« 寒中の和水仙 | トップページ | 蜜蜂の巣箱の塗装 »

2016年1月24日 (日)

視力の話

モチノキの蜂蜜は完売しました

ナベショーのお茶は、マルミヤ製茶で販売中

Img_7970

今日ほど寒い日は無い、、、
風も強く、冷たく、、
黄色い和水仙、、、震えながら咲いてる、、、
Img_7973_683x1024
昨日の新聞 小学生の視力過去最低と、、、
僕は子供の頃は視力は良く、両眼とも1.5
高校時代も、同じく1.5
しかし、大学生になって2年生の時、地質学の研究室で時間100円のパートのアルバイトをしている時、
夕方外へ出た時、急に視力が落ちてることに気付いた。
その頃、研究室でやってた仕事
先生が世界各地で採取した火山岩のサンプルの磁気を測定し、砕いて粉にして、磁気天秤で磁気を失う温度(キューリーポイント)を測定していた。
暗い部屋で強い光源の磁気天秤を目を凝らしての測定を朝から夕まで、毎日毎日、、、、目が疲れないはずがない。
この頃、悪いことに、お金がなくて、毎晩の食事はコロッケ5個とキュウリ1本、、、
でも、この頃やってた火山岩の磁気の測定は、とても面白い仮説の証明、、
世界中の地球科学の地質学者が必死て研究していたテーマだったのである。
今では、ほとんど正しいとされている大陸移動説、、、つまりかって一つの大陸が幾つかに分かれて移動して、アフリカ、ユーラシア大陸、南北アメリカ、オーストラリア、、、になった。
大陸の海岸線がジグソーパズルのように一致するのである。
この仮説が発表されたとき、誰も信じなかった。
その後になって世界中の地磁気の測定結果は、大陸移動が無いと説明がつかないことから、この説が正しいことが受け入れられるようになった。
又、地磁気の北極と南極が時々逆転したり、北極が移動する。
これも火山岩の地磁気の測定から明らかになった。
つまり、火山の溶岩が冷えて固まる時に、その時代の地磁気の強さと方向が溶岩の磁鉄鉱に記録されるからである。
Img_8232_1024x683
 
この時以来、0.2~0.8の視力、、近眼の眼鏡のお世話になることとなった。
ところが50歳頃から、遠くは眼鏡が必要だが、本を読んだり、PCをやったりするときは、眼鏡を外さないと見えなくなった。
これは、困ることが多かった。
近眼の眼鏡をあちらこちらに置き忘れて、眼鏡、眼鏡と探して回る事が度たび、、
ところが、3年ほど前から、、、、近眼の眼鏡をかけなくとも、遠くが見えるようになり、
運転免許証の条件だった眼鏡着用の条件が無くなった。
つまり、近眼と老眼が相殺して、近いところも遠いところも、眼鏡無して見えるようになったのである。
これで、目出たし、目出たしなのだが、、
思わぬ落とし穴、、、、
黄斑浮腫で左目が見え難くなり、数か月ごとに薬を眼球に注射
目に関する病気や記事には、思わず目が止まる、、
今日も見てくださりありがとうございました。
「菜園」、「花、ガーデニング」部門に登録しています。
人気ブログランキング ← クリックして戴けるとランキングが上がり、また、他の方のブログも見ることが出来ます。
一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。
明日もお会いしましょう。

« 寒中の和水仙 | トップページ | 蜜蜂の巣箱の塗装 »

コメント

私も高校の頃に近視になりました。
ほとんど勉強しなかった私が、高校入学と同時に、大学受験コースのクラスになり、ただひたすらに受験勉強の道を走り続けさせられました。
その結果、近眼になりました。
若いころは、ずっとコンタクト、そして今はメガネです。
やはり、何かと不便です。

今冬初の本格的な積雪となりました。
外を通る水道管が凍てているので、洗濯はアウト。

和水仙 いいですねぇ。
清楚で気品もありやはり大好きです。

毎日一冊の文庫本を読破していった当時6年生だった二男は、中学生から眼鏡。
細かい機械や電気機器が遊び道具の三男は高専生から眼鏡のお世話になっている。
勉強嫌いの私達は、今になって老眼鏡が。
私は左右の見え方が違いこれまたややこしい。
   不便です。

黄色い和水仙、元気色、可愛いですね〜
水仙はどれも香りが素晴らしく、皆愛くるしいです♡

我が家は夫婦で眼鏡にお世話になっていますが、
私が10年前にドライアイになって点眼薬が手放せない生活になりました。
自分の眼で物を見たり確認したり出来る事は、快適な生活が送れますしね
進歩した現代医学にお世話になりながらでも眼の改善治療は積極的に受診しています
ナベショーさんの数ヶ月に一度の注射は大変でしょうね、でも頑張って下さいね〜
年齢相応の健康体を維持出来たら感謝感謝に思っています。


私も目があまり良くありません。
昨年運転免許更新があり、どうなるか心配でしたが
無事に更新できてほっとしました。

ところである記事をみつけました。
クラウドファンデイングで数億円集めちゃったとあります。
http://grapee.jp/33449
です。蜂蜜を収穫する新方式だそうです。
あまり役に立たないかもしれませんがご参考まで。
すでにご存じだったらごめんなさい。

野の花2517さま
早かれ遅かれ、10代の後半から20代にかけて,近視になるようですね。
僕と同じ様に、老眼が来て、近視と相殺されれば、眼鏡無しで見えるようになるのですが、、、まだ先の話ですね。

山んばあばさま
遂に綾部も本格的な積雪、、子供の頃の上林の雪景色が懐かしく思い出されます。
うちの子たちは、あまり勉強しなかったからか、いまも眼鏡は無し、、、年取れば老眼になるよ。

イクラの母さんさま
和水仙、、、大きな花の西洋水仙よりも清楚でいいですね。
香りも素晴らしい!
生活にとって、当たり前のように見えるということが当たり前になってしまい、突然目の疾患を患うと、見えることの有難さを実感します。
ぼつぼつ再発せずに注射も無くなるといいのですが、、、

五郎さま
この蜂蜜収穫器、、ちょっと話題になっていますね。
僕の養蜂の弟子の方、、さっそく購入したようです。
今年の春が楽しみです。
しかし、よくぞ数億円も集めたものですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602158/63115112

この記事へのトラックバック一覧です: 視力の話:

« 寒中の和水仙 | トップページ | 蜜蜂の巣箱の塗装 »

バナー

無料ブログはココログ