« ピンクのスイカズラ | トップページ | 間もなくオオスズメバチの襲来が、、、 »

2016年8月23日 (火)

野萱草の花

蜜柑のはちみつモチノキにアカメガシワ少々の「初夏のはちみつ 」発売中です。

カラス山椒の蜂蜜、採取しました、、発売開始です。

さらに、特別企画「ギフトセット 」は好評につき発売継続、、春、蜜柑、初夏、真夏の4種類の蜂蜜が楽しめます。
詳しくは、息子ナベショーJrが運営する通販のホームページナベショーのはちみつ屋 をご覧ください。
蜂蜜のご注文は、ホームページからメールでお願いいたします。

もし、通販のHPからの注文がうまくいかない時は、昨年までと同じようにお電話またはFAX(054-638-3402) またはブログのサイドバーのメール通信から、ナベショーに直接ご注文ください。

昔懐かしい香りのお茶 「ナベショーのお茶」はマルミヤ製茶さん で発売中です。

Img_5988_1024x683

野萱草の花
萱草には、少し早く咲く八重の藪萱草と今咲く一重の野萱草がある。
これは野萱草
園芸種はヘメロカリス、、いろんな色がある。
蕾が次々出来て、毎朝花が咲く、、、花期が長く、1っか月近く楽しませてくれる。
でも、花は朝に開いて、夕には萎む
Img_5951_2
関東に大雨を降らした台風が過ぎて、、、、
今朝は、晴れ、、、、
カラス山椒の採蜜を終えた後、前回の内検から1っ週間以上経っている。
肋骨のヒビが痛いけど、コルセットでカバーして7時半から内検開始
暑い暑い、、、フェーン現象だね。
蓋を取り、一枚、一枚巣碑枠を引き上げて、、
女王蜂の有無、産卵、ダニ、などを確認して、蓋を置いて、、、
今回は、特にオオスズメバチ捕獲器を巣門に取り付ける。
昨年のお盆過ぎにオオスズメバチの襲来があり、たくさんの働き蜂が殺された、、、という養蜂仲間の話
今日は、9個の巣箱にしか取りつけられなかった。
午後にも内検の続きをやるつもりが、、激しい夕立と雷、、、
お蔭さまで、午後はゆっくり休息出来ました。
今週中に全巣箱の内検と捕獲器の設置を終わらせよう!
まだまだ日中暑いので、午前と午後 両方の作業は堪える。
Img_5986_1024x683
オオスズメバチ捕獲器を設置して、さらに日除けの簾を除いたら、巣箱の蓋の上にネズミ用の粘着シートを置き、対策は完璧!
12月初まで、オオスズメバチの襲来は続く、、
Img_5985_683x1024
今夕は、久々の餃子
モヤシの炒めたのを添えるのが、浜松餃子の特徴
Img_5992_1024x683
今日も拙いブログに来てくださり、ありがとうございました。
「菜園」「花、ガーデニング」部門に登録しています。
人気ブログランキング ← 一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです.。

« ピンクのスイカズラ | トップページ | 間もなくオオスズメバチの襲来が、、、 »

コメント

へメロカリス(デイリリー)の八重ってのはあるの? 以前のうちには黄色で八重みたいなのが咲いてました。肋骨の痛み、肋間神経痛もあるのでは?医者をあまり信用しないように(内緒)

野萱草、と聞くと薬草のイメージが大きいです
立派な花なのに一日で終わるのはもったいないですね

いくつもの台風が重なり、北海道は出荷直前のタマネギ等が大被害に遭ったそうです
水不足もその後どうなったか気になりながらも
通過の台風の足跡から、恐らくダムには溢れんばかりの水が溜まった筈・・・
しかしながら、先を読めない自然の脅威、改めて恐ろしく感じています

養蜂、ハチミツを採取迄の神経細やかな作業はその後も延々と
初秋には蜂達(特にスズメバチ)が活発なシーズンと聞いています
スズメバチやダニから蜜蜂の暮らしを守るには
一年365日24時間態勢の様な作業ですね
肋骨を痛めながらもコルセットで庇ながらの作業、大丈夫でしょうか?

