の蜂蜜、蜜柑の蜂蜜は完売しました。

只今、モチノキとアカメカシワの初夏の蜂蜜を販売中

贈答用4種類の蜂蜜ギフトセットも予約受付中です。

僕自身が、ささやかに採った蜂蜜も贈答用セットの中に入っています。

どうぞお見逃しにならないように!

Img_2495_1024x683_2

白い芙蓉
芙蓉はピンク色が一般的、、、
でも、この芙蓉は白い、、、
Img_2491_1024x683_2_2
白い芙蓉、、とても美しい!
Img_2492_1024x624
我が家の庭には、西條柿の木がある。
渋柿なので、少し色づいてきた頃に収穫して、皮を剥いて干し柿にする。
でも、今年は数日前からず~と雨、、、
雨が降る日が多いと、干し柿は乾かず、、、表面に黴が生えて、乾燥せず、、
じゅく、じゅくになって、失敗する。
今年は木の枝で、すこし色づくと、どんどん熟柿になって、カラスが突っついたり、地面に落ちてつぶれてしまう。
毎日、毎日、熟柿を収穫する。
Img_3117_1024x647_2
昔、故郷では、美濃柿という種類の大きな渋柿の木があり、その実を収穫して、板の餅箱に並べて蔵の中に置いておく。
丁度年末から冬にかけて、真っ赤に熟する。
雪の降る寒い夜、炬燵に入って、この熟柿を食べるのが楽しみだった。
同じ渋柿の西條柿は美濃柿ほどは大きくないが、熟柿は十分楽しめる。
毎日、たくさん収穫できるので、ご近所さんやお知り合いの方に差し上げようとするのだが、、、、
好きだという人は少ない。
こんなに美味しいものが嫌いだなんて、信じられない、、、、
Img_3118_1024x683
今晩の夕食は、、、
真鰯の背開きの醤油/味醂漬けに小麦粉をまぶして、フライパンで焼いたの、、、
単に焼いても美味しいけど、このほうが香ばしくて美味しい。
Img_3114_1024x683
人気ブログランキング ← 一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。今日も拙いブログに来てくださり、ありがとうございま

2017年10月14日 (土)

高齢者講習とは、、、

蜂蜜のご購入は、ナベショーのはちみつ屋ホームページ へどうぞ!

春の蜂蜜、蜜柑の蜂蜜は完売しました。

只今、モチノキとアカメカシワの初夏の蜂蜜を販売中

贈答用4種類の蜂蜜ギフトセットも予約受付中です。

僕自身が、ささやかに採った蜂蜜も贈答用セットの中に入っています。

どうぞお見逃しにならないように!

Img_2634_1024x683_2
あちら、こちらで咲く、コスモスが美しい!
Img_2639_1024x683
車で30分くらいのところに、休耕田を見事なコスモス畑にしたところがあるので、来週には見に行きたい。
Img_2644_1024x683
ず~と雨、、週間天気予報もず~と雨マーク
今日は運転免許証の更新に伴う高齢者講習
近くの自動車教習所へ、、、
講習日の予約を取るのがたいへんだった、、、
実は数か月前に警察署から案内の葉書が来るまで高齢者講習なるものを知らなかった。
70~74歳での運転免許証の更新においては、高齢者講習が義務付けられている。
75歳以上になると、認知症の検査もある。
若干の不安を抱きながら、自動車教習所へ、、、
受講者は6人、、みんな70歳を少し過ぎた高齢者、、もちろん小生も、、
まずは受付と受講料を納めてから教室でレクチャー
先生の楽しい話にのせられながら、、、
知っていなければならないはずのこと、、、案外知らない。
例えば、、、
若葉マーク、、、これは初心運転者表示
赤、黄、緑、黄緑の表示は、、、高齢者運転者表示、、かっての落ち葉マークから代った。
ではクローバー(四葉)マークは、、、、身体障害者表示  肢体不自由であることを理由に運転免許に条件を付与されていることを表示するマーク
蝶ちょマーク、、、聴覚障害者表示、、僕を含めて知らない人が多かった。
普通自動車を運転することが出来る聴覚障害者が表示するマークで、他の走行車は、その車を保護しなくてはならない。もちろん割り込みなどは禁じられている。
車椅子マーク、、これは良く知っている。
75歳以上での認知症検査、、、どんなテストかの模擬試験
10数個のいろんな絵を見せられた後、別の事をやった後の数十分後にどれだけ思いだせるか、、、、、こりゃ自信が無い。  これに引っかかると病院できっちり検査が必要と、、、
視力検査は問題ないが、、、
動体視力、夜間視力、視野測定、、、、となると、ずい分と低下している。
20代の若者は、低下して無いそうです。
老化と共に、これらの視力がどんどん落ちてくる、、、これが高齢者の走行中の事故に繋がってくるそうです。
自身の測定値を見ると、運転が怖くなる、、、
最後に、教習車、隣の席に教官が乗り、実地運転
普段、運転してる軽トラに比べて、教習所の車は大きい、、まあ、何とか運転できたけど、、、緊張しました。
受講を終了して、終了証明書を頂きました。
これが無いと、警察署に行っても免許更新が出来ないのである。
Img_3109_1024x502
一作日、たくさん買ってきた魚、、、
ポチポチと、、、
豆鯵の南蛮漬け、、
Img_3106_1024x683
真鰯の煮付け
Img_3108_1024x683
冷蔵庫に、干物や醤油/味醂漬け、、などまだまだあるよ。
人気ブログランキング ← 一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。今日も拙いブログに来てくださり、ありがとうございます。

