« 暖かい もう梅の花 | トップページ | 冬のユキヤナギ »

2016年1月 6日 (水)

塩鮭で潮汁

ナベショーのお茶は、マルミヤ製茶で販売中

Img_7577_1024x683

蠟梅

特別に寒い年、、僕の記憶では1月中旬になって咲き始めた。

普通の年だと、お正月に丁度4~5分咲き

Img_7580_1024x683
でも、今年は、、、、
昨年の12月中旬から咲き始めて、、、
お正月には満開、、、
こんなに暖かいと、2月初から咲き始める梅の開花も早くなり、、、
となると、蜜蜂の活動も早まることになる。
例年、1月下旬に春の目覚めの砂糖水を与えるが、今年は少し早めの目覚めとなるかな、、、、
Img_7582
お正月の花、、、
我が家は、蠟梅の枝を惜しげなく切って、玄関のお正月の花として、、
侘助椿、蔓梅擬き、寒木瓜などと一緒に生ける。
Img_7377_1024x683
蠟梅の素晴らしい香りが玄関に漂う、、、
Img_7583_1024x683
蠟梅は、どんどん枝を伸ばして、枝を切っても切っても、新たな枝を伸ばして、冬の花が無い時期に花を咲かせる。
Img_7588_1024x683
蠟梅の葉の蝉の抜け殻、、、
Img_7592_1024x683
昨日、藤枝市民病院の眼科へ
昨年春に発病した黄斑浮腫の治療
眼球の黄斑部の腫れの原因、静脈の毛細血管の増殖を抑える為の薬を眼球に注射
毎月1回診察、、、少し腫れてくると注射して、正常に戻る、、、
そして再び腫れてくると、注射、、
昨年5月、10月 1月、、、これで3回の注射で抑えている
もうぼつぼつ、収まってくれると良いのだが、、、
手術室で眼球に注射、、、、怖い、、と思うでしょう、、、、
でも、強い光で視界は真白、眩しくて何も見えないうちに、極細の針での注射 痛みも感ぜず、数十秒で終わってしまう。
Img_7648_1024x683
年末に福一さんで買った4.5kgの塩鮭一匹、、、
切り身やアラの部分を使って潮汁、、、
鮭、牛蒡、人参、里芋、ジャガイモ、コンニャク、厚揚げ、大根、椎茸
塩鮭の塩によって、調味料は要らない、、出汁は昆布
まさに潮汁 柚子皮を香りに、、、
Img_7654_1024x683
でっかい尾っぽも美味しいです。
それほど塩味が強く無い時は、味噌と酒の粕を合わせると,これもまた美味しい!
Img_7655_1024x683
ミツバチ君、、なにかニュース?
B311

人気ブログランキングへ  

「菜園」、「花、ガーデニング」部門に登録しています。

一日、一回の応援クリック、、どうぞよろしくお願いします。

明日もお会いしましょう。

« 暖かい もう梅の花 | トップページ | 冬のユキヤナギ »

コメント

モンタちゃんにご挨拶して、こちらへ伺っていますが、今日は写真が変わっていましたので、しばらくモンタちゃんとあそんで、こちらに伺いました。
我が家のロウバイもだいぶん咲いています。
花のない時期ですから、ありがたいのですが、やはり、例年通りに咲いてくれる方が、何か安心感があります。

今日、散歩中に田んぼでレンゲが咲いているのを見つけました。一輪とかではなく、しっかり・・・。こちらは名古屋です。そんなに暖かい土地ではありません。余りに早くて心配です。レンゲの蜂蜜はとれるのでしょうか・・・

正月明けの未だ1月初め、蠟梅や和水仙が香り始め、春を告げている様です
異常気象で海や山でも大きな変化があり、少々不安も無くはない年明けに感じます

黄斑浮腫、注射で収まると良いですね
私も10年前からドライアイで目薬が欠かせませんが、目だけでなく
年齢と共に色々な部分の低下を感じる様になりましたが、
幸いな事に医学の発展の真っただ中で暮す事が出来、感謝です。

野の花2517さま
モンタ、、時々退屈なので写真が変わります、、また次の時二もどうぞ!
梅も、蠟梅も、、あまり早く咲くと、この先の天候が不安ですね。
たぶん、この春は遅霜ですよ。

NONさま
もうレンゲの花が、、、早いです。
明日は、探しに行って見よう。
こちらは山が多いので、レンゲの種をまく水田が少ないです。
それで,レンゲの代わりに桜の蜂蜜を採ります。
でも、広い水田地帯の焼津のほうでは、レンゲの種を蒔いて、蓮華蜜を採っています。

イクラの母さんさま
あまり暖かい冬だと、反動の夏の気候が心配です。
暑い、寒いのメリハリのある気候であってほしいものです。
身体の異変として顕在化してなくても、老化と共に色んな変調が徐々に進行してるのでしょうね。
この先、、脳梗塞と糖尿病だけはなりたくない、、、と思いますが、これだけはわからない。
黄斑浮腫も、この程度で済めばいいのですが、、、

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602158/63016422

この記事へのトラックバック一覧です: 塩鮭で潮汁:

« 暖かい もう梅の花 | トップページ | 冬のユキヤナギ »

バナー

無料ブログはココログ