蜜蜂、、久々の内検

Img_8084-1280x853

近所の生垣に咲いてた花

小さいけど、趣きがある。

Img_8085-1280x832

日中の気温が15℃付近になるとの予報

朝9時、、では、まだ10℃前後、、、

1っ週間ぶりの蜜蜂の内検

16群いるが、さすがにそれぞれの群の差が出始めた。

女王蜂の産卵が順調で、巣枠がほとんど産卵されてるのもあれば、まだ少ししか産卵が進んでないの、、、、

やはり、女王蜂の産卵能力の差、、、

一か月後には、山桜が咲き始める。

それに合わせて、桜の蜂蜜が採れるように群れを仕立て上げなきゃ、、、、

それに梨の受粉にも、貸し出さなくちゃ、、、

Img_8213-1280x960

16群中、もっとも優秀で元気な群れ、、、

9枚の巣枠、、両サイドの貯蜜枠以外の7枚が、蓋した蛹と幼虫、卵でいっぱい!

蜂も大人しい、、、

今年は、この群れから来年の為の新女王の群をたくさん育てよう。

Img_8211-1280x960

今晩の料理は、、、

烏賊のリング揚げ、エリンギ、玉ネギ、豚肉のフライ

揚げ物は、食べすぎると良くないが、月に数度のメニューだったら、楽しめる。

Img_8214-1280x853

カニカマ、百合根、ネギのお澄まし汁

昆布、花カツオのお出汁、醤油、酒、塩で味付け、、

柚子皮を浮かすと最高!

Img_8215

ブログランキング←一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。

2020年2月19日 (水)

早春の里山ウオーキング

Img_8174-1280x853

可愛いムスカリの花

気温は13℃ほど、でも風が無く、晴れてるので暖かい。

朝9時に自宅を出て、ウオーキング

お弁当は途中のコンビニでオニギリ2個と蜜柑数個

高田から新東名道路をくぐって、、、、

Img_8127-1280x960

峠を越えて、、、

Img_8132-1280x960

葉梨の西方へ、、、さらに次の峠に向かって、、、、

Img_8139-1280x960

ジグザクの峠道を延々と登り、、、

Img_8147-1280x960

新緑の初夏だと美しいのだが、、、

Img_8149-1280x960

峠道を下って行き、途中で昼食、、、さらに下り、遂に瀬戸谷の中里へ、、、

Img_8157-1280x960

瀬戸川に添って、藤枝市内へ向かって、県道を、、、

Img_8161-1280x960

出来るだけ川の土手沿いの道を歩き、、

Img_8167-1280x960

藤枝の酒造会社「志太泉」の側を通り、、、

Img_8170-1280x960

どんどん下って、途中で左に折れて、自宅方面への道、、峠を越える、、、

干し芋の無人販売、、、残念ながら売り切れ、、

Img_8178-1280x960

新東名サービスエリアの側を通って、、、

Img_8183-1280x960

間もなく自宅へ、、、15時過ぎ、、、

かなり足が疲れました。

歩数は36414、、、、距離はどれくらいだろう。 

25kmくらいかな?

Img_8188-1280x960

夕食は、、、

冷凍してあった真鯖の酢で〆たの、、、、鯖寿司を作りました。

Img_8186-1280x907

歩いてる途中の山道沿に出てた蕗の薹  たくさん採れたので、

竹輪とアスパラガスと一緒に天麩羅にしました。

ナベショーは手ぶらで帰ることは無い。

Img_8187-1280x960

ブログランキング←一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。

2020年2月18日 (火)

クリスマスローズが咲き始めた!

Img_8119-1280x853

昨年も、今年も暖冬

クリスマスローズが咲き始めた。

花が下を向いてるので、写真を撮るのは大変!

