« 脳のCT検査 | トップページ | 鬼百合の花 »

2016年7月11日 (月)

真夏の夏水仙

蜜柑のはちみつの販売中。
モチノキにアカメガシワ少々の「初夏のはちみつ 」発売、注文受付開始です。
さらに、特別企画「はちみつのギフトセット」も予約注文受付開始
お中元などの贈答にいかがですか。
蜂蜜のご注文は、息子が運営する通販のホームページナベショーのはちみつ屋」 からお願いします

もし、通販のHPからの注文がうまくいかない時は、昨年までと同じようにお電話またはFAX(054-638-3402) またはブログのサイドバーのメール通信から、ナベショーに直接ご注文ください。

「ナベショーのお茶」もマルミヤ製茶さん で発売中です。

Img_4902_1024x683

先日、初めて一輪咲いた夏水仙
今日は、全ての蕾が開花した。
Img_4893_1024x683
気が付いたけど、とても爽やかな良い香りがする。
アルカロイドの毒を含むので、あまり香りを嗅ぐと、身体がおかしくなるのかな?
Img_4906_1024x683
でも、なんという美しい花なんだろう!
Img_4901_1024x683
今日も、暑い日だったが、湿度は低い、、爽やかささえ感じる。
Img_4911_1024x683
夏水仙、、、今日のような暑い夏の日にふさわしい花
Img_4915_1024x683
今朝は4時起き、、、
5時から、長男と二人で、残っていた初夏の蜂蜜の最後を絞った、、、、
夕方、涼しくなって、ぼつぼつ増えてくる寄生ダニを退治するために、ギ酸を巣箱に入れた、、、、
7月末には、山々にカラス山椒が咲き始める。
ダニを退治したら、カラス山椒の蜂蜜、、、、、それまでにダニ退治が完了しますように!
今日は暑かったが、よく仕事をした!
長女が、近くに出来た「スーパーマーケット 田子重」でアメリカンビーフを買ってきた。
Img_4934
両面に塩胡椒して、フライパンで焼く、、
Img_4935_1024x683
中まで火が通らない程度に、中~小火で焼き、、
Img_4936_1024x683
食べやすい様に包丁で薄く切り、、
醤油、味醂、蜂蜜、生姜、ニンニクのタレをかけて、、
Img_4937_1024x683
ネギ、青紫蘇、大根おろしの薬味 たっぷり!
モロッコ豆、ピーマンも炒めて、肉に添えて、、、
薄く切ってあるので、食べやすく、、
満足感、、、たっぷり!
Img_4938_1024x683
国産和牛肉は、美味しくて柔らかいけど、
海外産の牛肉は、安価だが硬くて歯ごたえがある。
しかし、薄く切って、和風タレで食べると美味しい。
ボリュームもあり、分厚くて、存在感、、たっぷり!
食べた、、、という満足感も得られる。
暑い夏は、やはりお肉が良いね!
今日も拙いブログに来てくださり、ありがとうございました。
「菜園」「花、ガーデニング」部門に登録しています。
人気ブログランキング ← 一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。

« 脳のCT検査 | トップページ | 鬼百合の花 »

コメント

乙女色が涼しげな夏水仙、百合の花にも見えるのですが美しいですね〜
庭一面に広がったら、更に素晴らしく見応えあるでしょ〜
随分前に切り花をいけた後、いい加減に洗った手で目をこすったらしく
大層な傷みを伴う腫れを経験した事あります
手洗いは常に心がけますが、植物や土を触った時は特に念入りにしています
香りを嗅ぐだけなら、・・・どうなんでしょ〜未経験です

凄いボリュームのビーフ、食べ易い様に薄く並べると更にボリューム満点ですね〜
夏に勝てそうなお料理の数々、いつも美味しそうです

そちらは「人口」も増え、お店やさんも、続々増えてるそうですね。ますますの過疎の西伊豆地区のこちらとしては、羨ましいですfuji

これだけのお肉だと、「ああ、食べた、食べた」という感じでしょうね。
少し工夫すれば、お安いお肉も、美味しくなりますね。

イクラの母さんさま
夏水仙、、花は美しいけど、、、、
確かに、花を触った後は、手洗いですね。
そんなに酷くなるとは知りませんでした、、、
彼岸花やエンゼルトランペット、、、なども気をつけなければ、、、
香りを嗅ぐだけなら、少しなら大丈夫でしょうね。
以前、水仙の香りで気分が悪くなった人のことを聞いたことあります。」

花譜さま
藤枝は、津波が心配で焼津から移ってきた人たちで人口が増えてます。
なんだか、複雑な気持ちです、、、、

nonohana 626さま
どんなに高価な肉でも、薄っぺらいのは、食べた気がしない、、
ど~んと厚い肉でなきゃ~
でも、安い輸入肉は、硬くて、硬くて、普通にステーキとして食べるÝと、噛み切れなくて喉に詰まってしまう。
だから赤身の肉を、焼いた後薄く薄く切って、和風タレと薬味で食べる。
それに、赤身だと、いくらでも美味しく食べられる!

夏水仙の球根を掘り出してオクラホマからカリフォルニアに持ってきて植えたけど、今年は咲かないでしょうね。生きているかどうかもあやしい。ここの夏はものすごい乾燥。LAのゆうこさんのレストランに行きたいけど、運転に自信がないわ。

Yashさん
夏水仙の球根はそうとうタフだから、大丈夫、、来年は必ず咲くでしょう。
昔、娘が住んでたサクラメントの近く、夏水仙の仲間リコルスがあちらこちらで咲いてたのを覚えています。カルホルニアと言っても、日本列島の南から北ほどの広さと長さですからね~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602158/63902599

この記事へのトラックバック一覧です: 真夏の夏水仙:

« 脳のCT検査 | トップページ | 鬼百合の花 »

バナー

無料ブログはココログ