2017年10月13日 (金)

秋、冬野菜がどんどん大きく、、、

蜂蜜のご購入は、ナベショーのはちみつ屋ホームページ へどうぞ!

春の蜂蜜、蜜柑の蜂蜜は完売しました。

只今、モチノキとアカメカシワの初夏の蜂蜜を販売中

贈答用4種類の蜂蜜ギフトセットも予約受付中です。

僕自身が、ささやかに採った蜂蜜も贈答用セットの中に入っています。

どうぞお見逃しにならないように!

Img_2484_1024x683_2

ランタナ、、、花期が長く、可愛くて、、、、
Img_2483_1024x683
散歩してると、あちこちの家の庭や道脇にいろんな色のランタナが咲いている。
Img_2481_1024x683
毎日、午前中は蜂場へ行き、スズメバチ退治、、、
4~5日に一回は巣箱の蓋を取って、内検、、
どの巣箱も、これくらいの溢れそうに蜂がたくさんいると良いのだが、、、
昨年の12月初からトライしてる農薬系ダニ駆除剤を使わないで寄生ダニを退治する、所謂オーガニック養蜂、、、
試行錯誤の日々だが、今のところはうまく行ってる。
ダニの多い年、少ない年、、、いろんな年がある。
農薬系ダニ駆除剤を使わないで3~4年のサイクルを回すことが出来れば、、、と願っている。
Img_2709
蜜蜂の次は野菜畑
土を耕し、畝を作り、ニンニクを植えました。
中国産のニンニクの種球根、、、300円安かった!
Img_3083_1024x683
スナックエンドウの種も蒔いた。
Img_3084_1024x683
残りの畝は、、、、玉ネギ苗が出て来たら植えよう。
Img_3092_1024x683
9月に植えた野菜の苗や,蒔いた種、、、
毎日、見るたびに一回りずつ大きくなる。
キャベツ、、ぼつぼつ結球が始まる。
Img_3088_1024x683
白菜も元気いっぱい、、、
結球が始まってるが、ナメクジが球の間に入ってるのがある。
おんぶバッタが葉を食べるので、可哀想だけど見つけ次第退治してる、、
警戒すべきはヨトウムシ、、、まだ現れていない。
Img_3085_1024x683
大根がぐんぐん大きくなりかけた。
一か所に3~4個の種を蒔いたが、苗の成長に従って間引いて、1本に仕立てた。
Img_3087_1024x683_2
小松菜、、 ここまで大きくなれば、ドンドン収穫できそう、、、
野菜は、収穫も楽しいが、成長する過程を見るのが楽しい。
Img_3089_1024x683
今年は、今までに無く、野菜の生育が良い。
何故だろう?
例年よりも、元肥として鶏糞を1.5倍 たくさん蒔いたからだろうか?
(今までが少なすぎたのだ、、、)
有機化成肥料を追肥として、こまめに蒔いてるからか?
近くのスーパーで、ローストビーフ用の牛肉ブロック、消費期限が本日のを半値の表示、、妻がニコニコで買ってきた。
国産肉のかなり美味しそうなお肉
昨日は魚料理だったので、今日は肉料理
塩胡椒を擦り込んで、フライパンで焼いて、薄く切って、お皿に盛り付け、、
醤油、味醂、ニンニク、生姜、蜂蜜、バター、フライパンの肉汁、甘酒、、、、を煮詰めてタレソウス
ネギ、生姜、茗荷の薬味
ポテトサラダとベークドポテト、、、
Img_3102_1024x683
人気ブログランキング ← 一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。今日も拙いブログに来てくださり、ありがとうございます。