地面に腹ばいになって、横向きになって、花を見上げて、カメラを支えて、ピントを合わせ、、、

撮り終ると、、、思わず ふ~~

Img_8120-1280x853

昨日、焼津の魚、福一流通センターへ、、、

大きな生のニシン、、、1匹350円

3匹 大人買い

Img_8071-1280x853

塩焼きにして、、、、

少し癖があるが、美味しい魚

学生時代の自炊生活、、安かったので、しばしば買って、塩焼で食べた。

大昔、、、ニシンの生を買って来て、塩焼して、食卓に、、、、

妻が妊娠してた時だった、、、、ほとんど食べられなかった、、、

いまも、ニシンの塩焼を食べる度に、それを言われる。

生のニシンは、三枚におろして塩、酢で〆ても美味しい。

Img_8126-1280x853

ブログランキング←一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。

2020年2月17日 (月)

親子丼

Img_8093-1280x853

スノーフレーク

スズランのような白い花、、、春の花ですが、暖冬により、もう咲いてる。

親子丼、、、、この料理ほど関西と関東で異なる料理はない。

僕は関西出身、、、京都や大阪の食堂で、親子丼を注文すると、たぶん写真のような親子丼が出てくる。

(今は、どうだろうか?)

鶏腿肉に火が通ったら、たっぷりの青ネギを入れて(三つ葉や芹でも美味しいよ)、溶き卵を注いで、固まるか、固まらない程度で火を止める。

味付けは、醤油、酒、少々の味醂、塩、、

お出汁は花カツオ、昆布、、

Img_8075-1280x853

今回は、贅沢にも百合根と柚子皮も使う

Img_8074

ご飯を盛った丼茶碗に入れて、御汁もたっぷり、、、

青海苔を刻んで、少しトッピング

Img_8080-1280x853

でも、妻を含めて東海、関東の人が作る親子丼は、、、、

たっぷりの玉ネギを刻んで、鶏肉と一緒に、醤油と砂糖、たっぷり、で煮る。

火が通ったら、溶き卵を注いで出来上がり。

だから、色は褐色、牛丼のような感じだね。

どちらが好き、、、もちろん関西風!

ブログランキング←一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。

2020年2月15日 (土)

豪華なおでん

Img_8037-1280x853

タンポポ、、、漢字で書くと「蒲公英」

Img_8036-1280x853

暖かい冬とは言え、まだ2月中、、、

でも、タンポポはたくさん咲いている。

Img_8033-1280x853

冬はおでん、大根が美味しい冬の季節は、特におでん、、、

でも、そこそこの材料を揃えると、それなりの贅沢な御馳走、、、

牛筋肉、竹輪、はんぺん、大根、ジャガイモ、コンニャク、卵、厚揚げ、

お出汁は高級羅臼昆布をたっぷりと花カツオ、、、

醤油、お酒、味醂、塩、、、、

最初は、材料がひたひたになるように、お汁たっぷり、、、少々濃い目に、、、

大根にほぼ軟らかくなり、竹串が通り程度になったらジャガイモを入れる。

ジャガイモは火が通りやすいので、最初から入れて煮込むと、大根が煮えた頃には崩れてしまうからである。

濃い目だった味付けも、大根、コンニャク、他の材料から水分が出てくるので、煮あがった頃には、丁度の美味しさになる。

Img_8051-960x640

一種類ずつ、、、お皿に取り、御汁たくさん、、練りからし、、、

蛸の足も入れたかったが、、、、

でも、最高に美味しい豪華で贅沢なおでんです。

Img_8058-1280x853

昨日、採って来た芹、、

茹でシラスたっぷり、豆腐、溶き卵、芹、、昆布出汁

醤油、酒、塩、、、で味付け

Img_8061-1280x853

ブログランキング←一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。

2020年2月14日 (金)

