« 間引き野菜 | トップページ | シークァーサー果汁と蜂蜜 »

2016年10月14日 (金)

大きくなりすぎた庭の木々

はちみつの通販HPのナベショーのはちみつ屋

蜜柑のはちみつ」、初夏のはちみつ 」、真夏の「カラス山椒の蜂蜜」、

もし、通販のHPからの注文がうまくいかない時は、昨年までと同じようにお電話またはFAX(054-638-3402) またはブログのサイドバーのメール通信から、ナベショーに直接ご注文ください。

昔懐かしい香りのお茶 「ナベショーのお茶」はマルミヤ製茶さん で発売中です。
Img_6860_683x1024
イタドリの花
子供の頃、早春の里山にニョキニョキと顔を出すイタドリ、、、
太短いのを選んで、根元から折る、、
皮をす~と剥いて、、、、少し酸味があるが、よく食べた。
秋になると、背丈以上に伸びて、白い花、、、、よくよく見れば綺麗な花!
庭の手入れがなかなかできない。
自宅を持った時、、、
花も果実も楽しめる里山ガーデン、、、なんてコンセプトで、いろんな果樹や木々の苗を植えたら、、、
どんどん大きく成長して、いささか手に負えなくなってきた。
先日、庭の側の道を通りかかったご婦人が、、、
いろんな木々の花が咲き、実がなって、、子供の頃を懐かしく思い出しながら通るのですよ、、、と。
自分の年齢が70歳を越えると、、、、
この先のこと、あれこれ思いめぐらせてしまう、、、
ヤマモモの木、、、大きくなりすぎた、、、
2年前に、造園業者さんに枝を整理してもらったが、もう元の木阿弥
いっそのこと、根元からばっさり切ってもらおうか、、、?
Img_6886_683x1024
西條柿、、、毎年、たくさんの実がなって、昨年はたくさんの干し柿を作ったが、、、
干し柿は楽しみだが,木は更に大きくなり、実を採るのが大変に、、、
さて、どんな風に剪定すればいいのやら、、
Img_6889_683x1024
ボンタンの木、、、これは大切に、、、
Img_6893_683x1024_2
いつの頃か、勝手に生えたエノキ、、、こんなに大きくなってしまった、、
まだまだ大きくなりそう、、、
Img_6887_683x1024
他にも、紫スモモ、梅の木、杏、白モクレン、甘夏、侘助椿、モミジ、、どれも、これも半端な大きさじゃない、、
Img_6890_1024x683_1024x683
この20数年間、、出来るだけ自然の形に伸ばして、里山の雑木林風のワイルドガーデンを維持してきたが、、、、、、、少々限界かな、、?
何時ものことながら、ピーマンとピーナツ、鶏肉の中華風
Img_6902_1024x683
柿、里芋、生姜のスライスして、油で炒めて、塩振って、、、チップスに、、
柿は火を通すと、甘さが増すね。
Img_6901_1024x683
今日も拙いブログに来てくださり、ありがとうございました。
「菜園」「花、ガーデニング」部門に登録しています。
人気ブログランキング ← 一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです.。

« 間引き野菜 | トップページ | シークァーサー果汁と蜂蜜 »

コメント

切らないで!!
小学校の時にある日学校から帰ってきたら、いつも遊んでいた社宅の公園の木が切り倒されていて、その場で号泣したのを覚えてる。
自転車置き場になった場所。昔よく遊んだ木。

ヤマモモの木ずっといてほしいよ。

イタドリの花、今が見ごろ、白いのや赤いのや、ピンクのやといろいろ咲いて楽しませてくれます。
我が家は、大きい木は、主人が低いところで幹を切ってしまい、変な格好になってしまっています。
高い梯子をかけての作業はたいへんだから、低くしたそうです。

イタドリの花、アスチルベにも似ている様ですが
茎が竹の様に節があるのですね
それこそ一面満開だったらさぞかし素晴らしいでしょう

大きく成長した木が伐採される様は、他所のお宅の木でもガッカリ寂しく思う事あります
古い家が建て壊しになると同時に大木は次々伐採され、ビルが林立
後に植樹された木は、シマネトリコ?(フィリッッピン原産)繁殖力猛威
オシロイバナ顔負けの繁殖力、良いのか悪いのか、困った感じあります。

木の寿命に限界があるのであれば、むしろ伐採が好ましいと思うのですが
出来れば切らずに想い出と一緒に残したい、と私の願いですが
大木になる木々は、管理の事を考えると、悩みますね〜

ナベショー様

今晩は~今日は快晴でしたね。お布団干したりお掃除したり、午後はジムへと忙しくしてました。
我が家も今年の2月に植木屋さんに入ってもらい、大きな木を整理してもらいました。
くぬぎの大木はばっさりと切りました。松類などは半分の高さにしてもらいました。
不思議なことに剪定しただいだいの木は今年は実がたくさんなっております。
私が一番好きな蠟梅の木はとっても元気で冬が楽しみです。
しかし大きな木は年を取ってくると不安になりますよね...お手入れするのも大変ですもの。

LAの次女さん
昔、大竹の社宅で、そんなことがあったんだね~
確かに、久しぶりに帰国して、家の庭の見慣れた樹が無くなってたら悲しいね。
生きてる限りは、手入れしながら切らずに残したいよ。
二号店開店も間もなくだね。

nonohna626さま
イタドリの花、、目立たないようですが、よく見ると絵になりますね。
庭の木、、自然な姿を残しつつ、さりげなく手入れをする、、、造園業者さんに相談するのがいいでしょうね。
高い木に脚立や梯子は、危険、、大怪我の元ですからね。

イクラの母さんさま
あちこち満開で咲いてますが、目を留める人は、ほとんど無し、、、花が小さいので目立ちません。
古い昔ながらの旧家の庭、、年を取り、手入れも出来なくなって、思い切って大きな木を切ってしまう、、
最近は、特に増えてますね。蜂蜜のクロガネモチ、、どの家の庭にも大木がありますが、どんどん切られて少なくなっています。
悩みますね、、、

キジ母さま
今日はさわやかな気持ちの良い日中でしたね。
庭の植木、、家を建てた時は、いろいろ植えますが、自分の先が見えてくると、さて、、、と悩みます。
各個、木の種類と状態によって、各論で対処すべきでしょうね。
お金もかかるし、、、

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602158/64348330

この記事へのトラックバック一覧です: 大きくなりすぎた庭の木々:

« 間引き野菜 | トップページ | シークァーサー果汁と蜂蜜 »

バナー

無料ブログはココログ