« 久しぶりに魚料理 | トップページ | 真夏 向日葵! »

2016年7月29日 (金)

米ナス料理

蜜柑のはちみつ 」、モチノキにアカメガシワ少々の「初夏のはちみつ 」発売中です。
さらに、特別企画「夏のギフトセット 」は好評につき、発売継続
蜂蜜のご注文は、息子が運営する通販のホームページナベショーのはちみつ屋 」 からお願いします

もし、通販のHPからの注文がうまくいかない時は、昨年までと同じようにお電話またはFAX(054-638-3402) またはブログのサイドバーのメール通信から、ナベショーに直接ご注文ください。

「ナベショーのお茶」もマルミヤ製茶さん で発売中です。

Img_5336_683x1024_3
百日草
百日と言えば3か月少々、、、
6月から9月くらい、、夏の間、ず~と咲いてる
子供の頃、故郷では、お盆のお供えの花として、どこの家も、庭や畑で百日草を咲かせてた。

Img_5338_1024x683_2

先日、蜜蜂の巣箱の移動を行った。

蜜蜂の行動範囲は、2~3km以内

したがって、巣箱を2~3km以内に移動させると、外勤蜂は元の場所を記憶してて、元の場所に帰ってくる。

だから、互いに3km以上離れた2か所の蜂場を持ってると、二か所の蜂場間の巣箱の移動が容易となる。

しかし、残念ながら、借りれることになった農家の畑の隅、、、2kmしか離れていない。

早朝、巣箱の移動を行って、午後に元の巣箱の蜂場へ行くと、数百匹の働き蜂が帰ってきている。

小さな巣箱を置いてやると、ぞろぞろと入っていく。

それを、移動先の蜂場へ持っていき、巣箱の中に入れてやったが、、、

それでもなお、元の蜂場へ帰って来る蜂が居る。

コンクリートブロックの穴の中に入っている。

Img_5272_1024x683_2
元の場所に帰る蜂は、生まれて2~3週間以上たった外勤蜂
だから、元の場所に帰ってきたとしても、その後、数週間の寿命、、、
よく観察してると,帰ってきたら、自分の巣箱が無い場合、
その側に巣箱があれば、迷い蜂、家無し子として、群れが迎えてくれる。
まあ、蜜蜂は、基本的なルール、約束はあるようだが、意外と臨機応変、原則無視のご都合主義の融通を利かすところがある。
蜂蜜を盗もうとする蜜蜂には徹底的に攻撃するが、自分の巣箱が無い迷い蜂はウエルカム、、、群れの勢力が大きくなるのだから、、、
まあ、二か所の蜂場が2km弱しか離れてないが、移動は極力避けるようにするしかないね。
妻の創作料理
米ナスを輪切りにして、薄いチーズを被せてオーブンで焼く、、、
トマトをトッピング、レタスや南瓜も添えて、、、
どんなソースをかけて食べるのが美味しいかな?
Img_5362_1024x683
今日も拙いブログに来てくださり、ありがとうございました。
「菜園」「花、ガーデニング」部門に登録しています。
人気ブログランキング ← 一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです.。

« 久しぶりに魚料理 | トップページ | 真夏 向日葵! »

コメント

百日草、こちらも以前はどこのお宅にも植わっていました。
でも、今は、ほとんど見かけることがありません。

nonohana626さま
昔は、真夏に咲く花は百日草くらいでしたね。
お盆のお墓の花筒もたくさんなので、畑にたくさん百日草を咲かせておかないと困りました。
今のように、お花屋さんも無かったので、、、

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602158/63983777

この記事へのトラックバック一覧です: 米ナス料理:

« 久しぶりに魚料理 | トップページ | 真夏 向日葵! »

バナー

無料ブログはココログ