2017年10月12日 (木)

新鮮な魚料理

蜂蜜のご購入は、ナベショーのはちみつ屋ホームページ へどうぞ!

春の蜂蜜、蜜柑の蜂蜜は完売しました。

只今、モチノキとアカメカシワの初夏の蜂蜜を販売中

贈答用4種類の蜂蜜ギフトセットも予約受付中です。

僕自身が、ささやかに採った蜂蜜も贈答用セットの中に入っています。

どうぞお見逃しにならないように!

Img_2554_1024x683

近くのお家のフェンス越に咲いてたピンク色の花

マメ科の花だろうけど、初めて見る花、、、蔓で垂れ下がった花は趣きがあり、絵になります。

 
Img_2560_683x1024
今日は木曜日、、、
焼津の福一さんへ魚を買いに行く日、、
少し遅くなったが9時過ぎに、、、、
丁度、焼津小川港よりの新鮮な魚がお店に着いたところ、、、
ポリ袋に適当に詰めて、目方を測ってもらう、、、
新鮮な真鰯、、、、385円
Img_3075_1024x683
豆鯵、、、505円
Img_3076_1024x683
これは何だったっけ 平鯵、、?   418円
Img_3074_1024x683
今日は、僕の好みの新鮮で安い魚がたくさん、、、
豆鯵、、唐揚げにして南蛮漬けに、、、
Img_3077_1024x683
真鰯は半分煮付、あと半分は背開きにして醤油/味醂漬け
Img_3078_1024x683
平鯵の3匹は干物にした。
Img_3100_1024x683
冷蔵庫、冷凍庫、、保存できるので1週間ぼちぼちと、、、
さて、今夕は、、
少々珍しい魚、、髭鯵って言ったっけ、、お刺身用に1匹 208円
Img_3093_1024x683
髭鯵と豆鯵で、お刺身、タタキを、、、久しぶりのお刺身 
Img_3095_1024x683
三枚に下ろした平鯵でムニエルに、、、
玉ネギ、ピーマン、トマトの刻んだのをトッピングしてポン酢でいただく、、
これは予想以上に美味しかった!
Img_3099_1024x683
ついでのオマケ、、
鯵のアラ、頭でお吸い物、、お塩少々、色づけ程度のお醤油、お酒、、、で味付け
最後にネギを浮かせて美味しさが決まる。
骨で食べにくいがとっても美味しい!
Img_3097_1024x683
安いお買い物で、新鮮な魚料理を楽しめました。
人気ブログランキング ← 一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。今日も拙いブログに来てくださり、ありがとうございます。

2017年10月11日 (水)

二軒小屋ロッジでお食事を!

蜂蜜のご購入は、ナベショーのはちみつ屋ホームページ へどうぞ!

春の蜂蜜、蜜柑の蜂蜜は完売しました。

只今、モチノキとアカメカシワの初夏の蜂蜜を販売中

贈答用4種類の蜂蜜ギフトセットも予約受付中です。

僕自身が、ささやかに採った蜂蜜も贈答用セットの中に入っています。

どうぞお見逃しにならないように!

Img_2975_1024x683_2

二軒小屋ロッジの泊り客、、、、

もちろん、南アルプスの登山者、それから渓流釣り客、そして、最も多いのが料理を食べに来る人達、、、、

何時だったか二軒小屋ロッジのコース料理を食べに来た年配の夫婦をTV番組で紹介してるのを覚えている。

椹島ロッジで、登山者と会話した時、

もう70歳を過ぎて、体力的に無理出来ないので、二軒小屋ロッジの料理を食べに行くのですよ、、、と。

それは奥様が喜ばれますよ!