今日も河津桜、、

Img_7984-1280x853

妻と長女と3人で、自宅から3kmくらいの朝日山城側の展望台へ、、、

ここには河津桜がたくさん植わってて、焼津方面が一望できる展望公園に、、、

Img_7993-1280x853

毎年、この時期、お昼弁当を持って妻と訪れる。

Img_8015-1280x853

側の竹林を背景に、、、とても趣きがある。

Img_8019-1280x853

ちょうど満開、一部緑の葉が出て、美しいコントラスト、、、

Img_8005-1280x853

遠くから眺めて、きっと見頃と思い、すこし天候が自信なかったが、やって来て良かった。

Img_8003-1280x853

テーブルで食事をしてる間に数組の年配者が桜を見に、、、、

Img_8000-1280x853

河津桜はアップで撮っても美しい。

Img_8011-1280x868

帰る途中の山の中の農道、、、、

道路脇の川、、、芹がいっぱい

ちょうど、春の新芽が伸び始めてる、、、、

5月初くらいまでは、柔らかくて食べられる。

Img_8028-1280x853

決して手ぶらでは帰らない、、、

Img_8052-1280x853

茹でて、擦り胡麻とお砂糖を加えて、お醤油で、、、

早春の香り 芹の胡麻和え

Img_8053-1280x853

ブログランキング←一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。

2020年2月13日 (木)

河津桜、、華やかなピンク色

Img_7957-1280x853

河津桜、、、今年は暖冬の為、開花が例年より早いという、、、

自宅近くにも、あちらこちらに河津桜の苗木が植えられて、咲いている。

Img_7958-1280x853

まだ、花の少ない2月、、、、河津桜の華やかなピンクの彩、、

青空にピンクが映える。

Img_7962-1280x853

薄塩のサーモンの切り身、、さっと焼いて、、、炊込みご飯

油揚げ、たっぷりの牛蒡、キノコ、百合根に焼いたサーモン

お出汁は、醤油、塩、酒、花カツオ、昆布

Img_7969-1280x853

炊けてから、サーモンをほぐして、骨を取り除き、、

ご飯の上にトッピング、、海苔も刻んで、、、

Img_7972-1280x853

お吸物も、、、、

お出汁は醤油、塩、花カツオ、昆布

茹でシラス、豆腐、百合根、ブロッコリー、に溶き卵

Img_7975

これらの料理の目立たぬわき役は、、、百合根

上品な甘み、、、

プロの料理人も、目立たぬように百合根を隠し味に使うという。

Img_7976-1280x853

昨夜来から朝の9時頃まで雨が降ってたが、、、雨が止んだ後は晴れてきて、日中の気温は20℃を越えてたよ.

ブログランキング←一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。

2020年2月12日 (水)

蜜蜂は概ね順調

Img_7963-1280x853

藪椿の花

もっともシンプルな椿、、、椿の木の下に、落ちた椿の花の絨毯、、

最近は、このような美しい景色に遭遇することも少なくなった。

今朝は3℃、、快晴、、、、

9時半頃、やっと気温が10℃に上昇、、、お昼頃には15℃になるかも、、、

大急ぎで、蜜蜂の内検に出発

Img_7936-1280x960

飛んでる、飛んでる、、、2月に入って寒い日が続いてたので、、、

今日は、暖かくて風も無いので、蜜蜂も喜んでるだろう。

Img_7929

巣箱の蓋を取ると、、、

Img_7921-1280x960

巣箱の端から順番に巣碑枠を引き上げて、女王蜂の産卵の具合を観察、、

1月25日に、この冬初めて内検した時には、産卵枠は中心部の1~2枚くらいだったが、

今日、ほとんどの巣箱で3~6枚、、、が産卵域がどんどん広がってる

Img_7927-1280x960

立派な女王蜂、、、惚れ惚れするような見事なお腹

Img_7927-1174x709

3月になると、冬越した働き蜂と、新しく誕生した新蜂が交替し、

巣箱の中の働き蜂が急激に増加してくる。

Img_7934-1280x960

中心部だけでなく、周辺部の巣碑枠へも産卵域が広がっている。

心配された寄生ダニも、一部の巣箱を除き、箱の隅にダニの死骸は、ほとんど見つからない。

極めて順調、、、

3月20日頃までに、

綺麗に掃除、消毒された巣箱への交換

女王蜂の羽根切り

梨園への受粉用の巣箱の準備

等々、、、忙しくなる。

Img_7924-1280x961

杉の花粉、、、

まだ、のようだが、、、

Img_7952-1280x960

恐ろしくなる、、、、2月末くらいからかな?

