« マルハルコウソウ | トップページ | 昔、登った赤石岳 »

2016年9月23日 (金)

本物の山葵

蜜柑のはちみつ」 500g 後わずか、、他は有り

初夏のはちみつ 」 500g完売 他は有り

真夏の「カラス山椒の蜂蜜150,250,500g OK

さらに、特別企画「ギフトセット 」は、春、蜜柑、初夏、真夏の4種類の蜂蜜が楽しめます。

詳しくは、息子ナベショーJrが運営する通販のホームページナベショーのはちみつ屋 をご覧ください。
蜂蜜のご注文は、ホームページからメールでお願いいたします。

もし、通販のHPからの注文がうまくいかない時は、昨年までと同じようにお電話またはFAX(054-638-3402) またはブログのサイドバーのメール通信から、ナベショーに直接ご注文ください。

昔懐かしい香りのお茶 「ナベショーのお茶」はマルミヤ製茶さん で発売中です。

Img_6631_683x1024

白い彼岸花
あちらも、こちらも真っ赤な彼岸花の絨毯
その中で、白い彼岸花がところどころに、、、
Img_6625_1024x683
一緒にお茶作りをしてる八木さんご夫妻
定年退職後、数年前から、作り手のない山奥の山葵田を借り受けて、山葵栽培
一年に、数千本の苗を植えつけられるという、、
今年より、収穫が始まった。
朝市のオーガニックマーケットで販売
昨日、大きな見事な山葵を持って来てくださった!
Img_6647_1024x683
さっそく、専業の米農家の海野さんから、今年の新米を買ってきて、、、
炊きたての新米ご飯に、擦り下ろした山葵、、、
Img_6651_1024x683
山葵と、花カツオ、、少々のお醤油
おかずは要らない、、、
炊きたての新米に山葵と花カツオ、、、なんて贅沢な食事だろう!
Img_6661_1024x683
茎はさっと熱湯をかけて萎れさせて、三杯酢をかけて、一昼夜
これも、ご飯がいくらでもすすんでしまう、、、
Img_6658_1024x683
山葵は、キッチンペーパーで包んで、冷蔵庫の野菜室に入れて置けば、1か月は鮮度が維持できるそうです。
さあ、次はお刺身や握り寿司で本物の山葵を楽しまなくちゃ、、、
今日も拙いブログに来てくださり、ありがとうございました。
「菜園」「花、ガーデニング」部門に登録しています。
人気ブログランキング ← 一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです.。

« マルハルコウソウ | トップページ | 昔、登った赤石岳 »

コメント

山葵の一番上の写真を見て、感動しました。
こんなみずみずしい山葵、はじめてみました。
そして、その山葵を使ったお料理のおいしそうなこと、なんとも豊かな食生活をなさっていますね。

noodle毎日「rain降り」で困りますね。ちょっと、前は「日照り」で困っていたのに、自然は厳しいです。

お食事に「山葵とおかか」のごはんがあったのですね。実は、何か月かまえ「下田」の比較的新しいお店「NK」で「おそばと山葵・おかかかけごはん」(¥980?)を食べました。辛かったけど、とても、美味しいお食事でした。

それと先日「JA伊豆太陽~ふれあいまつり」で「山葵おかかごはん」が無料で振る舞われていました。

今回「ナベショーさん」のUPを拝見して、間もなく80歳になる花譜・・・こんな献立があったんだ~と納得しているところですriceball

彼岸花、今年はナベショーさんのブログで一杯楽しませて頂きました。
真っ赤な彼岸花の中に白い彼岸花、想像しただけでもテンションハイです

山葵、と言えば、静岡県か長野県?
新鮮な山葵、新米と一緒でこれ以上のご馳走あるかしらん?
想像しただけでも口の中が生唾で一杯
長野県の道の駅で山葵本体を切り落とした、葉付きの茎を150円で買った事があります
根の所に僅かな山葵が残っていて、もの凄く美味しく、お得感で感動しました
山葵は身体にも良さそうですし、口の中も掃除される様な感触と香り
何とも言えない程、大好きです
ご馳走の揃った環境への移住、魅力ありますね〜

nonohana626さま
山の渓流の清い水で育った採りたての山葵、、、
茎も根っこもシンプルな料理だけど、美味しいかった!

花譜さま
明日からは、やっと晴れ日が続くそうな予報ですが、
こんなに雨の多い秋は初めて、、うんざりです。
山葵の食べ方、、「山葵、おかかご飯」元祖は伊豆のようですね。
山葵とご飯だけでなく、そこにオカカが加わると、ほんとに美味しくて、何杯もお代わりできそう、、

イクラの母さんさま
彼岸花、、もう少し楽しめそうです。
絵になる花ですね。
長野県も山葵の名所がありますね。
美しい水の流れる渓流、、、長野県も静岡県も山葵栽培に適してるけど、、次第に後継者がいなくなって放棄される山葵田が増えてるそうです。
山葵、、お刺身やお寿司に使うだけではなく、美味しい食べ方がいろいろありますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602158/64245814

この記事へのトラックバック一覧です: 本物の山葵:

« マルハルコウソウ | トップページ | 昔、登った赤石岳 »

バナー

無料ブログはココログ