Img_2902
宿泊客は、二軒小屋ロッジに下山してきた若い男性の登山者が3人
料理を食べに来た91歳と63歳の母娘、、そして我々夫婦の7人
6時に食堂のテーブルに着席すると、料理人が本日のコース料理の説明、、、
食材はすべてこの土地で採れたもの、、手作り料理
まず最初は、、、
万願寺唐辛子とバナナ唐辛子、南瓜料理の前菜
食前酒は、山葡萄の果実酒
Img_2930_1024x683_2
吹き抜けの高い天井からつるされたシャンデリヤに点灯、、
Img_2933_1024x683_2
山で採れる数種類のキノコのピザ
Img_2934_1024x683
食前酒の山葡萄の果実酒が美味しかったので、お代わり、、、
そして、サルナシ(猿梨)の果実酒も、、、
Img_2938_1024x683
僕はハーフサイズのワイン
Img_2946_683x1024_3
 
渓流で釣ったイワナの燻製、、燻製にする前にどんな下味が付けてあるのだろうか?
とっても美味しくて、頭から尻尾まで全部味わった。
Img_2939_1024x683
柔らかく煮込んだ鹿肉のシチュー 
Img_2942_1024x683
駿河湾の茹でシラスと大根のリゾット、、
Img_2943_1024x683
そして、地元 井川の野菜のコンソメスープ
Img_2944
最後は,日本蜜蜂の蜂蜜とヨーグルトの入ったアイスクリーム
Img_2947_1024x683
その後、コーヒーが出てきました。
素敵な雰囲気のロッジ、美味しいフルコースの料理、ちょうど程よい満足感、、、
静かな夜を過ごして、翌朝の朝食
Img_2953_1024x683
9時半 二軒小屋ロッジをリムジンバスで出発
1時間で椹島ロッジに到着
多くの登山者を乗せて、、、
南アルプスの山小屋は、10日が小屋仕舞い、、無人になるそうです。
中高年の登山者が多いと思ってたら、若者や中年の人達が多かった。
彼らが赤石岳、荒川三山、千枚岳など、懐かしい山々を登ってきた話を聞き、彼らの姿を見ると、なんとなく血が騒ぐ、、、
少し、訓練して甲斐駒ガ岳の黒戸尾根に挑戦しようか、、、なんて、、、
Img_2985_1024x683
二軒小屋ロッジの宿泊は10月末まで、、、紅葉は10月20日過ぎからだそうです。
Img_3005_1024x683
畑薙第二ダムの駐車場、、、昨日いっぱいだったのが、こんなに少なくなっている。
山に入ってる人は、ほんのわずか、、、
Img_3026
帰途、こんなにたくさんの見事な原種の秋明菊を咲かせている家があった。
Img_3030_1024x683
井川の冨士見峠より、、、南アルプス
左が上河内岳と、重なった聖岳、、中央が赤石岳、、右が荒川東岳
そして、小無間山への左下の斜面を登っていくと、、
Img_3040_1024x331_2
眼前に、左が大無間、中央が小無間、手前の峰との間のぼこぼこの鋸歯
二つ見えるぼこぼこは、実は4つ、谷底に落ちるように下ったら、今度は壁のようなきつい斜面をよじ登る、、これを4っつ繰り返すと脚がガクガク、、、行きと帰りの往復二回繰り返すという超過酷な登山、、そして、もし足を傷めて動けなくなったら、誰も助けに来てくれない。
南アルプス深南部の代表的な山、大無間、小無間山は恐ろしい山なのである。
いつだったか、、10数年前に登ったが、何とか無事下山出来た時は、ほんとにほっとしたものです。
Img_3039_1024x683
久しぶり、、いろんな南アルプス登山の懐かしい思い出を後に、自宅に無事帰り着きました。
人気ブログランキング ← 一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。今日も拙いブログに来てくださり、ありがとうございます。

2017年10月10日 (火)

紅葉には、少し早いが、、、

蜂蜜のご購入は、ナベショーのはちみつ屋ホームページ へどうぞ!

