« 捨てること | トップページ | 里芋の親芋で、、、 »

2016年11月14日 (月)

ゼラニュームの花

はちみつの通販HPのナベショーのはちみつ屋

蜜柑のはちみつ」、初夏のはちみつ 」、真夏の「カラス山椒の蜂蜜

ギフトセットを僅か残すのみ、完売いたしました。

来年の5月まで、お楽しみに!

昔懐かしい香りのお茶 「ナベショーのお茶」はマルミヤ製茶さん で発売中です。

Img_7790_683x1024

ゼラニュームの花

秋も深まって、涼しくなったからか、再び咲き始めてる。

Img_7814_683x1024
家々の出窓に置かれたプランターに、美しく咲き飾られた真っ赤なゼラニューム
昔、ドイツなど北欧に出張した時の忘れえぬ景色
Img_7842_683x1024
間延びしたゼラニュームの茎を10センチくらいに切って、赤玉の土に挿しておくと、容易に根が出て、、、、
色んなゼラニュームを増やして、庭に植えた。
今は、園芸店にいろんな新種のゼラニュームの苗が売られている。
これらを増やして、プランターに植えて、家の軒下の周囲や庭に植えるのも楽しいだろうな、、
Img_7840_683x1024
今日は、静岡県中部家畜保健衛生所にて、畜魂慰霊祭
日本で家畜とされているのは、牛、馬、豚、羊、山羊、鶏、、それに蜜蜂
人の豊かな生活のため飼育されている動物が家畜
一度、鳥インフルエンザ、牛の口蹄疫やBSE、蜜蜂のアメリカフソ病などが発生すると、その病気が周囲に伝染しないように、多くの該当する家畜が処分される。
家畜保健衛生所の技師、獣医さんらにより、掘られた大きな穴に数千、数万の鶏を埋めて、白い石灰を蒔いている光景をTVでご覧なった方も多いと思う。
このような多くの家畜の命の犠牲の上に、人の豊かな生活が成り立っている。
先日、福一さんで買った大きなワカサギと小さ目の真鰯
5%の塩水に30分浸して、干物に、、、
Img_7640_1024x683_1024x683
大きなワカサギはカレー粉入りの小麦粉をまぶしてムニエルに、、
Img_7642_1024x683
真イワシは、小麦粉をまぶして唐揚げにして、南蛮漬け
一緒に添える玉ネギ、ピーマン、人参、、も美味しい。
Img_7646_1024x683_1024x683
極めつけは、真鰯の干物の焼いたの、、、
買った干物は塩が強いが、自身で作ったのは、いい塩梅でとても美味しい!
Img_7644_1024x683_1024x683
今日も拙いブログに来てくださり、ありがとうございました。
「菜園」「花、ガーデニング」部門に登録しています。
人気.。ブログランキング ← 一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。

« 捨てること | トップページ | 里芋の親芋で、、、 »

コメント

どこでも咲いていて、花のない季節を賑わせているゼラニューム
簡単に挿し木が出来、株も大きく増え頼もしい植物ですね
どうでもイイ様でそうでない不思議な花に思えます。

食生活は感謝の気持ちを忘れてはいけないです
色々な家畜の命の犠牲により、人間がより豊かな食生活がおくれている事
関係各位の皆様による慰霊祭は、消費者の代表でもあり有り難く感謝しています

福一さんの魚の値段も安くてびっくりですが
ワカサギの大きいのには、びっくらポンです
食べ応えありそう、美味しかった事でしょうね。

ゼラニューム、こんなに美しいのだと、再確認です。
畜魂慰霊祭、パソコンの前ですが、手を合わさせていただきます。
そして、下へ画面を移動すると、おいしそうな魚の料理、少し複雑な気持ちですが、今晩は我が家も魚かなと、思っています。

ゼラニウム大好きなお花です
昔から外国の窓辺の真っ赤なゼラニウムに憧れています。
遅れ馳せながら13日のお誕生日おめでとうございます✨玄人はだしのお寿司でお祝い何よりでしたね(=^x^=)
元気に一年一年誕生日を迎える事、ここ何年か有り難く思えるようになりました。
ナベショーさんも毎日充実した日々を送られ、息子さんに生涯取り組めるお仕事をナビゲートして渡される潔さに尊敬します。
次は何に熱中されるのでしょうか\(^-^ )

イクラの母さんさま
ゼラニューム、、それに、夏の日照りの中で、水を遣らなくても枯れないのが良いですね。
渡り鳥がやってくる季節、、鳥インフルエンザが心配です。
福一さん、、、僕には手が出ない高級魚もたくさん売ってますが、僕はその日の安い魚しか買わない、、、
このワカサギは、特に大型のもの、、美味しかった。
普通のは、もっと小さいですね。

nonohana626さま
ゼラニューム、、割といいでしょう!
たくさん咲いてると迫力があります。
はい、本来は精進料理でしょうが、感謝して鶏、牛ではなく魚料理で、、

ちょきママさま
僕もそうです、、ゼラニュームは少し臭いので、あまり好きでなかったけど、ヨーロッパの絵のような家々の赤いゼラニュームで好きになりました。
誕生日、、ありがとうございます。
後、何回、元気に自分で握るお寿司が食べられる誕生日を迎えられるかな?
すでに、この年齢になってしまったら、出来るだけ心身共に健康でありたいと願うばかりです。
でも、さしあたり、何をしようかな?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602158/64493243

この記事へのトラックバック一覧です: ゼラニュームの花:

« 捨てること | トップページ | 里芋の親芋で、、、 »

バナー

無料ブログはココログ