« サーモンと白菜、豆腐の簡単鍋 | トップページ | もう春が来たような、、 »

2017年1月16日 (月)

満観峰から花沢山へ

はちみつの通販HPのナベショーのはちみつ屋

昨年のはちみつは完売しました。

今年のはちみつは5月初です。

Img_9967_1024x672

花沢山から下る登山道より、、、、の富士山

連日、冷え込みの強い冬の天気

寒い寒いと言って、家の中でエアコン入れて、本を読んだり、TVを見たり、、、、

では、よろしくない。

妻は足が少し痛いとか言ってるので、一人でウオーキングに、、、8時出発!

途中の観光バス会社の車庫

どこへ行って来たのか、屋根にたくさんの雪

Img_9846_1024x683
道路の端、、カチカチに凍ってる
Img_9856_1024x683
時々、前を通る度に気になってる居酒屋
Img_9873_1024x683_2
メニューをアップしましょう!
僕の好きそうなのが並んでる
Img_9871_1024x668
藤枝バイパス 道の駅 宇津ノ谷峠の手前を、、、
Img_9875_615x401
廻り沢方面に折れる、、、
Img_9877_1024x683
廻り沢の集落を通り、山間の道、、、
Img_9879_1024x683
農家の人達が蜜柑の選別をやっている
Img_9883_1024x683
山道が全面、コチコチに凍ってるところもある。
Img_9888_1024x683
花沢の里の手前、、、左が満観峰への登山道
Img_9895_1024x683
約2km、、、、満観峰の頂上へ
Img_9905_1024x683
残念ながら、、富士山の頂上付近に雲がかかってる
Img_9924_1024x683
安倍奥の雪を被った山々、、、1500mから1800m
Img_9918_1024x683
焼津、小川漁港、、、
Img_9908_1024x683
さて、現在地の満観峰、、、前回登った時は、小坂公民館へのルートで下山したが、、、、
今回は日本坂峠を経て、花沢山からJR用宗駅に至るルートで、、、
Img_9925_1024x682
満観峰から,一直線の急坂をどんどん下って、、、日本坂峠、、
今度は花沢山への一直線の急登、、、
妻も一緒だったら、絶対にギブアップだったろう、、、、
僕自身も、かなり大変だったが、年齢の所為だろうね。
Img_9941_1024x683
やっと花沢山頂、、、展望はほとんど無い。
Img_9953_1024x683
頂上から、どんどん下っていくと、木々の間から太平洋
Img_9956
急斜面の道、延々と綺麗に積まれた石垣の間を下る、、、
昔、棚田だったのか、、、それとも蜜柑畑だったのか、、、
昔の人達のこんな山の斜面に石垣を積む労力たるや、凄いこと!
Img_9962_1024x683
日本坂トンネルを通過する新幹線
Img_9969_1024x683
15時過ぎ、、、JRの用宗駅にやっとたどり着きました!
歩数計、、、、33000歩
Img_9974_1024x683
夕食は、、、牛肉のすき焼きでした!
Img_9979
今日も拙いブログに来てくださり、ありがとうございました。
「菜園」「花、ガーデニング」部門に登録しています。
人気.。ブログランキング ← 一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。

« サーモンと白菜、豆腐の簡単鍋 | トップページ | もう春が来たような、、 »

コメント

雪を冠った富士山は、神々しく心洗われる様です。

キリリと寒さで引き締まる身体を燃え上がらせ
歩いた距離33000歩、15kmくらいでしょうか?
一度チャレンジしてみたい距離ですが、無理でしょ、私には

最近話題になっている、昔炭坑で栄えた島
自然の中の至る所に人間の知恵と力が見られる様は
現代人として何か教えられる気分になります
密柑畑跡地に残る石垣も同様に、
本当に昔の人の惜しまぬ労力に頭が下がる思いです

行く道々は凍り付き美しい景色と危険が隣り合わせ
緊張感もかなりあるでしょうね
かなりハードな汗をかいたと思いますが気持ちよかったのでは
無事お帰り、お疲れ様でした💐
温かい牛肉のすき焼き、いつも以上に美味しかったでしょ〜

すごいなぁ…
確か古希は過ぎてたとおもうけど…
などと思いながら拝見させて頂きました。

しかし、蜜柑って愛媛もそうだし、伊豆もそうだけど
海の見える山の斜面に多いんですよね!
潮風がいいのかなぁ…?

ナベショー様

今晩は、今日は少しは寒さが和らぎましたかね。7時過ぎの帰途で思いました。
富士山が見える景色、いいですね~
主人と花沢の里から満観峰へ行きたいねと言ってます。
主人は山男なのでいいのですが、私の足が心配なんだと思われます。
まあゆっくりゆっくり登ろうとは思っております。たしか梅の時期も良いと聞いたことがあります。
オージービーフはお野菜と一緒にコンソメで煮ようかなと思ってます。
すき焼きもおいしそうですね。
JR用宗駅に奥様が迎えに来てくださったのですか?

イクラの母さんさま
この季節、富士山がもっとも美しいですね。
33000歩、、どれくらいの距離でしょうか、、?
昔は一歩が80センチでしたが、今は60センチくらい、、20kmくらいでしょう。
実際に歩いてみれば、歩けるものですよ。
須磨から六甲山を歩いて、宝塚まで、、56km歩いたのが最高です。山の上まで続く茶畑や蜜柑畑、、竹藪を切り開いて開墾した昔の人の労力に頭が下がります。でも、この十数年で放棄され、、元の竹林に戻ってしまいそうです。
2000年かかって作られた日本全国の水田もどんどん耕作放棄されて、元の原野に戻り、イノシシの住処になろうとしてます。
昨日は、急な登山道が凍結してたら引き返すつもりでした。
疲れて帰ってきたら、美味しいご馳走を食べることが楽しみです。

North Waveさま
古希を過ぎて72歳、、60歳代のようには、だんだん身体がついていかなくなってきました。
甘い蜜柑は、暖かい太陽の日が当たる斜面が良く育つようですね。

キジ母さま
今日は冷たい風も弱まって、暖かい一日でしたね。
三寒四温、、暖かい日も多くなることでしょう。
花沢の里からの満観峰往復なら、誰でも簡単に登れます。
是非、頂上からの富士山の美しい姿をご覧ください。
用宗駅からJRで西焼津へ、、ちょうどバスの時間がぴったり、、、ラッキーでした。

お久し振りです。ポチっはしています。
健脚ですねぇ。用宗駅の北側に大雲寺。お寺から 200メートル位先の お宮さんから
 上り道があります。私達は <城山さん>と言っていた 用宗城址の小高い山に 登ると
結構 いい景色ですよ。 
今年も 楽しみに ブログを 見させていただきます。

シーちゃんさま
ポチ、、ありがとうございます。
満観峰、花沢山、、意外と大変厳しい山でした。
満観峰から蔦の細道方面への尾根道の表示があったので、次回は挑戦したいと思っています。
まだ、75歳までは低山歩きをしたいものです。
用宗城址も登ってみたいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602158/64771699

この記事へのトラックバック一覧です: 満観峰から花沢山へ:

« サーモンと白菜、豆腐の簡単鍋 | トップページ | もう春が来たような、、 »

バナー

無料ブログはココログ