春の蜂蜜、蜜柑の蜂蜜は完売しました。

只今、モチノキとアカメカシワの初夏の蜂蜜を販売中

贈答用4種類の蜂蜜ギフトセットも予約受付中です。

僕自身が、ささやかに採った蜂蜜も贈答用セットの中に入っています。

どうぞお見逃しにならないように!

Img_2823_1024x683

10月9日 祭日の月曜日、、、朝7時半、妻と車で出発

藤枝バイパス、さらに安倍街道を梅ヶ島へ向かい、さらに途中から井川方面へ、、、

井川から田代を経て走る事約3時間、、、

南アルプスの玄関口、、畑薙第二ダムの臨時駐車場に到着、

駐車してる車のナンバーのほとんどは関東、関西、愛知他、全国から、、、

Img_2828_1024x683
11時過ぎ、、、南アルプスの登山口、椹島ロッジからの東海フォーレストのリムジンバスが4台、、南アルプスの帰りの登山者を乗せて到着、、
Img_2833_1024x683
代わりに、一台だけ、僕達だけの客を乗せて11時半に出発
畑薙第二ダムより、、南アルプスの懐かしい山々
左から 仁田岳 中央は2604mの茶臼岳、、右端は上河内岳
僕が初めて登山を始めた時に登ったのが茶臼岳、、
妻を初めて南アルプスへ連れて行ったのも茶臼岳
2400m付近の山小屋まで、最初から最後まで急登が続くので、他の3000m級の山々よりしんどい。
Img_2838_1024x336
おまけに、150mの大吊橋を渡れることが条件
風が強い日は、左右に大きく揺れるので、橋の途中でしゃがみ込んで動けない。
Img_2841_1024x401_2
今はアルミ製の40センチ幅の床らしいが、かっては幅20センチくらいの木の板のみ、、
下を見ると、足がすくんで動けない。
今まで、幾度登ったことだろう、、、6~7回は登ってる。
Img_2844_1024x683
畑薙ダムから椹島ロッジまでのバス
道路は未舗装、穴ぼこだらけ、、、大揺れ、、、
子供の頃の田舎のバス道を思いだす。
でも、南アルプスを貫通するリニア―新幹線工事が始まるとダンプカーがたくさん行き交うので、間もなく舗装するらしい。
Img_2863_1024x683
途中、赤石岳の全景が見えるスポット
Img_2884_1024x683
約一時間で椹島ロッジに到着、、、
登山者の多くは椹島ロッジに1泊して、翌朝、赤石岳、荒川岳、聖岳、千枚岳へアプローチ
さて、僕たちは椹島ロッジから、さらに一時間かかってリムジンバスで30kmの奥地へ
大井川の源流である美しい渓流に沿って、、
Img_2887_1024x683
午後1時半 遂に到着しました、、、、有名な二軒小屋ロッジ
ロッジの従業員の方達がお出迎え、、
Img_2895_1024x683
南アルプス登山者の誰もが、椹島ロッジからさらに足を伸ばして、一度は泊まってみたいところ、、
僕も、幾度となく南アルプス登山のために椹島ロッジを利用していながら、
その奥、30kmの二軒小屋ロッジまでは行ったことが無かった。
Img_2898_1024x683
白樺の木々に囲まれた静かなところ、、
Img_2899
ロッジの中は、、、山小屋と言うよりはホテルである、、、
一階がトイレや浴場、、
浴場の浴槽は、豪華で大きな総檜作り
トイレは、最高級の新式ウオッシュレット
二階はホールと食堂、、
Img_2903_1024x683
ホールを見下ろす3階に寝室が並んでいる、、
Img_2900_1024x683
ホールから3階と天井までは吹き抜け
Img_2901
お風呂と夕食の時間まで、ロッジの周辺を散策、、、
側の田代湖、、、コバルトブルーの湖面が美しい!
Img_2908_1024x683
あちらこちらに山葡萄、、、口に含むと甘酸っぱい
Img_2909_1024x683
サルナシ(猿梨)の実もたわわに、、、
キュイフルーツに似た味、、甘くて美味しい
Img_2917_683x1024
野にはフジアザミの大きな花
Img_2914_683x1024
山の中の散策路、、、あまり遠くへ行って、遅くなると暗くなるので、ほどほどのところで引き返す。
後2週間ほどで紅葉がはじまる。
Img_2924
さあ、美味しい夕食が待っている、、、
続きは明日に、、、
人気ブログランキング ← 一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。今日も拙いブログに来てくださり、ありがとうございます。

2017年10月 9日 (月)

今晩はモンタ!

