« ホタテのヒモ料理 | トップページ | 成長した雉の親子 »

2016年9月 5日 (月)

オオスズメバチの大襲来

蜜柑のはちみつモチノキにアカメガシワ少々の「初夏のはちみつ 」発売中です。

カラス山椒の蜂蜜、採取しました、、発売開始です。

さらに、特別企画「ギフトセット 」は好評につき発売継続、、春、蜜柑、初夏、真夏の4種類の蜂蜜が楽しめます。
詳しくは、息子ナベショーJrが運営する通販のホームページナベショーのはちみつ屋 をご覧ください。
蜂蜜のご注文は、ホームページからメールでお願いいたします。

もし、通販のHPからの注文がうまくいかない時は、昨年までと同じようにお電話またはFAX(054-638-3402) またはブログのサイドバーのメール通信から、ナベショーに直接ご注文ください。

昔懐かしい香りのお茶 「ナベショーのお茶」はマルミヤ製茶さん で発売中です。

Img_6259_683x1024

白い朝顔、、いや昼顔だね。
毎日、蜜蜂がオオスズメバチの被害に会ってないか、、、蜂場を巡回する。
ここには7個の巣箱、、、
向かって左端の巣箱のみ、先日からオオスズメバチの被害に会っている。
Img_6297_1024x683
今日は、たまたま午前中の巡回が出来なくて、夕方16時頃巡回  
ややっ!
やられてる、、、、巣門の前は蜜蜂の死骸で埋め尽くされている。
Img_6289
捕獲器を外したら、、、うわ~酷い
Img_6292_1024x683
蜜蜂に殺されてるオオスズメバチもいるが、、、
Img_6293_1024x683_2
捕獲器にかかったオオスズメバチは、ほんの数匹、、
Img_6295_1024x683
こうしてる間にも、2匹、3匹とオオスズメバチが飛んでくる
次々と、網ですくって、足で踏みつぶし、、、
Img_6291_1024x683
捕まえて、足で踏み殺したオオスズメバチ、、、
発見がもう少し遅ければ、全滅だったろう、、
捕獲器を巣門の前につけてるので、オオスズメバチは巣箱の中には入れない。
しかし、巣門の前に近づくオオスズメバチをめがけて、働き蜂が攻撃を仕掛けるために、次々と噛み殺されるのである。
ジ~と、巣箱の中に閉じこもってたら、こんなことにはならないのに、、、
巣箱の蓋を開けて、中を見なければならないが、、、かなりやられた!
Img_6294_1024x683
もう、朝夕、涼しくなってきたので、スダレの日除けを取り除いて、、、
ネズミ捕りの粘着シートを、巣箱の蓋に置く第二の対策の実施を急がねば、、、
トウモロコシを一本
茹でて,実を包丁で外し、茹でシラスを混ぜて,繋ぎに小麦粉を少々、、塩も少々
畑たくさん生ってるピーマンに詰めて、フライパンに油をしいて、並べて、蓋をして焼く、、
最後に、湯を少し入れて、蓋をして蒸して出来上がり!
Img_6310_1024x683
ピーマン、、切るの面倒、、米ナスは皮が硬いので,皮剥いて、適当に切って、、
余ったトウモロコシの実、茹でシラスを混ぜて、フライパンでサラダ油と胡麻油で炒めて、、
塩、味醂、醤油、酒、オイスターソースで味付けして、、
正直言って、美味しいです!
赤くなったピーマンも、彩りに、、、
Img_6311_1024x683
今日も拙いブログに来てくださり、ありがとうございました。
「菜園」「花、ガーデニング」部門に登録しています。
人気ブログランキング ← 一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです.。

« ホタテのヒモ料理 | トップページ | 成長した雉の親子 »

コメント

うわ~、、、こりゃひどいですね。

巣門を網で覆ってるこのタイプの捕獲器でここまでやられるとは。。。
内側にある巣門を覆う網の所に取り付いてたんですかね?
いずれにせよ、これではペッタンコで対処するしかないですよね。

ヒルガオか朝顔か見分けがつかないのですが、
夏の終わりの花で和テイストたっぷりの親しまれる花ですね

にっくきスズメバチ、やはり蜜蜂達、やられていたんですね
可哀想に、あんなに小さな身体の何倍もあるスズメバチに立ち向かうって凄い
自分たちを守る為に命をかける、何かの小説の様でもあります
自然の中で生き延びるってとても大変な事なのでしょうね
私も刺されて痛く辛い思いした為か、見ただけでゾッとします
なんでこんなにスズメバチの類が増えたのでしょうか・・・ハァ〜

トウモロコシの入ったお料理、栄養満点美味しそうです
口の中の食感がコロコロ賑やかに楽しいメニュー
大人も子供も喜ぶ事間違いなしですね

恐ろしや、オオスズメバチ。
弱肉強食の世界を生き抜くのは、蜜蜂にとっては、なかなかたいへんですね。

ナベショー様

今晩は!今帰宅しました、雨が降ったり...変な天気でしたね。
ミツバチさん達、大変な目にあいましたね。さっそく対策お願いします。
来年美味しい蜂蜜いただきたいです。(^_^;)
トウモロコシとシラスの賄料理、作ってみました。美味しかったですよ!!
肉詰めばかりではないんですね。

いろは様
今日、ペッタンをつけました。
止せばいいのに、かかっていくから噛み殺される、、、困ったものです。

イクラの母さんさま
1~2匹くらいなら、たくさんの蜜蜂が攻撃して、刺し殺してしまうのですが、5~6匹でやってこられると防ぎきれないようです。
秋になると、オオスズメバチの巣の蜂は1~2000匹にも増えて、幼虫の餌が足りなくなるために、蜜蜂を襲うようになる。
だから、西洋蜜蜂は、野生では生きていけません。
自然の生存競争のきびしさ、、でも、それでバランスが取れてるのでしょう。
トウモロコシ、、の料理 我が家の定番料理になりました。

nonohana626さま
西洋蜜蜂は、まだ日本で飼われるようになって数百年、、まだオオスズメバチへの対処の知恵は備わってないようです。 だから、人が管理しないと生きてゆけない。

キジ母さま
お天気、次々の台風接近のため、安定しませんね。
毎年、毎年、、オオスズメバチとのバトル、、こまめに見回り、巡回するしかありません。
ちょっと、油断すると、やられますね。
トウモロコシとシラス、、美味しいでしょう!
数年前、焼津大崩れ海岸の下にある料理旅館 石上 で出された料理が美味しかったので真似しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602158/64162017

この記事へのトラックバック一覧です: オオスズメバチの大襲来:

« ホタテのヒモ料理 | トップページ | 成長した雉の親子 »

バナー

無料ブログはココログ