« 今日は梅雨明け | トップページ | ギ酸による蜜蜂の寄生ダニ退治 »

2016年7月19日 (火)

真夏の花 ルドベキア

蜜柑のはちみつの販売中。
モチノキにアカメガシワ少々の「初夏のはちみつ 」発売、注文受付開始です。
さらに、特別企画「はちみつのギフトセット」も予約注文受付開始
蜂蜜のご注文は、息子が運営する通販のホームページナベショーのはちみつ屋」 からお願いします

もし、通販のHPからの注文がうまくいかない時は、昨年までと同じようにお電話またはFAX(054-638-3402) またはブログのサイドバーのメール通信から、ナベショーに直接ご注文ください。

「ナベショーのお茶」もマルミヤ製茶さん で発売中です。

Img_5119_1024x683

梅雨明け,、、とは言うものの,まだまだ雲が多くてすっきりしない。

黄色い花の頭に濃紫の蕊、、、

Img_5121_1024x683
見るからに、蒸し暑そうな夏の花
Img_5125_1024x683_2
ルドベキアという花
これくらい群生して咲くと、迫力がある。
Img_5115_1024x683
朝から、蜜蜂の内検
遮光のための簾、、、
ダニを駆除するためのギ酸投与
女王が喪失した群れは、女王のいる群れとの合同
暑いため、脱水症にならぬように、水分を補給しながらの作業
養蜂にとって、今の時期の作業が最も過酷かもしれない。
Img_5130_1024x683_1024x683
養蜂にとって、最も大きな課題は、寄生ダニの駆除
国によって認可されたダニ駆除の農薬 2種類のうち一つが全く効かない、、、
ダニが耐性を持つにいたったからである。
有効な他の一つの農薬ばかりを使うと、それにも耐性を持ってしまう。
しからば、どうすればよいのか、、、、養蜂家は悩み悩み試行錯誤、、、
農薬を使わないダニ駆除の方法の一つが雄蜂トラップ法
雄蜂用の大きな巣苞のプラスチック巣礎枠
これを、3~4月頃から巣箱に入れる。
働き蜂よりも雄蜂の大きな幼虫にダニは好んで潜りこんで産卵する習性がある。
内検ごとに雄蜂の巣碑枠を取り出して、蓋をした巣苞をヘラで掻き取る
Img_5152_1024x683
ダニは搔き取られた巣苞の幼虫の中にいる。
ヘラで掻き取った後には、蜜蜂は新しい巣苞を作り、女王蜂はそこに産卵する
やがて、幼虫になって、ダニが潜りこんで産卵する
蓋をしたら、ヘラで掻き取る、、、
再び、蜜蜂は巣苞を作る、、、、以上の繰り返し
こうして、ダニが爆発的に増えるのを防ぐ。
さて、今年はうまくいってるのだろうか?
Img_5153_683x1024
さて、山のカラス山椒が咲き始めたよ。
Img_5158
今日も拙いブログに来てくださり、ありがとうございました。
「菜園」「花、ガーデニング」部門に登録しています。
人気ブログランキング ← 一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。

« 今日は梅雨明け | トップページ | ギ酸による蜜蜂の寄生ダニ退治 »

コメント

ルドベキアの群生、なかなか迫力がありますね。

ダニとの知恵比べ、なかなかたいへんそうですね。

きれいなルドベキアですね。
こちらでは、朝顔が咲いたりしています。我が家の朝顔は、(こぼれ種から毎年咲いている。)まだこれから成長するところです。ブルーのきれいな朝顔です。
今年の4月、母が亡くなりました。通っていたデイサービスでも朝顔が咲いていて(赤紫色のです。)、母が去年、種を、もらってきてくれました。
ナベショーさん、健康診断等へは通っていますか。お体、労わってお過ごしください。


ルドベキア、正に「夏」ですね〜
八ケ岳の麓にはコスモスが咲いていました
我が家は、シクラメンが次々開花しています〜

ダニ退治、想像以上に大変ですね
気温少し下がったとは言うものの、
余り心地よい気候とは言い難く、梅雨が明けたのか
雨が降らずとも未だ梅雨期なのか・・・
気を取り直し、ルドベキアから元気をもらって明日も頑張りましょ〜

ナベショー様

今晩は~、今日はまだ過ごしやすい方ですかね。
養蜂の仕事大変ですね。ダニの駆除は知りませんでした。
人間や動物のダニ(疥癬)などを駆除するのにイベルメクチンと言う薬品がありますが、高価すぎるんでしょうかね。
いや保険薬なので使えないんでしょうね。
ご苦労なさっている蜂蜜を労せずいただいている私は幸せですね。
美味しい蜂蜜待ってまーす。

nonohna626さま
ダニとの戦い、知恵比べ、、これを楽しむことも養蜂の面白さというべきか、、、

みかんさま
お母様の形見の朝顔、、毎年こぼれ種から芽が出て花が咲くといいですね。
健康診断、、毎秋、市の健康診断を受けていますが、毎年、何か、、、、年のせいですね。

イクラの母さんさま
コスモス、、シクラメン、、八ヶ岳山麓は、もう秋ですね。
ルドペキア、、暑い夏に元気をもらえる花です。
梅雨明け宣言、、まだ不安定な天気ですね。
低地は夏でも、山は雨が多く、まだまだ梅雨、、のことが多いです。

キジ母さま
養蜂にとって、世界中の大問題が,この寄生ダニ駆除なんです。
アメリカで話題になった蜜蜂の失踪の問題も、ダニが原因と言われています。
ダニにも、いろんな種類があって、このダニは蜜蜂だけに寄生するものです。
ダニが死んでも、蜜蜂も死んだら困るので、ダニだけを殺す薬剤でないといけない。
農薬を使わないダニ駆除が一番良いのですが、、

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602158/63938237

この記事へのトラックバック一覧です: 真夏の花 ルドベキア:

« 今日は梅雨明け | トップページ | ギ酸による蜜蜂の寄生ダニ退治 »

バナー

無料ブログはココログ