« 真夏の花 ルドベキア | トップページ | 養蜂の実習に »

2016年7月20日 (水)

ギ酸による蜜蜂の寄生ダニ退治

蜜柑のはちみつの販売中。
モチノキにアカメガシワ少々の「初夏のはちみつ 」発売、注文受付開始です。
さらに、特別企画「はちみつのギフトセット」も予約注文受付開始
蜂蜜のご注文は、息子が運営する通販のホームページナベショーのはちみつ屋」 からお願いします

もし、通販のHPからの注文がうまくいかない時は、昨年までと同じようにお電話またはFAX(054-638-3402) またはブログのサイドバーのメール通信から、ナベショーに直接ご注文ください。

「ナベショーのお茶」もマルミヤ製茶さん で発売中です。

Img_5097

ルリマツリ 、、、プルンバーゴともいう
真夏の暑さ、、、とても涼しげ、爽やかな花
Img_5096_1024x683
昨日は、蜜蜂に寄生するダニを駆除する雄蜂トラップ法についてお話しました。
今日は、もう一つのギ酸による駆除を紹介しましょう。
ギ酸という化合物は、炭素数が1個の最も簡単な有機酸
ちなみに炭素数 2個は、、、酢酸  3個はプロピオン酸
天然、自然界に広く存在し、蟻にも、コーヒーにも、含まれる。
産業界で、最もたくさん使われてるのは、畜産業界
牛の牧草にギ酸水溶液を振りかけてサイロで貯蔵すると、牧草の腐敗を防ぎ、乳酸発酵を促進して、牛乳がたくさん出る牛の餌となる。
実は、現役時代に勤務してた化学会社の広島県大竹工場の製品群の一つがギ酸
工場の仲間が、長期出張で北海道へ行き、畜産農家へのギ酸の販売の応援に行ってた。
Img_4944_1024x683
このギ酸が、欧米では蜜蜂に寄生するダニの駆除に使われてることを知って、大いに驚いた。
40%のギ酸水溶液に浸した麻布をプラスチックトレーに載せて、巣箱の上部に置き、
蜜蜂が布に触れぬように麻布で覆う、、
Img_4940_1024x683
日中は暑いので、夕方の涼しくなってから、巣箱に導入、、、
3~4日に一度、新しく交換して、2~3週間続ける。
巣箱の底を観察すると、ダニの死骸が転がっている。
ダニの被害が酷い時には、巣箱の底の端がダニの死骸で山となる場合もある。
Img_4941_1024x683
強い酸性の薬品なので、化学薬品の取り扱いに馴れていない人には、お薦めできない。
また、女王蜂が失踪するというリスクもある。
当然ながら、採蜜中の群れには、使用してはならない。
3~4月からの採蜜期の間は、雄蜂トラップ法でダニの増殖を抑え込み、、
採蜜が終わる6月末から7月中にギ酸によって、増え始めたダニを叩いて、、
あわよくば、掃除蜜を採って、真夏のカラス山椒の蜂蜜を採る、、、これが、ナベショーのダニ対策であるが、、、上手くいったらの話、、、
こんなはずではなかったのに、、、というダニの当たり年もある。
今日も拙いブログに来てくださり、ありがとうございました。
「菜園」「花、ガーデニング」部門に登録しています。
人気ブログランキング ← 一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。
 

« 真夏の花 ルドベキア | トップページ | 養蜂の実習に »

コメント

ギ酸は人間には毒じゃないの?牧草にのこったギ酸を食べてもウシは大丈夫?

「ルリマツリ」という名前も好き、お花も好きです。

化学会社にお勤めされていたナベショーさんは、こういう薬品の使い方も熟知されていて、ギ酸の使い方も、完璧でしょうね。

ナベショー様

今晩は、明日は少し雨も期待できそうですかね。
ギ酸でミツバチ君が守られて、蜂蜜たくさん取れること期待してます。
身体にリスクもあると思われます。ナベショー様どうぞご無事で頑張ってください。
今日は私の居る市の特定健診を受けてきました。
この年になると健康にも自信が無くなりました。総合癌健診も申し込むことに...
健診で忙しくなりそうです。(^_^;)

Yashさま
牧草に腐敗防止と乳酸発酵促進のためにギ酸水溶液を添加するために、欧米、日本で牛と人間にたいする膨大な安全性データが取られ、国に提出されて認可されております。

nonohana262さま
化学薬品の扱いには馴れているとはいえ、油断禁物、、、学生時代、会社時代、幾度も怖い目に会っております

キジ母さま
今週は、ず~と雲の多い日が続くようで、、、雨が欲しいし、欲しくないし、、、
市の健康診断、、毎年受けていますが、体重が多い、つまりメタボが原因で、赤いチェックの入った項目がたくさんたくさん、、、数kgダイエットすると、ほとんどの項目がOKに、、、
薬の類いは、まったく飲んでなかったけど、昨年の目の治療以来、血圧の薬を飲み始めました。
現役時代は、医者にはかかったことが無かったのに、今じゃ、、、、やはり年です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602158/63942467

この記事へのトラックバック一覧です: ギ酸による蜜蜂の寄生ダニ退治:

« 真夏の花 ルドベキア | トップページ | 養蜂の実習に »

バナー

無料ブログはココログ