« トロロアオイの花 | トップページ | 秋の七草 女郎花 »

2017年8月11日 (金)

百日紅の花

蜂蜜のご購入は、ナベショーのはちみつ屋ホームページ へどうぞ!

皐月の蜂蜜【蜜柑他)と初夏の蜂蜜(モチノキ、アカメガシワ他)、販売中です。

Img_7033_2
真夏の花 百日紅(サルスベリ)
Img_7109_1024x683
中国では、夏の間咲き続けてるので百日紅と呼び、、
日本では、木の幹、枝がツルツル、、、木登りの上手な猿さえも滑っしまいそうなのでサルスベリという。
Img_7149_627x394
今日は、比較的涼しくて、曇り空、いや、ポツポツ雨が降りそう、、、、、
曇った暗い日は、産卵された小さな卵が見え難いのだが、蜜蜂の内検を決行、、、
一箱のみ継箱を置いた採蜜群
真夏の蜂蜜 カラス山椒の蜜がかなり入っている、、、月末には採蜜出来そう!
息子の蜜蜂はどうなってるかな?
春の低温のため、春の蜂蜜は収量が少なかったが、その後の皐月の蜂蜜(蜜柑他)、次の初夏の蜂蜜(モチノキ、アカメカシワ)は、昨年よりもたくさん収穫したという。
例年よりも、遅れ、遅れで心配したが、ひとまず安心
初夏の蜂蜜は、アカメガシワの蜂蜜が主、、、とっても甘い美味しいハチミツです。
ここ数年、農家の高齢化、一人暮らしの老人が増えて、庭樹の立派なクロガネモチの大木を切ってしまう家が多くなった。
金持ちになるという縁起の良い木なのに、、、
ところが、クロガネモチの代わりに,急に増えてきたのがアカメカシワ、、、、
道路の側、荒れ地、河川敷、山間部、、、至る所にアカメカシワの木、、、
初夏の蜂蜜はアカメカシワが主になってしまいそう、、、
でも、とっても甘い美味しいハチミツ!
Img_7273
曇り空の涼しい日、、とは言え、巣門には蜜蜂がいっぱい
Img_7274
蓋を開けて、産卵の様子、女王蜂が元気か否か、貯蜜は大丈夫か、、、
等をチェック
5月に割り出した王台を含む2枚の巣碑、、、
それが、単箱いっぱい、9枚の巣碑枠にまで増えた。
昨年12月以来、農薬系ダニ駆除剤を使用しない養蜂をトライしているが、今のところダニの寄生の兆候は見られない。
昨年12月、3枚群の巣箱2群でスタートし、9群に増えた、、、、
でも、油断は禁物
8月、9月、満杯だった強勢群が、あれよあれよと急激に蜂が減り、1っか月で群れが全滅、、、これがダニ被害の恐ろしさ、、、
昨年秋、ダニ被害で、全滅に近い被害に会った人もいた。
Img_7269
トウモロコシ1本を茹でて、1/4、、、実を包丁ではがして、茹でシラス、ピーマンのみじん切りを卵1個に混ぜて、、、
カツオ出汁、お酒、味醂、塩、砂糖で味付けして、
フライパンに薄く油を引いて、、弱火で焦がさぬように焼いた。
ウン、なかなか美味しい!
Img_7276
人気ブログランキング ← 一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。今日も拙いブログに来てくださり、ありがとうございます。

« トロロアオイの花 | トップページ | 秋の七草 女郎花 »

コメント

農薬系ダニ駆除剤を使用しない養蜂、今までのところはうまくいっているようですね。
このまま、うまくいくと、画期的な養蜂になるのでないでしょうか。
遠い四国からも、応援しています。

nonohana626さま
今のところは、、、問題は9~10月、ダニが急増します。
でも、ひょっとするとうまく行くかも、、、と、内心密かに手ごたえを、、、

今晩は!アカメガシワで思い出しました。この木の枯れた所にはキクラゲが良く出ます。私の経験では姫路でも浦和でも見つけて収穫しています。タイミングが良いと生のキクラゲを美味しく頂けますよ。大きくなりすぎて枝を切り落として放置しておくといつの間にか小さなお猪口の様なキクラゲが発生しています。半分枯れた立木が近所で見つけ、先日も密かに収穫しました。

浦和のGGさま
今日、特にアカメガシワに注目して、歩いたのですが、新しい若い木が多くて、キクラゲは見つけられませんでした。
時々、枯れた太い木の幹に出てるキクラゲを見つけて採取することがあります。
なかなか美味しいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602158/65651856

この記事へのトラックバック一覧です: 百日紅の花:

« トロロアオイの花 | トップページ | 秋の七草 女郎花 »

バナー

無料ブログはココログ