« 金平糖のような姫蔓蕎麦 | トップページ | 春菊のつみれ鍋 »

2015年11月 6日 (金)

いろいろなゼラニュウム

ナベショーのお茶は、マルミヤ製茶で販売中

Img_5499_1024x683

ゼラニュウム

僕の庭にも咲いてるが、あちこちの家々の庭、門前にも、いろんなのが咲いている。

Img_5502_1024x683
昔は、庭で花の手入れをされてる家の人に、、、、
「美しいゼラニュウムですね、、、、珍しい品種ですか、、とっても素敵な彩りですね、、、僕はゼラニュウムを集めるのが趣味なんです、、、」とか話しかける、、、
一枝頂戴したものである。
Img_5515_1024x683
プランターに入れた鹿沼土、、、
たくさんのゼラニュウムの枝、、15センチくらいの長さに切って、挿して置くと、、、
根が出て、どんどん増やすことが出来る。
Img_5516_1024x683
だんだん秋も深まり、、、
庭のあちこち、、、蜘蛛の巣だらけ、、、
Img_5363_1024x683
必ず、大きな雌蜘蛛と、小さな雄蜘蛛
小さな虫たちは、寒い冬が来る前に、、、
たくさんの卵を産んで死んでしまうのだろう、、、
Img_5364_1024x683
蜂場の近くに建った素敵な新しい家、、、
若いご夫婦の姿がチラホラ、、、
先日、息子がオオスズメバチを退治するために、蜂場にいたら、、、
ご主人がわざわざ来られて、、、
家の屋根や、庭をアシナガバチが飛び交う、、、
妻は蜂が怖くて、外に出られない、、、
生後2か月の赤ちゃんがいるのに、、、と、、、
息子から報告を受けて、、、さっそく偵察に
蜂の巣は見えないが、下から見ると、雨樋と屋根のひさしの間の隙間から、、複数の蜂が出入りしてる、
蜂が巣に戻ってる夕方5時過ぎになってから、長い脚立を軽トラに積んで、いざ出陣、、、
たぶん、この中に巣があるのだろう、、、
脚立を梯子にして、立てかけたが、、ぎりぎり届かない。
防面布を被って、梯子を登り、、手を伸ばして、雨樋と屋根のひさしの間にキンチョールをシュ~、シュ~、シュ~と吹きかけて、、終了!
お礼に、葡萄をいただいた、、、
Img_5377
数日後、、家の前にご夫婦を見かけた、、、、
以後、蜂の姿は全く見かけません、、、安心して庭に出られます、、ありがとうございました、、と。
よかった、よかった!
ミツバチ君、、紙飛行機で遊んでるのかな、、、
haruさん、、漫画家のプロデビュー目指して、頑張ってるよ。
B257c

人気ブログランキングへ  

「花、ガーデニング」の下位カテゴリー「菜園」の登録になっています。

クリック、、どうぞよろしく!

明日もお会いしましょう。

« 金平糖のような姫蔓蕎麦 | トップページ | 春菊のつみれ鍋 »

コメント

我が家も庭や果樹園を歩いていると、顔や頭に蜘蛛の巣がペチャッと、くっついてしまいます。

蜂の巣、うまく退治できてよかったですね。

花のない時期でも何となく潤わせてくれるゼラニューム
色違いが揃うと更に素敵かも♡

蜘蛛はゾクッとする生き物です
蜂は刺される印象が強く、退治はなかなか勇気が必要ですもんね
ナベショーハチバスター出陣で落着、安心なさったことでしょ〜

ゼラニュウム、地植えでは、越冬出来ませんでしたが、最近は、何とか生き延びるようです。温暖化の影響でしょうか?

蜂退治、くれぐれも用心なさってください。

野の花2517さま
この時期の庭、、蜘蛛の巣いっぱい、、大変ですね。
蜂の巣、、退治出来るのはアシナガバチまで、、、スズメバチだと怖くて、、、

イクラの母さんさま
ゼラニューム、、いろんな色の花を集めると楽しいです。
蜂退治、、スズメバチは巣が大きいので怖いです。
せいぜい、アシナガバチまで、、
今回はうまく退治出来て、蜂飼いの面目が立ちました。

もちこさま
軒下の地植えですが、冬に半分くらいが枯れてしまいます。
凍るとダメですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602158/62627345

この記事へのトラックバック一覧です: いろいろなゼラニュウム:

« 金平糖のような姫蔓蕎麦 | トップページ | 春菊のつみれ鍋 »

バナー

無料ブログはココログ