« 純白の冬のバラ | トップページ | 荒れた茶畑の開墾 »

2016年1月18日 (月)

蜜蜂の新聞紙合同、、うまくいったかな?

Img_7992_1024x683_2
軒下の棚に並んだ鉢植えの花の一つ
何の種類、、、何という花だろう?
(キュンさまからのコメント、教えていただきました。 オレガノ ケントビューティーという花です。)
Img_7989_683x1024_2
紫とピンクのパステルカラー
やはり、カランコエの種類かな?
ソフトフィルターがかかってるのではなく、単なるピンボケです。
ピンボケだったけど綺麗なのでアップしました。
Img_7990_683x1024_3
全国的に寒波が襲って大荒れの天気、、
東京も雪
でも、静岡は午後には青空が、、、、
Img_8017_1024x683_2
土曜日の16日に新聞紙合同した蜜蜂の群れ、、、手前の二段箱
Img_8015_1024x683_2
巣門の前、、飛び交う蜜蜂が多いので、合同に成功したかな?
暖かかったので、蓋を開けて、上段を観察
巣碑枠を一枚づつ端に寄せて、一段目と二段目の箱の境に敷いた新聞紙を見る、、
一か所だが、直径1センチくらいが齧られて穴が開き、蜜蜂が穴を出入りしてる。
よしよし、合同に成功したようだ!
Img_8016_1024x683_2
この寒波が和らいで、一月末には目覚ましの砂糖水を与えて春のスタート、、、
梅の花も満開に、、、
今日も見てくださりありがとうございました。
「菜園」、「花、ガーデニング」部門に登録しています。
人気ブログランキング ← クリックして戴けるとランキングが上がり、また、他の方のブログも見ることが出来ます。

一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。

明日もお会いしましょう。

« 純白の冬のバラ | トップページ | 荒れた茶畑の開墾 »

コメント

オレガノ ケントビューティーでしょうか?
花を見てオレガノ!と思い検索してみました。
多肉のミセバヤにも色合いが似ていてそちらも検索してみましたけれども、、花を見るとオレガノのこの種に似ているように見えます

オレガノケントビュ-ティー、そうでした。以前、鉢植え で育てていましたが、いつの間にか枯れてしまいました。
蜜蜂の合同成功よかったですね。
我が家にはマルハナバチの巣らしき物がありましたが、今は何の気配も感じられません。逃げたのかな?
野菜、花は彼等の働きに随分助けられたはず。 残念。

オレガノケントビューティー、初夏の花と思っていましたが
生きているのにパリパリ感が面白い花ですね〜
アレンジメントでも良く使う可愛い花です

蜜蜂の合同、成功でヨカッタですね〜でも未だ未だ安心出来ないのでしょうね
雪は降ったとは言うものの、一月半ば過ぎにミモザが咲き始めていましが良いのか悪いのか・・・
いつもの通り、いつもの様に、同じ事の繰り返しが単純で簡単な様ですが
なかなか難しそうですね

キュンさま
オレガノケントビューティー、、、教えてくださりありがとうございます。
名前がわからないと、図鑑で探しても見つからないし、、、
ほんとに美しくて、垂れ下がってるところなんか絵になる花ですね。

もちこさま
蜜蜂の合同、、いつもはエアーサロンパスを吹き付けて,臭覚を麻痺させて、一瞬のうちに合同させるのですが、、
今回は真冬、、慎重にオーソドックスな新聞紙合同をトライしました。
今度、暖かい日に内検して、見届ける予定、、、
失敗したら二群を失うことに、、、この時期の合同はリスクが大きいです。
マルハナバチの巣、、どんなのだろう?
今じゃ果樹の受粉、イチゴやメロンの受粉、、みんな蜜蜂のお世話になってますね。

イクラの母さんさま
オレガノケントビューティー、、、この花も家に欲しい花の一つ、、苗を見つけたら入手したいものです。
蜜蜂、、春から夏は、蜜蜂も元気で、勢いでやっていけますが、秋から冬はいろんな病気も発生するし、いつも気が許せません。
毎年、毎年、オーソドックスな気候の年は無いですね。
この暖かい冬の年、、今になって寒くなりましたが、、さあ、どんな年になることやら、、、
養蜂も、気候に合わせて、逆らわず、、、、
お茶も霜にやられたり、長雨で味が落ちたり、、、毎年、同じ年が無いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602158/63085353

この記事へのトラックバック一覧です: 蜜蜂の新聞紙合同、、うまくいったかな?:

« 純白の冬のバラ | トップページ | 荒れた茶畑の開墾 »

バナー

無料ブログはココログ