蜂蜜のご購入は、ナベショーのはちみつ屋ホームページ へどうぞ!

春の蜂蜜、蜜柑の蜂蜜は完売しました。

只今、モチノキとアカメカシワの初夏の蜂蜜を販売中

贈答用4種類の蜂蜜ギフトセットも予約受付中です。

僕自身が、ささやかに採った蜂蜜も贈答用セットの中に入っています。

どうぞお見逃しにならないように!

Img_0429

今日はモンタが登場
ナベショーは一泊二日の旅に出ました。
お天気予報は良いそうです。
人気ブログランキング ← 一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。今日も拙いブログに来てくださり、ありがとうございます。

2017年10月 8日 (日)

落花生の試し堀り

蜂蜜のご購入は、ナベショーのはちみつ屋ホームページ へどうぞ!

春の蜂蜜、蜜柑の蜂蜜は完売しました。

只今、モチノキとアカメカシワの初夏の蜂蜜を販売中

贈答用4種類の蜂蜜ギフトセットも予約受付中です。

僕自身が、ささやかに採った蜂蜜も贈答用セットの中に入っています。

どうぞお見逃しにならないように!

Img_2583

ミゾソバ(溝蕎麦)
川の側、岸部、など湿り気の多い場所に生える。
花の色は、白から濃ピンクまで、いろんなのが咲く。
Img_2580
今年初めて落花生の苗を畑に植えた。
花が咲いた後、地面に潜り込んで実が成長する、、、、と。
土が硬いので、果たしてうまくいくかどうか、、、?
カラスにかなりほじくり返されたので、少しは食べ残しが残ってるかなと、、、
今日は、半分ほど試し堀り、、
Img_0039
鍬でバサッと掘り起こすと、、、
なんと,実がくっついてるではないか!
Img_0036
畑の半分ほどを掘って、、、
大小、まだ未熟なのも入れて、これだけの収穫
Img_0038
もう少し、残して置けば、今回未熟なのも成熟するかな?
Img_0034
水でよく洗い、、、
Img_2736
こんな大きいのもありました。
Img_2738
30分ほど塩水で茹でて、、、
Img_2739
さあ、試食、、、、
この落花生は、大きな実が生る品種らしい。
Img_2740
殻を割ると、、、、実に美味しい!
未熟なのは、殻ごと食べられる。
食べ残したのは、冷凍しておけば保存可能、、!
畑の残り半分を掘るのが楽しみ!
Img_2741
人気ブログランキング ← 一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。今日も拙いブログに来てくださり、ありがとうございます。

2017年10月 7日 (土)

恐ろしいスズメバチ

蜂蜜のご購入は、ナベショーのはちみつ屋ホームページ へどうぞ!

春の蜂蜜、蜜柑の蜂蜜は完売しました。

只今、モチノキとアカメカシワの初夏の蜂蜜を販売中

贈答用4種類の蜂蜜ギフトセットも予約受付中です。

僕自身が、ささやかに採った蜂蜜も贈答用セットの中に入っています。

どうぞお見逃しにならないように!