Img_7955-1280x960

ブログランキング←一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。

2020年2月11日 (火)

ホウレンソウと茹でシラスの卵とじ

Img_7743-1280x853

梅一輪、一輪ほどの暖かさ、、、、だったっけ、、

雨、一雨、一雨ごとの暖かさ、、、かな、、

2月に入って、寒い日が続きました。

今朝も1℃、、日中でも10℃になるかならないか、、、

明日から、お天気が崩れるとの予報、、、気温は高いが、雨が多いと、、、

今日、12~15℃まで気温が上がったら、蜜蜂の内検をしたかったが、、、ダメだった。

1月25日に今年初の内検をして、砂糖水を供給し,寄生ダニ退治の薬、アピバールを投与、、、

その後、急に寒くなったので、どうなってるのだろうか?

明日は暖かくなるそうなので、雨が降るまでに内検をしたいもの、、、

死んだダニがどれくらい巣箱の底に落ちてるかも確認したい。

Img_7744-1280x853

畑のホウレンソウが、冬の寒さに当たって甘みがぐ~んと増す。

小鍋に、茹でシラスをたっぷり、、、醤油とお酒、味醂、お塩少々、花カツオと昆布出汁、、、

十分煮立ったら、刻んだほうれん草をたっぷり入れて、溶き卵を注いで、、、

卵が固まるか、どうかのタイミングで火を止める。

ホウレンソウの代わりに三つ葉や芹でも美味しい。

僕の大好きなお澄まし汁

Img_7917

ブログランキング←一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。

2020年2月10日 (月)

美味しいサクサク食感のお好み焼き

Img_7884-853x1280

寒木瓜(カンボケ)

花が終わった後、黄色い瓜のような実が生るので木瓜

林檎のような甘酸っぱい実、、、

この冬は暖かかったので、キャベツが大きく育って、、、そのうち破裂してしまうのではと心配になる。

せっせと食べなくちゃ、、、

毎朝、フライパンで炒めて、卵を落として、、パン食に、、、

お昼は、やはりベーコンと一緒に炒めて、ラーメンの具に、、、

夕食にはお好み焼き(大阪風)

サクサクとした食感の美味しいお好み焼き、、、、意外と難しい。

かって、山芋を下したのを入れる、、とか、出汁つゆを入れるとか、、、いろいろ言われているが、、

往々にして,サクサクの食感は無く、ねっとり、モチモチの団子風、、、、美味しくない。

試行錯誤の結果、絶対に失敗しないサクサク感のお好み焼きを公開しましょう!

キャベツを刻んで、、、小麦粉を加えて、、、

生卵を落として、、、キャベツが多い時は、生卵は1個半、、、

決して、水や山芋など、水や水分の多いものを加えないように、、、、、、、

そしてよくかき混ぜる、、、

卵とキャベツと小麦粉が一体になるように、、、

フライパンに油を敷いて、キャベツ/小麦粉/生卵を混ぜたのを乗せて、、、

形を整えて、スライスした豚肉を並べて、、、

Img_7909-1280x853

ガスの火は中~弱、、、

裏面が小麦色に焼けたら、フライパン返しを下に入れて、

Img_7910-1280x853

左手でフライパンを上に上げて、同時にフライパン返しをさらに上に上げて、空中で逆さまにして、

フライパンで受ける、、、これはプロの技なんだが、、、

豚肉を並べた面が十分に焼けるまでの辛抱、、、、弱火で加熱、

もう良いかな?

Img_7911-1280x853

フライパン返しを底に入れて、再度裏返しに、、、

OK OK!

Img_7913-1280x853

お皿に移して、花カツオ、刻みネギ、紅生姜、、、

お好みによって青海苔や天かつなど

Img_7915-1280x853

ソースはお多福のお好みソース

Img_7918-1280x853

今日は、烏賊が無かったが、生シイタケを薄く切って入れ、また茹でシラスも混ぜてみた。

干し桜海老が入れば最高だが、なかなか美味しい。

この美味しいサクサクの食感、、、お客さんを招いて、このお好み焼きをご馳走したら、きっと美味しいと喜ばれること間違いなし。

そのコツは水を絶対に加えないこと、生卵だけで小麦粉とキャベツを混ぜること!

ぜひ、トライしてみてください!

ブログランキング←一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。

«真鯖の棒寿司

バナー

無料ブログはココログ