« 青春18きっぷの旅 近江八幡市(2) | トップページ | カリンの花 »

2016年4月10日 (日)

タンポポの花

ナベショーの蜂蜜のご注文は、ホームページ「ナベショーのはちみつ屋」から、、、→ 2015年の蜂蜜は2月2日でもって 完売しました。
たくさん、たくさんご購入いただき、ありがとうございました。

今年最初の蜂蜜採取は、4月末~5月初の予定です。

Img_1048_683x1024
タンポポ
タンポポって、何故 漢字で 「蒲公英」 って書くのだろう?
この字が「タンポポ」の漢字名であることを知ったのは、そんなに昔ではない。
大阪堺筋本町にいた時、みんなでしばしば飲みに行った洋風パブの名前が「蒲公英」だった。
桜が満開、、、蜜蜂はみんな桜の花の蜜を集めに行ってるかと思いきや、、
タンポポの花にも来ている。
Img_1062_1024x683
最近、全国的には西洋タンポポが多くなったが、ここ藤枝では、まだまだ関東タンポポが幅を利かせている。
Img_1064_1024x683
蜂場近くの梅の木の下の斜面、、、
一面にタンポポが咲いている。
Img_1047_1024x683
4月8日以来、晴れの日が続いている。
桜も満開に近いが、まだ散ってはいない。
春になって蜂が増えて、ほとんどの巣箱は継箱を足して2段箱
上段の箱は、古い蜂蜜を掃除して除き、新しく桜の蜂蜜が貯まりつつある。
Img_1040_1024x683
優秀な女王蜂の元気な群れでは、3段箱のもある。
元気な巣箱は、今週中には3段箱になるだろう。
Img_1055_1024x683
巣箱の巣門の前は、たくさんの蜂が活発に出入りしてる。
Img_1053_1024x683
アップすれば、、、これくらい飛んでると安心!
桜の蜂蜜、、、どれくらい貯まってるだろうか?
次回の内検が楽しみ!
Img_1054_1024x683
庭のタラの芽、、、、二日間の旅行中に成長し過ぎて、、、
みんな大きくなってしまったが、採ってしまえば、ふたたび芽が出てくる
さあ、こんなにたくさんどうするの、、、、?
Img_1072_1024x683
とりあえず、天麩羅にして、冷凍保存しておこう、、、
(お皿に盛ったのは、1/3、、、)
Img_1074_1024x683
花、花、花、、いずこも花ばかり、、、忙しい、忙しい
M65c
今日も見に来てくださりありがとうございます。
「菜園」「花、ガーデニング」部門に登録しています。
人気ブログランキング ← 一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。

« 青春18きっぷの旅 近江八幡市(2) | トップページ | カリンの花 »

コメント

下郷町自治会の花畑担当です。はちみつ美味しいですよね。
尼崎先生と一緒にきれいなお花作りながら、はちみつにも挑戦しようかといつも協議しています。

西の方へおいでてたのですね。
叔母の調子が悪く、バタバタしていますので、ここのところ、訪問が飛び飛びになっています。

タラ芽の天ぷら、大好きです。
それにしても、たいへんな量ですこと!!!

bud「たんぽぽ」の漢字~そういえば・・・見たことがあるようなsign02

「たんぽぽ」のお歌もあるんですよ。「雪の下のふるさとの夜・・・」。どんな花よりたんぽぽの花はいい。あなたにあげましょう~とてもいいお歌ですnote

タンポポ、漢字名はかなり難しく判読出来ませんね
一面のタンポポも春の訪れの美しい光景ですね♡
最近、咲き始めた花を発見すると、この蜜が蜂蜜になったら
どんな香りと味がするのだろうか・・・時々考えたりする様になりました(笑)
桜のハチミツ、ちょっとロマンティックかも・・・

成長し過ぎても、タラノメはタラノ芽で、天ぷらには最高ですね
我が家も今夜は天ぷらにしよ〜っと(笑)
どちら様も「天ぷら」食べ過ぎにはちゅ〜い、ですね!

一面黄色のタンポポ、見事ですね。飛び散る綿毛も想像するだけで、絵になりそう----。
こちら備後(広島県)では、黄色より白いタンポポの方が多く見られます。
いろんな種類があるのですね。

大分県の下郷町自治会様
ようこそ!
蜜蜂は家畜なので、飼育の際は役所に届け出が法律で義務付けられてます。
また、蜂場権により、どこでも巣箱を置けるわけでもありません。
飼育管理は難しいので、近くの養蜂家に相談し、指導を受けてください。
指導無しでは、飼育は難しいですよ。

野の花2517さま
青春18きっぷの旅、、年に1~2度楽しんでいます。
タラの木、園芸店でトゲの無い苗を植えたら、どんどん増えて、庭の一角を占拠されてしまいました。
天麩羅、、美味しいけど食べすぎが心配!
叔母様の調子が悪い、、、良くなられますように!

花譜さま
タンポポの歌、、ってあるんですね。
良い歌詞ですね。
タンポポの漢字、、見たことがあるでしょう。
何故、この当て字なのか、、、?

イクラの母さんさま
タンポポは日本の呼び名、、蒲公英は中国語の呼び名、、何故この漢字なのかは中国人にも不明ではないか、、、と、ネットで調べました。
タンポポの花にも蜜蜂が来ています。どんな蜂蜜でしょう?
セイタカアワダチソウの蜂蜜、、それなりに食べられました、、
山菜の天麩羅、、、ほんとに美味しいですが、、、1っか月に1~2度にしておかねば、、、

もちこさま
僕も出身が京都府なので、タンポポと言えば白い花と思っていました。
西は白花タンポポ、東海、関東は黄色い関東タンポポ、、、、なのですが、時々白いタンポポも見かけます。外来種の黄色い西洋タンポポが全国的に広がっていますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602158/63467501

この記事へのトラックバック一覧です: タンポポの花:

« 青春18きっぷの旅 近江八幡市(2) | トップページ | カリンの花 »

バナー

無料ブログはココログ