« 猿人も木から落ちる | トップページ | ご馳走はお寿司! »

2016年9月 2日 (金)

耕運機で畑を耕す

蜜柑のはちみつモチノキにアカメガシワ少々の「初夏のはちみつ 」発売中です。

カラス山椒の蜂蜜、採取しました、、発売開始です。

さらに、特別企画「ギフトセット 」は好評につき発売継続、、春、蜜柑、初夏、真夏の4種類の蜂蜜が楽しめます。
詳しくは、息子ナベショーJrが運営する通販のホームページナベショーのはちみつ屋 をご覧ください。
蜂蜜のご注文は、ホームページからメールでお願いいたします。

もし、通販のHPからの注文がうまくいかない時は、昨年までと同じようにお電話またはFAX(054-638-3402) またはブログのサイドバーのメール通信から、ナベショーに直接ご注文ください。

昔懐かしい香りのお茶 「ナベショーのお茶」はマルミヤ製茶さん で発売中です。

Img_6173_683x1024_2

百日紅も、もう終わりかけ、、、、
朝、夕はすこし涼しく感じるけど、日中はまだまだ陽射しが強くて、暑い!
午前中は、蜂場を巡回して、スズメバチを殺し、ダニ対策のギ酸を巣箱に入れて、、、
さあ、午後の作業は、、、、、
数日前、雑草を刈って、苦土石灰を蒔いた畑、、
週間天気予報によると、日曜日から崩れて雨になるらしい。
しからば、耕して元肥料をほどこさねば、、、、
Img_6204_1024x683
夏野菜の苗を植えた時に動かした耕運機
一人で抱えて、やっと軽トラの荷台に積める重量
軽トラに積んで、畑に運び、始動したが、エンジンがかからず、、、幾度試みても、、
トホホ、、、、しょうがない、、、いつもお世話になる農機具店へ、、、
ガソリンに水が混入、、点火プラグも交換し、、燃料パイプも交換し、、
やっと、スムーズに始動出来るようになった。
かなり古い中古品だからね!
Img_6210_1024x683
幾度も往復、、まずは苦土石灰を蒔いた畑を良く耕して、、、
Img_6205_1024x683
JAの有機配合肥料を蒔いて、、、
Img_6207_1024x683
肥料屋さんの乾燥鶏糞 10袋、、、
Img_6206_1024x683
これだけ蒔けば、栄養満点
Img_6208_1024x683
耕運機で幾度も耕して、均一に、、、
Img_6211_1024x683
最後がしんどい作業、、、、スコップで、溝を掘って畝を作り、、、
少し曲がってるが、秋冬野菜の畑が完成!
鍬で耕してた時は、4~5日かかる作業だったが、耕運機を使えば、楽々の半日仕事!
これで、雨が降ってもOK
頃合いを見て、白菜とキャベツの苗を買ってきて植えて、、、
大根、蕪、小松菜、京菜、ホウレンソウ、人参、春菊などの種を蒔き、、
ニンニクやラッキョウの球根を植えて、、、
大和芋も植えてみたいな~
スナックエンドウ、空豆、玉ネギの苗を植える畝を残して、、、
大根の畝は、もっと高く土盛りしなきゃ、、、
Img_6212_1024x683
やはり、具体的に畝が出来ると、頭の中はいろいろと作りたい作物のアイデアが駆け巡る、、、
北海道の収穫前の玉ネギ、野菜は大被害、、、値段も高騰、、、
我が家の料理は、畑のピーマンと茄子、貯蔵品のジャガイモ、頂ものの南瓜でなんとかやり繰り、、、
今日も拙いブログに来てくださり、ありがとうございました。
「菜園」「花、ガーデニング」部門に登録しています。
人気ブログランキング ← 一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです.。

« 猿人も木から落ちる | トップページ | ご馳走はお寿司! »

コメント

草刈りも済ませ、石灰も巻き、耕運して・・・
来春の玉葱・大蒜、秋野菜の準備が整いましたね。
耕運機・・・そろっとタイヤの付いた自走式は如何でしょう?
畝立てアタッチメント付きで・・・
軽トラに乗せるアブミ板も必要ですが・・・

日中は未だ暑いけど、9月になったら朝夕涼しくなり楽になりました
一杯楽しませてくれた百日紅の花も、殆んど終わりですし
秋は直ぐ近く迄、その前に未だ台風が・・・
教訓が生かされ、被害の無い事を祈ります♡

ナベショーさんが野菜を育て食卓に沢山乗るのを見ていると
野菜造り挑戦してみたいと、何回も思うのですが・・・
この畑の土を掘り起こしたり、薬を蒔いたり、ならしたりする作業を見ていると、
やはり断念、場所もないですし・・・
冬野菜、豊作だと嬉しいですね〜

North Waveさま
タイヤのついた自走式耕運機、、、かっこいいけど、数反部の畑を耕作するならね~
畝たても、、、やはりスコップじゃ曲がってしまう、、
そうそうアブミ板も、、、
年二回、半日の稼働率じゃもったいない、、、

イクラの母さんさま
朝夕、涼しさを感じるようになりました。
もうすぐ、彼岸花も見られることでしょう!
都内では、なかなか野菜つくりも難しいですね。
でも、八ヶ岳山麓なら、いくらでも畑ができるのでは、、、

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602158/64147862

この記事へのトラックバック一覧です: 耕運機で畑を耕す:

« 猿人も木から落ちる | トップページ | ご馳走はお寿司! »

バナー

無料ブログはココログ