お・だ・い・じ・に♡

ノカンゾウ、こちらも只今花盛り、花のないこの季のありがたいお花です。

暑い中、作業お疲れ様です。

餃子にモヤシの炒めたのがねえ、ところ変わればですね。

ヘメロカリスは野萱草の仲間なんですね。
昨年から大分県臼杵市の養蜂業のお宅の娘さんと仕事上縁がありそちらで、何度も蜂蜜を買わせて頂いていてトーストやスイーツに料理 etc…どっぷりと蜂蜜ざんまいの日々になりました。
蜂蜜が瓶詰めされるまで大変なご苦労があるんですね。有り難く感謝して毎日頂いております。
午前午後 続けての作業は身体には酷な暑さです。
ご自愛されてくださいね。

sunそうだそうです。花譜のときのお医者さん」が「肋骨はすぐ、折れる」・・・と言っていました。

まあ!「固定」をすれば、大丈夫らしいです。そのとき近所の人が言っていました。「船(まつざきには漁船員がかなり、いました)で、肋骨を骨折したときは、昔、晒をきつく巻いて、凌いだ」・・・そうです。

松崎は、昔、漁師が沢山いたし、舟主もありました。今でも、ウチは「○○丸」という「屋号」です。当地、アチコチに「○○丸」という屋号がありますship

ナベショー様

今晩は、昨日は豪雨でいたね。今日も雲を見るとひと雨くるかなと思いましたがありませんでしたね。
少し暑さもしのぎやすくなりました。
おかげんいかがですか?ナベショー様の年代は無理することに慣れているので、ついつい休むことがもったいないみたいな気がしてませんか?でもダメですよ、無理は禁物。
現役時代我が家の主人も繰り越し有休がいつも40日くらいありましたもの、働き蜂ですよね。
浜松餃子大好きです。もやしから食べたりしてます。
先日浜松に一人で電車に乗って行ってまいりました。静岡に来て西の方にも目を向けなくてはと思いました。

Yashさん
園芸種のヘメロカリスの八重は見たことありませんが、野の藪萱草は野萱草の雄蕊が花弁に変化した八重です。
今回の痛み、、これは医者云々というよりは、明らかに、転倒と胸への激しい打撲によると思います。
まあヒビ位の軽症で澄み、良かったです。

イクラの母さんさま
萱草、、立派な花なのに、夕には萎むので、生け花に使えないのが残念ですね。
毎年、どこか、、台風など大雨が降らないと渇水が解決しないのは、困りますね。
養蜂、、僕の師匠は、今の失敗、問題が、半年先に響くよ、、と言われました。
確かに、これから数か月の秋の管理が来春からの蜂蜜の収穫に影響、、です。
肋骨の痛み、、治るまではしょうがないですね。
無理せずに、ぽちぽちです。

nonohana626さま
真夏の花らしい花が咲いてない時期、よく目立つし、ありがたいですね。
でも、夕には萎んでしまうのが残念、、でも、翌朝には新たな花が、、
餃子日本一の浜松餃子、、特徴はモヤシ炒めなんです。

ちょきママさま
同じ蜂蜜でも、地方によって、機構によって、香りや美味しさは異なりますよ。
機会があれば、静岡の蜂蜜も味わってください。
少し気温が下がりましたが、まだまだ暑い、、、一日フルの作業はしんどいです。

花譜さま
漁船での激しい作業、肋骨を折ったり、ヒビが入ることも多々あることでしょう。
でも、だからと言って、一か月以上も安静にして漁を休むわけにはいかないし、、、
痛くても、晒しをしっかり巻いて、、、そう同じです。
○○丸、という屋号、、かっこいいですね!

キジ母さま
台風のおかげ?
暑さも、すこし和らぎましたね。
蜜蜂の作業も、やっと楽になってきました。
確かに、現役時代から、多少の無理を押して頑張ってきました。
定年後は、畑やお茶など身体を動かす仕事が多いので、常に腕や腰、足など、どこかが痛い状態が普通になってきました。
腰椎圧迫骨折もありましたが、それに比べると今回の肋骨のヒビは軽いものです。
浜松、、西のほうもいいですよ。
浜名湖周辺、舘山寺、、浜北、二俣、天竜、、、さらに豊橋、岡崎、飯田線沿線、佐久間、、、良いところ一杯です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602158/64101207

この記事へのトラックバック一覧です: 野萱草の花:

« ピンクのスイカズラ | トップページ | 間もなくオオスズメバチの襲来が、、、 »

バナー

無料ブログはココログ