« ギ酸による蜜蜂の寄生ダニ退治 | トップページ | 金目鯛料理 »

2016年7月21日 (木)

養蜂の実習に

蜜柑のはちみつの販売中。
モチノキにアカメガシワ少々の「初夏のはちみつ 」発売、注文受付開始です。
さらに、特別企画「はちみつのギフトセット」も予約注文受付開始
蜂蜜のご注文は、息子が運営する通販のホームページナベショーのはちみつ屋」 からお願いします

もし、通販のHPからの注文がうまくいかない時は、昨年までと同じようにお電話またはFAX(054-638-3402) またはブログのサイドバーのメール通信から、ナベショーに直接ご注文ください。

「ナベショーのお茶」もマルミヤ製茶さん で発売中です。

Img_5127_683x1024

山百合があちこちで満開
Img_5137_1024x683
猪に球根を食べられて、どんどん少なくなってるとは言え、渓谷の険しい岸や石垣など、
猪が近づけないところに生えてる山百合は、まだまだ健在
かって、天竜川の川下りを楽しんだ時、天竜川の険しい河岸の岩々にたくさんの山百合が咲いてて、とても美しかった。
Img_5141_1024x683
美しい花を存分に楽しませてくれる
Img_5143_1024x683
アップすれば、、、
Img_5144_1024x683
藤枝北高校の2年生の女子生徒のSさん
高校の選択課目 「農業起業基礎」の夏期休業中のインターンシップで養蜂実習
この課目を選択している生徒さん達は、実習内容のリストから希望するものを選ぶ、
高校の担当の先生から市役所農林課に打診があって、僕のほうに受け入れられるかどうかの話があった。
先生と連絡を取りあって実習計画書(案)を提出してた。
先日、養蜂を希望する生徒さんから、直接電話があって、本日の実習となった。
焼津から自転車で9時にやってきたSさん、、
蜜蜂や養蜂、蜂蜜に関するレクチャ―の後
丁度帰省してる長女も一緒に蜂場へ、、、
手袋はしなかったものの、長袖作業着、手抜き、防面布、、着用
巣箱から溢れる大量の蜜蜂を見ただけで、身体がこわばってしまうのでは、、、と危惧したが、、
何の、何の、怖がることなく、、、、、
巣碑枠を一枚、一枚引き揚げて、女王蜂、産卵の有無、などの大事なポイントを確認
Img_5164_1024x683
立派に内検が出来ました!
でも、最後に蜜蜂に指を刺されてしまった、、、、
すぐに針を取り除いて、草の葉を揉んで、刺されたところに擦り込むと、、、
痛みと痺れは、しばらくして消える、
次回に刺された時のアナフィラキシーショックだけが心配だが、、、その時は迅速に対処するしかない。
Img_5166_1024x683
白ふじの里でお昼を食べて、、、今日の実習を終了
2回目の実習は、流蜜が始まったカラス山椒の蜂蜜が貯まった8月初に、採蜜の実習
3回目はカラス山椒の蜂蜜の充填とラベリング
そして、11月初の藤枝北高の学園祭には、蜂蜜の販売
彼女にとって楽しい実習になりますように
また、これからの新しい農業形態、6次産業について、何か考えるきっかけになれば幸いです。
他の人は、どんな実習に?
お茶農家、キャベツやブロッコリー農家、イチゴ農家、、、などなど、、
今日も拙いブログに来てくださり、ありがとうございました。
「菜園」「花、ガーデニング」部門に登録しています。
人気ブログランキング ← 一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。

« ギ酸による蜜蜂の寄生ダニ退治 | トップページ | 金目鯛料理 »

コメント

山百合、本当に奇麗な花ですね〜
山百合を見ながらの川下り、優雅な気持になれるでしょうね〜♡

高校の実習で養蜂を希望される生徒さんがいらっしゃるのは頼もしいです
ナベショーさんの長い間の貴重な経験が大きく広く役立ってますね
学園祭で蜂蜜販売、満面の笑顔できっと感動されるでしょう〜

農業や漁業から離れる若者が多かった時代から
ここ数年、農業高校入学希望者が増えているそうです。

実習生のSさん! 頑張って下さいね〜♡


山百合、美しいですねえ!!!

高2のお嬢さんが養蜂の実習ですか、頼もしいですねえ。
こちらは後継者がなく、耕作放棄地になってしまったところも出てき始めています。
寂しい限りです。

イクラの母さんさま
天竜川下り、、、夫婦で貸切でした。
山百合の美しいこと!、、、、もう一度行きたいものです。
養蜂の実習、、蜂の世話から採蜜、充填、販売、、まで楽しく体験出来たらいいですね。
今矢、農業も、単に生産するだけでなく加工、流通、販売まで含む事業経営が必要、、これからですね。
脱サラして、イチゴ農家に生って、成功してるケースも身近におります。

nonohana626さま
なかなか頼もしいですよ!
養蜂に限らず、耕作放棄地も利用して、新たな農業経営に挑戦する若い人達が、どんどん出てきて欲しいし、ささやかながら応援したいものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602158/63947317

この記事へのトラックバック一覧です: 養蜂の実習に:

« ギ酸による蜜蜂の寄生ダニ退治 | トップページ | 金目鯛料理 »

バナー

無料ブログはココログ