« 産業祭二日目 | トップページ | 紫の小菊 »

2016年11月 7日 (月)

YUKO KITCHEN ダウンタウンの二号店

はちみつの通販HPのナベショーのはちみつ屋

蜜柑のはちみつ」、初夏のはちみつ 」、真夏の「カラス山椒の蜂蜜

ギフトセットもあります。

もし、通販のHPからの注文がうまくいかない時は、昨年までと同じようにお電話またはFAX(054-638-3402) またはブログのサイドバーのメール通信から、ナベショーに直接ご注文ください。

昔懐かしい香りのお茶 「ナベショーのお茶」はマルミヤ製茶さん で発売中です。
Img_7520_1024x683_2
秋も深まり、チェリーセージが生き生きと咲き乱れる
Img_7521_683x1024_2
11月の気候が、セージ類には適してるのだろう。
Img_7522_683x1024_2
LAのダウンタウンにオープンした次女のYUKO KITCHEN 2号店
ダウンタウンはレストランの激戦地
この歴史的な古い建物の一階部分を改装、、
Img_5627_21
10月28日から11月4日までソフト オープニング
つまり、試運転、慣らし運転、、というところかな、、
14590241_10211377360735662_10500861
そして、いよいよ11月5日(土)にはグランド オープニング 
14368780_10211401079168608_60799431
屋外には緑もいっぱい
丸太棒まで、、、  
14955878_10211472491833880_46642088
店内には、1号店と同じく、お馴染みの1ドルの手作りクッキーやケーキが並ぶ
グリーンのクッキーは、マルミヤ製茶さんから直送の抹茶入りだよ!。
14910460_10211433831587398_60247575
壁には、アーテイストが描いた奇妙な絵、、
天井には大きな扇風機が回り、排気ダクトが這う
14938238_10211462330539854_13716195
2年前だったか、3年前だったか、、、
1号店を、ほとんど従業員だけに任せられるようになり、
暇な時間を使って、2号店に適したところを探し、、、
ダウンタウンを隈なく歩き、、、
遂に見つけたところは、家主との交渉において、魚料理は出してはならぬ、、とか、何かと制約が多い、、
いろいろ裏の事情がわかってきて、ストレスで胃潰瘍になりかける
とっても、気に入ってのに、遂にそこをあきらめて、、、
今のところを見つけた、、、、
ダンススタジオだったところをレストランに改造、、、
ところが、改装工事を負った建築屋、、、小さな店舗の改装しか経験がなかったため、、
築100年の文化財の建物の大がかりな改装に大いに手間取って、、、延々と時間も費用もかかったが、、、
遂に工事完了!
ホントに、ご苦労様、、、開店おめでとう!
お客さんとツーショットのYUKOさん
Img_1666_2
今日も拙いブログに来てくださり、ありがとうございました。
「菜園」「花、ガーデニング」部門に登録しています。
人気.。ブログランキング ← 一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。

« 産業祭二日目 | トップページ | 紫の小菊 »

コメント

YUKOさんやるねえ。そのエネルギーをちょっと分けてほしいわ。想像に絶する苦労、こちらにいるとよくわかります。

Bon Voyage and Good Luck.

ナベショー様

おはようございます、こんな時間に失礼します。
ご長女様がどんな経緯でアメリカにいかれたか存じませんが...異国の土地でお店を出してそして2号店まで出されるなんて並みの努力ではありませんね。
ナベショー様も最初はさぞご心配だったでしょうね。
素敵な雰囲気のお店ですね。
ナベショー様と奥様 飛んで行きたいでしょうね!

咲き乱れるチェリーセージの様に華やかな2号店デビュー
本当におめでとうございます💐

現在に至る迄の道のりは、以前ブログでお話伺っておりましたが
一般的には乗り切れない大きな山や谷
遠くから見守るご両親のご心配もよそに、見事に乗り切られましたね
日本人として誇れるストーリー
ナベショーさんご夫妻もご安心の事でしょ〜♡

お客様とツーショットのYUKOさんの笑顔と風貌
とても幸せ感溢れていらっしゃいますね

ナベショーさん、養蜂はご長男にバトンタッチされましたし
YUKO Kitchen、藤枝ブランチ3号店オープン🍳
第三の人生、如何でしょうか

お嬢様、2号店おめでとうございます。
1号店より広いように思いますが、実際はどうなんでしょう。
雰囲気は似ていますね。
1号店にも、グリーンがありましたし、クッキーもありましたし、今すぐでも飛んで行きたいのですが、なんせ、ほんとに飛ばないと行けないため、そうかんたんには行けません。

Yashさん
1号店に至るまでも、大変でしたが、今回はどうなることやら、、果たして改装が出来るのか、、
随分と胃が痛かったことと思います。
海外で何かをする、、ほんとにたいへんですね。

キジ母さま
メイン通りから入った路地角の隠れ家のような一号店が繁盛したのが幸いでした。
少女時代からの、マイナスもプラスも含めた全ての体験が、1号店の成功につながってるように思います。
たぶん、LAだからこそ成功、、日本ではやっていけなかったことでしょう。
日本で心配しても、なにも出来ることはなし、、、飛んで行っても言葉はわからず、、

イクラの母さんさま
改装工事がいっこうに進まず、時間と資金ばかりが延々と、、、
もう飛行機は飛んでるの、、飛び降りるわけにはいかないのよ~と嘆いてた時もありました。
いろんな困難を乗り越える度に、学んでいくのでしょう。
まずは良かったです。
きっと1号店と同じように繁盛することでしょう。
さあ、、、ぼくはこれから何を、、、?

nonohana626さま
1号店よりも、かなり広いようですよ。
お店の雰囲気もスタイルもよく似てますね。
そのうちに、全米の都市にチェン店がどんどん増えて、、、なんてことに、、
ほんとに飛んで行かねば行けないので、簡単じゃありませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602158/64458169

この記事へのトラックバック一覧です: YUKO KITCHEN ダウンタウンの二号店:

« 産業祭二日目 | トップページ | 紫の小菊 »

バナー

無料ブログはココログ