« 青春18きっぷの旅 近江八幡市(1) | トップページ | タンポポの花 »

2016年4月 9日 (土)

青春18きっぷの旅 近江八幡市(2)

ナベショーの蜂蜜のご注文は、ホームページ「ナベショーのはちみつ屋」から、、、→ 2015年の蜂蜜は2月2日でもって 完売しました。
たくさん、たくさんご購入いただき、ありがとうございました。

今年最初の蜂蜜採取は、4月末~5月初の予定です。

Img_0962_1024x683_2

青春18きっぷの旅 二日目も近江八幡観光

前日の雨も止み、ちょうど過ごしやすい気候

18きっぷの旅に近江八幡市を選んだ理由の一つは、ウイリアム・メレル・ヴォーリズの活動の軌跡と洋風建築群を見たかった事、、

ヴォーリスは、キリスト教伝道の志を持って、アメリカのカンザス州より、明治38年2月2日、滋賀県立近江八幡商業高校の英語教師としてYMCAより派遣されて来日、、、

多くの学生達の人生に大きな影響を与え、2年で職を辞した後も、近江八幡に留まり、キリスト教伝道、社会事業、学校、教育、医療、、、を展開し、地域を始め、日本国内に歴史的な足跡を残した、、、

太平洋戦争の時は、帰国ぜず、日本人に帰化  日本名を一柳米来留

近江八幡名誉市民第一号、、

活動の資金はメンソレターム(現メンターム)の製造販売の近江兄弟社、建築設計のヴォ―レズ建築事務所、、、、建築設計家として遺した建造物は1600を数えるという。

有名なのは関西学院大学や大丸大阪心斎橋店、

Img_1069_683x1024

近江八幡に残ってる建造物の多くが老朽化し、保存か取り壊しか、、、議論されてるとか、、

Img_1068_1024x683
市立資料館(郷土資料館)   
Img_0922
資料館では、ちょうどNHK 朝ドラの廣岡浅子の特集
Img_0925_683x1024
ドラマでは廣岡浅子の娘の千代(亀子)と夫 恵三
Img_0924_683x1024
恵三の妹、一柳満喜子と夫のヴォーリズ
一柳家は華族であり、華族が外国人と結婚することは、反対する声が多い中で、廣岡浅子が二人の後押しをしたと、、、
平民になることによりヴォーリズとの結婚が可能になったと、、、
ドラマの中では、一度だけヴォーリズと思われるアメリカ人の若者が登場する。
Img_0927_1024x756
 
Img_1071_1024x683
旧近江八幡郵便局
Img_0990_1024x683
アンドリュース記念館
アンドリュースはヴォーリズの大学時代の親友 若くして死んだ親友の遺族から贈られた資金を基に1907年に完成したヴォーリズ建築第一号
Img_0992_1024x683
ヴォーリズ記念館 ヴォーリズ夫妻の宅 彼らのゆかりの品々が展示(見学は事前の電話予約が必要)
Img_1004_1024x683
ヴォーリズのことは、教会、学校他多くの建築物と近江兄弟社のことしか知らなかったが、
ヴォーリズ夫妻が実際に生きた近江八幡市を訪ねる事によって、多くのことを学ぶことが出来た。
丁度、お昼前、、、近江牛のすき焼き定食を食べ、小鮎の佃煮と鮒寿司をお土産に購入し、、
18時過ぎに藤枝の自宅に帰り着きました。
ナベショーは旅行に行ってます。
モンタが留守番のため出張してきてます。
今日も見に来てくださりありがとうございます。
「菜園」「花、ガーデニング」部門に登録しています。
人気ブログランキング ← 一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。
 

« 青春18きっぷの旅 近江八幡市(1) | トップページ | タンポポの花 »

コメント

ナベショーさん、こんばんは〜(^o^)ノ

青春18キップの旅を楽しんでこられたようですね♪
ヴォーリズさんのお話、興味深く読ませていただきました。
ははぁ…、美和さんのお店で出会ったあのアメリカ人の方ですよね〜(^_-)-☆
あのドラマには、こんな深い伏線があったのですね!
つくづく、「あさが来た」は本当に素晴らしいドラマだったと思います(^^)V

近江八幡、観て学ぶ楽しい旅行、最高〜素敵ですね
日本に残る数多くの西洋館は、日本の文化に大きく影響され今があるのでしょう。
歴史を辿ると物や心を大切にする気持が養われる様に感じます。
お天気も上々だった様で、充実された旅行になりましたね♡
お陰で久しぶりのモンタ君に癒されました。
本当に格好イイ猫さんです、お留守番出張、大歓迎です♡

ジェレさん、、、、   こんばんは
久々の青春18きっぷの旅でした。
途中の沿線、近江八幡の桜、、いずこも満開に近いけど、まだ散り始めてるところは無かったです。
そうそう美和さんのお店でヴォ―レズと廣岡家との接点が出来たのですね。
「あさが来た」を見なければ、近江八幡を訪れることも無かったでしょう。
素晴らしいドラマでした、、、視聴率が高かったのも当然でしたね。

イクラの母さんさま
今まで、青春18きっぷであちこち旅行しましたが、今回の近江八幡は、もっとも印象深い町の一つでした。
大正、昭和初期に、モダンな西洋様式の住宅や教会、公共施設が町の中のあちこちに建つ、、日本文化に影響を与えたことでしょうね、ヴォーレズさんって、実に凄い人でした。
まだまだモンタはお留守番が出来ますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602158/63462381

この記事へのトラックバック一覧です: 青春18きっぷの旅 近江八幡市(2):

« 青春18きっぷの旅 近江八幡市(1) | トップページ | タンポポの花 »

バナー

無料ブログはココログ