Img_2478_1024x654

紫苑の花
シオン、、、この言葉の響きが良いね。
Img_2474_1024x666
10月7日(土)の朝刊の記事、、
電動椅子の87歳の女性、通所サービスを受けた帰りの自宅近くの小道、、スズメバチに襲われて、150カ所を刺されて死亡、、、
付き添いの職員も、救助に駆けつけた消防署の救急隊も大量の蜂のために近づけず、約50分間にわたり刺されたという。
なんとも、痛ましい、気の毒としか言いようがない、、、、
昔,約50年ほど前のことだったか、、、
箕面公園の奥にある勝尾寺の付近で、遠足の幼稚園児の列をスズメバチが襲い、園長先生が園児を守るために、蜂の前面に仁王立ち、、園児は全員無事に避難できたが、園長先生は数百か所を刺されて死亡、、、という事件を覚えている。
8月のお盆過ぎから11月末まで、蜜蜂の巣箱をスズメバチが毎日、毎日襲ってくる。
春に1匹の女王蜂が巣作りを始めて、夏から秋には数千匹の巨大な群れとなる。
たくさんの幼虫、子供蜂を育てるために、スズメバチの働き蜂は毎日狩りに出る。
秋になると餌の昆虫が減ってくるので、蜜蜂を襲うようになる。
毎朝、午後、、時間が許す限り、蜂場へ行き、スズメバチ退治
時として、巣箱の前がスズメバチに殺された蜜蜂の死骸の山となることもしばしば、、、
巣箱にはスズメバチ捕獲器を設置して、巣箱の蓋の上にネズミ捕り用の粘着シートを置いている。、
Img_2756
ちょこちょこと飛んできて、蜜蜂を一匹づつ捕えて逃げていくキイロスズメバチ
これは、そんなに恐ろしくない。
キイロスズメバチの巣は直径数十センチにもなるが、木の枝や人家の軒下に巣を作るので、初期の段階で発見して、市役所に依頼すれば、専門の駆除業者が駆除してくれる。
今日、蜂場にいた十数分の間に飛んできたキイロスズメバチを片っ端から捕虫網で捕らえて足で踏んづけて殺した、、それでも、一日でどれほどの蜜蜂が被害に会ってるのだろうか?
Img_2759
実は、恐ろしいのは、オオスズメバチ
4~5センチはあろうか、、、
オオスズメバチの巣は,人目に付かない土の中、、、
道路の法面や、山の斜面、、、
巣に気が付かずに近づくと、まず蜂は警戒、、、次に威嚇、、、それでも巣の近くから去らない場合は、自衛のために攻撃信号を発して、巣の中の兵隊蜂が人を集団で襲う、、、
だから、巣の近くを最初に通り過ぎた人は大丈夫、、、次に通り過ぎた人も大丈夫、、その次に通り過ぎるか、接近した人が襲われる。
遠足の場合は、最後列の人達が襲われる。
登山道では、数十m毎に人が登っていくと、蜂が攻撃信号を発したところに運悪く遭遇すると、突然襲われることになる。
オオスズメバチに襲われたら、上着を脱いで頭と顔を覆って、背を低くしてひたすら逃げるしかない、、、
捕獲器の中から出られないオオスズメバチ
そのままでは、蜜蜂が攻撃して、返り討ちにあって、捕獲器の中は蜜蜂の死骸でいっぱいになる。
そのため、ガスバーナーでオオスズメバチを焼き殺す。
Img_2749_1024x683_2
巣箱の蓋の上に置いた粘着シート(ネズミペッタン)
粘着シートに、既にくっ付いてるオオスズメバチがいると、側にやってきて自身もくっついて逃げられなくなる。
Img_2768_1024x683
次々と、粘着シートにくっついて、、、、
Img_2754_1024x683
蜂場の見回り中にやってきたオオスズメバチ、、、、鈍い羽音
Img_2776_1024x647
捕虫網ですくって、足で踏んで半殺しにして粘着シートの上に置く、、、、
Img_2780_1024x675
しかし、まさに5~6匹のオオスズメバチが巣を襲ってる最中の場合、、、
もちろん防面布を被り、背を低くして巣箱の後ろから目立たぬように近づいて、一匹づつ捕虫網で静かに捕らえて殺す。
幸いなことに、蜜蜂を襲っているオオスズメバチは、人間には関心が無いらしく攻撃してこない。
オオスズメバチは、今から10匹ほどの新女王蜂を育てて、働き蜂は死に絶える。
新女王蜂は、冬を越して、春になると、一匹で巣作りを開始、子育てする。
夏頃には、巣は大きくなり、数千匹の巨大な群れとなる。
人気ブログランキング ← 一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。今日も拙いブログに来てくださり、ありがとうございます。

«ドンコの煮つけ

バナー

無料ブログはココログ