« 大阪歴史博物館と大阪城へ | トップページ | 遅れ、遅れの蜜柑の開花 »

2017年5月11日 (木)

蜜蜂、、女王蜂が生まれてる!

蜂蜜の予約、ご注文はナベショーのはちみつ屋ホームページ へどうぞ!

先日から今年の蜂蜜の予約受付をしていましたが、春の蜂蜜については、一旦終了いたします。

詳細はホームページをご覧ください。

Img_4118_683x1024_3

チェリーセージ

セージ類にとって、日本の四季では、今の気候が合っているのでしょう!

一年中、晩秋まで咲くセージ、、、今が最も元気で美しい。

Img_4279_683x1024
息子に移譲した養蜂業
今は採蜜や内検で、最も忙しい時期
それで、僕が、来年の為の、新しい女王の群れを育てる役割を担うことに、、、
もっとも、ダニ駆除のための農薬を使わないオーガニック養蜂もトライしている。
採蜜の為の大きい群に出来た王台の巣碑枠を小さな巣箱に移して、僕の蜂場に息子が置いていく。
Img_4402_1024x683
栗の木の下の蜂場、、、涼しそう、、、
Img_4408_1024x683
小さな巣箱の中には、2~3枚の巣碑が入っている。
2週間前には王台だったのが、1週間前には小さな新女王が誕生して、
やがて発情して巣から飛び出し、空中で雄蜂と交尾して、巣箱に帰って来る。
最高10匹くらいの雄蜂と交尾するそうな、、、
交尾が終わると、小さかった女王蜂のお腹は大きくなって、産卵を始める。
でも、6月頃には、交尾飛行中にツバメに食べられて、巣箱に帰って来れない新女王も多い。
梅雨のため、交尾飛行が幾度も出来ないと、蓄える精子が少ない。
写真中央に見える新女王は、まだ交尾前、、、、働き蜂よりも小さい。
Img_4395_1024x591
巣枠の右端に写ってるアメ色の新女王も、まだ未交尾、、、
Img_4400_1024x650
縞々の女王も、まだ小さい、、、
Img_4398_1024x650
そして、無事に交尾に成功し、十分の精子をお腹に蓄えてた新女王
毎日、1500~2000個以上、4~5年間、冬の間を除いて、産卵し続ける。
Img_4393_1024x636
でも、養蜂家は、余程素晴らしい女王蜂でない限り、毎年新しい若い女王蜂に更新する。
Img_4394_1024x669
更新群の内検は、とても楽しい。
内検の度に、、、、
王台のまま、、、まだ生まれてない、、、
素早く走り回る小さな女王、、、生まれてる、生まれてる!
生まれてるはずなのに、、何処にもいない????
小さい、、、まだ交尾して無いのかな~?
どこを探しても、小さな新女王が見つからない、、、、どこに行ったんだろう?
交尾飛行中かな?
いや、ツバメに食べられたのだろうか?
大きく膨らんだお腹の新女王と、産卵された卵があると、ほっと安心!
例年ならGW中にはは咲き始めた青島蜜柑の花
それが、今年に限って、まだ咲かない、、
蕾は、白く膨らんではいるのだが、、、
既に、甘夏系は咲き始めているのだが、、、
Img_4406_1024x683
今年は、3月、4月の気温が上がらず、、、
春の花の開花は遅れ、蜜蜂の群れも大きくならず、、、
桜、菜の花、藤の花の「春の蜂蜜」が十分に貯まらず、、、
この数日、やっと採蜜出来たようですが、数量は大幅に少ないようです。
でも、来週くらいから、蜜柑の花が満開になりそう、、、
蜂に聞いてみないと分かりませんが、5月末には蜜柑の蜂蜜を含む「皐月の蜂蜜」
例年並みに採れればラッキー、、、いや無理かな、、、、、、と。
6月には、クロガネモチの初夏の蜂蜜、、、
でも、梅雨入りが早くて、連日雨ばかりの日が続くと、採れないし、、、
実に、養蜂は水もの、、、
引き継いだ息子の養蜂、、、何とか順調にスタートして欲しいもの、、、
もちろん、いろんな困難、難題に遭遇はするだろうが、、、
皆様、応援してください。
Img_4407_1024x683
今日も拙いブログに来てくださり、ありがとうございました。
「菜園」「花、ガーデニング」部門に登録しています。
人気.。ブログランキング ← 一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。 

« 大阪歴史博物館と大阪城へ | トップページ | 遅れ、遅れの蜜柑の開花 »

コメント

藤枝の柑橘も開花が遅れてるようですね!

昨年の今頃には沢山の花が咲き始めた庭の柚子、
今年は未だなんの辺かも見られない…
裏年なんかなぁ、心配!
こちらも暫く様子見です。

チェリーセージの美しいこと!!!

養蜂もなかなたいへんですね。
蜂は生き物だし、その蜂の食べ物も植物の花、気象条件その他によって、大きく左右されることがあり、人間の力ではどうすることもできないことが多いようですね。

みかんがまだ咲いてないのですか?
随分と遅いですね。
こちらはもう終わりかけてる木もあります。
今年は色々とおかしな状況になってますね。

更新群の内検だけは気楽にできますね。
蜂も少ないし女王もすぐ見つけられる。
居なくても”本当に居ない”ことが確信できる(笑)。
交尾が終わって産卵を確認した時は本当に嬉しいです。

North Waveさま
以前は、GWに蜜柑の花を見ながらお茶を揉んでたのに、、、、
今年は、どうなってるのでしょう?
多少に気候変動はあるにしても、、、
お茶の問屋さんが、、
今年はお茶の新芽が途中で開いてしまい、散々な出来具合、、と嘆いてました。

nonohana 626さま
野菜作りも、お茶作りも、、自然相手の仕事は皆同じ、、、逆らってもしょうがありません。
でも、どんな状況に置かれても、最後につじつまを合わせるのがプロ、、、とやせ我慢張ってるのですが、、、

いろはさま
蜜柑、、今日やっと青島蜜柑の開花が始まりました。
例年ですと、GWの前後には咲き始めてたのに、、、でも、昨年は、咲いて、すぐ終わってしまったような、、、
今年は、少々、変ですね。
更新群の内検、、ほんとに気楽ですね。
小さな女王が、ちょこまか、ちょこまかと走り回ってるのが楽しくて、、、
交尾後に、産卵を開始してくれてると、ほんとにうれしいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602158/65266529

この記事へのトラックバック一覧です: 蜜蜂、、女王蜂が生まれてる!:

« 大阪歴史博物館と大阪城へ | トップページ | 遅れ、遅れの蜜柑の開花 »

バナー

無料ブログはココログ