« 美しき薄紫の薔薇 | トップページ | シークアーサーの果汁 »

2016年1月12日 (火)

百合根と銀杏の炊込みご飯

モチノキの蜂蜜は完売しました

ナベショーのお茶は、マルミヤ製茶で販売中

Img_7781_1024x683

さあ、この花は何だろう?

Img_7785_1024x683
花の形は、変わっててユーモラスなイメージ
赤と白のツートンカラー
こんなにたくさんの花!
Img_7780_1024x683
これが全体像!
なかなか迫力もあります。
近くの農家の庭先に咲いてたのを撮らせていただきました。
花期も長そうで、庭の隅にあれば様になる。
Img_7784_1024x683

銀杏とユリ根
茶碗蒸しに欠かせない食材だが、、、、
Img_7808_1024x683
炊き込みご飯に入れると、美味しいです。
百合根は上品な甘み
煮物やお吸い物などの隠し味に板前さんが使うと聞いたことがあります。
これは、鶏肉、薩摩芋、里芋、油揚げ、百合根、銀杏の炊込みご飯
Img_7804_1024x683_1024x683
ミツバチ君、、お汁粉を食べ過ぎると太るよ!
B317
今日も見てくださりありがとうございました。
「菜園」、「花、ガーデニング」部門に登録しています。
人気ブログランキング ← クリックして戴けるとランキングが上がり、また、他の方のブログも見ることが出来ます。
一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。
明日もお会いしましょう。

« 美しき薄紫の薔薇 | トップページ | シークアーサーの果汁 »

コメント

ベルのような花は、カランコエの一種かな?と思います。
寒さに弱いので、庭先で冬越しは難しいはず。暖かい地域なので大丈夫なのでしょうか。
思い違いかもしれません。

美味しそうな炊き込みご飯ですね。

もちこさま
そうそうカランコエ、、この名前が出てこなかった。
ネットでカランコエの種類の写真を見ると、まさしく載っていました。
ありがとうございました。
今朝は霜で真っ白、、大丈夫だったかな?

カラコンエミラベル、って言うのですね〜
葉っぱが多肉植物の様でもあり、ヒューケラの様な感じもしましたし
不思議で楽しそうな可愛い花ですね〜

一昨日、こちらのブログで銀杏のテーマで盛り上がった翌日
夫がビニール袋一杯(800g位)の銀杏を頂いたと持ち帰りました(笑)
夫婦で殻を割、オーブンで5、6分焼いてから、殻を取り出し冷凍してみました♪♪♪
百合の根を入れた炊き込み御飯もご馳走、美味しそうですね♡

カランコエの一種ですか、群生すると迫力ありますね。

ユリネ、レンジでチンして、お醤油にマヨネーズを混ぜたものをつけて食べるとおいしいよと、教えてもらいました。
炊き込みご飯もおいしそう!!!

イクラの母さんさま
葉っぱカランコエの一種ではないか、、と思ったけど、カランコエという名前が思い出せない、、、だからネット検索も出来ない、、お手上げ、、、年ですね~
800gの銀杏、、大収穫、、ご主人さまは得意満面でしたでしょう!
実を冷凍、、今年の秋まで銀杏料理を楽しめますね。

野の花2517さま
カランコエ、、、なかなかの迫力でした。
大きな鉢に植えて、家の中で育てるのもいいかも、、、
ユリネ、レンジでチンして、お醤油にマヨネーズを混ぜたものをつけて食べるとおいしい、、、→ それは良いことを教えてくれました。
でも、なんだかもったいないような、、、

ベランダで育てている カランコエ うずら もこの花です
検索してもあまり花まで出ているものがありませんけれども
花も葉もそっくりです。けれど、今、葉は寒さが増してよりピンクに変化しています

キュンさま
多肉植物、、可愛いですね。
カランコエ うずら、、とてもかわいくて素敵な名前です。
いろいろ集めるとたのしそうですね。

お庭の片隅にと書かれていらっしゃいましたので、手に入れられる際(差し上げたい位増えます)、育てられる際のご参考になればとお節介書きを、、、

カランコエ 「ウズラ」は「マルニエラナ」とも言うそうです
胡蝶の舞と言うのもナベショーさんのお写真の花(蕾のような萼の様な先にオレンジのランプを提げたような花)の様です
両方を育てた方のブログを拝見すると「そっくりだが花の下がり方の秩序が異なる」そうです

家にある「ウズラ」は若い時は可愛らしい淡い緑とピンクで成長するに連れてうずらの卵の様な班模様が入ってきます
今は紅葉のピンクを過ぎて小豆色に変化しています
花が咲き揃ったら花がついた茎は葉がどんどん落ちてきます
花をそのままにしておくと弱るらしく、カットするように書かれていたのを思い出してカットしています
花のついた茎と長くなり過ぎた茎を花が咲き揃った後、葉の限界具合を見てカットしています
又新しい芽があちこちから出てきます
入手した頃は家の中で大事にしていましたけれども、駄鉢に赤玉土と多肉植物用土を混ぜたろころに入れて放置したところ、旺盛に育つようになりました。
以降、取れた葉や根が出てきた茎を土に置いておくを繰り返すとどんどん殖えます。

キュンさま
カランコエ「うずら」、、園芸店で苗を見つけたら、ぜひ入手して植えてみたいものです。
昔は、いろんな花や果樹を庭に植えましたが、今じゃほったらかし、、、畑、蜜蜂がメインの仕事になって、なかなか庭のメンテナンスや新たな花の苗を植えることが無くなりました。
でも、少しずつ再開しようと思っています。
いろいろ教えてくださりありがとうございます。

訂正です
とんだお節介になってしまいました
ウズラの花を検索していてそのまま受け売りでしたけれど、
今日、マルニエリアナを調べていたら和名は白姫の舞と有りました
ウズラとマルニエリアナは別物でした
ウズラの別名は不明です

訂正してお詫び申し上げます

キュンさま
いろいろ教えていただきありがとうございました。
カランコエの種類であることがわかっただけでも大発見でした。
多肉植物のカランコエ、、種類も多くて、たくさん集めて育てて、増やして、、楽しいでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602158/63054623

この記事へのトラックバック一覧です: 百合根と銀杏の炊込みご飯:

« 美しき薄紫の薔薇 | トップページ | シークアーサーの果汁 »

バナー

無料ブログはココログ