« 人生最後のご馳走 | トップページ | 里山のモミジの古木 »

2015年12月 4日 (金)

オージービーフの赤身肉

ナベショーのお茶は、マルミヤ製茶で販売中

Img_6204_1024x683

ナデシコの花

冬になり、寒くなって、、、、ああ、まだ咲いてる花があった。

急に寒くなって、朝の気温は10℃を下回る。

でも、昼間は日も当たり、蜜蜂は外を飛び回る。

巣門の前では、身体の大きな雄蜂の姿が、、、、

働き蜂が、雄蜂の羽根などをくわえて引っ張りだしたり、押し出したりしてる。

12319344_1657038494584351_1124654_2

雄蜂は嫌がって、再び巣箱の中に入ろうとするが、執拗に追い出される。

多くの雄蜂達の中で、新女王と交尾出来る幸せな雄蜂は、ほんの数匹、

しかも、交尾と同時に死んでしまう。

交尾できなかった大多数の雄蜂は、巣箱の中で、働き蜂達によって食べさせてもらうだけの居候、、、、なんら仕事もせずの役立たず

やがて冬の訪れと共に、雄蜂は働き蜂によって巣門から外に追い出され、、、

寒い冬空の下で死んでしまう。

12336175_1657038511251016_2086141_4

最近は、赤身の牛肉がブームらしい。

しばしば、オージービーフの腿赤身肉のブロックを買って、ローストビーフ風にして、

硬いので、刺身包丁で1mm位の厚さに切って、薬味たっぷりでタタキ風で食べる。

今日は、スーパーで400gのオージービーフの塊が売ってたので衝動買い!

400g 1200円なので、牛肉としては安い。

冷蔵庫から出して約2時間

塩胡椒を振って、よく擦り込み、、、

フライパンで中火で、ブロックの4面を3~4分間づつ、、、

Img_6379_1024x683

冷めてから、刺身包丁で、薄くスライスして、、、

薬味は、ネギ、ニンニク、生姜、、、醤油でいただく。

Img_6385_1024x683

サニーレタスの葉に包んで、醤油を1滴、、薬味と一緒にいただくも良し!

Img_6387_1024x683

少し硬さはあるが、、、、慣れてしまえば、これで十分

ミツバチ君、、、働き蜂に生まれてよかったね!

B282c

人気ブログランキングへ  

「花、ガーデニング」の下位カテゴリー「菜園」の登録になっています。

クリック、、どうぞよろしく!

明日もお会いしましょう。

« 人生最後のご馳走 | トップページ | 里山のモミジの古木 »

コメント

この、食べ方は、私も大好きです。畑のレタスを採ってきて。赤み肉を買って、焼いて、刺身包丁で薄く切って食べようかな。ニンニクも、明日は休みだし、気にならないかな。

カワラナデシコ、我が家の庭でも、1輪、また1輪と咲いています。
寒さのためか、、色が少し濃くなっています。

養蜂の蜜蜂達のストーリーはもの悲しく凄まじいですね
自然の厳しさをギュぎゅっと感じます

健康志向が高まり赤身の肉が人気なのでしょうか?
タタキで頂く牛肉が一番ナチュラルでシンプル、
ピュアーな牛肉が味わえる様で美味しく楽しめますね〜♡

bun bunさま
オージービーフもアメリカビーフも、赤身腿肉は、普通にステーキで食べようとしても、硬くて、硬くて噛み切れない。
刺身包丁で、薄く、薄く切るのが不可欠、、、タタキ風にすれば美味しいですよね。

野の花2517さま
カワラナデシコ、、、挿し芽にすると、どんどん容易に増やせます。
冬でも、まだ咲いてますね。

イクラの母さんさま
雄蜂は可哀想、、、でも、自然の厳しい掟なんですね。
養蜂では、病気などで助からない巣箱は焼却します。、、、これも可哀想、、
本来、安かった赤肉,、ブ~ムで価格が高くなったら困るなあ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602158/62807466

この記事へのトラックバック一覧です: オージービーフの赤身肉:

« 人生最後のご馳走 | トップページ | 里山のモミジの古木 »

バナー

無料ブログはココログ