« 百日紅の花 | トップページ | シンテッポウユリが満開 »

2017年8月12日 (土)

秋の七草 女郎花

蜂蜜のご購入は、ナベショーのはちみつ屋ホームページ へどうぞ!

皐月の蜂蜜【蜜柑他)と初夏の蜂蜜(モチノキ、アカメガシワ他)、販売中です。

初夏の蜂蜜、、今年はアカメガシワの蜜が主成分、もう味わっていただいたでしょうか?

Img_7036_1024x683

女郎花(オミナエシ)

まだまだ暑いけど、もう秋の花

女郎花は奈良時代から親しまれている花、秋の七草のひとつ、、、

畑は草ぼうぼうで末期状態、、、

8月末には雑草を完全に刈って、耕運機で耕して、秋、冬野菜の準備をしなくちゃ、、

でも畑には、南瓜や冬瓜が未だゴロゴロ、、、

昨日、採ってきた冬瓜,、、でっかくならないミニ冬瓜

Img_7279

1/4を使って、種を取り除き、皮を剥いて、、、

お出汁で煮て、片栗粉でとろみをつけ、鶏挽肉の餡をかけて、、、

Img_7282

子供の頃、父が畑に大きな瓜(ユウガオ)を栽培し、夏になると直径30センチ以上の大きな楕円形の瓜を収穫、、

庭で薄く剥いて、竹さおにつり下げて乾燥させて干瓢を作った。

この半端の瓜を煮て、片栗粉でとろみをつけたのがご馳走だった。

主菜は焼き鯖の炊込みご飯

人参、牛蒡、キノコ、油揚げ、竹輪、、それに冷凍してあった鯖の塩焼

炊き上がったら、鯖を取り出し、骨を除いて、身をご飯の上に載せる

Img_7281

身をほぐして載せる

久しぶりの炊込みご飯、、、夏なので味はしっかりと濃い目、、

Img_7284

お漬物は、キュウリとゴーヤ、ニンニク、生姜の胡麻油、醤油漬け

キュウリとゴーヤは刻んで塩振って馴染ませて、絞る

Img_7277

胡麻油、醤油、ニンニク、生姜、七味唐辛子を混ぜて出来上がり

Img_7278

いつもの、お馴染みの簡単料理

人気ブログランキング ← 一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。今日も拙いブログに来てくださり、ありがとうございます。

« 百日紅の花 | トップページ | シンテッポウユリが満開 »

コメント

こんにちわ。

冬瓜もこの、小さいサイズのがいいですね。

勝手に、生えてくるのは、長さ60センチ以上の大きなサイズ。まだ、食べては無いが、10数個。

2人で、どうやって食べるん。家族がだんだん小さな集まりになってくると、畑の野菜も、併せてくれたら・・・・・。

勝手な、ものだな。人生と同じか。

この、暑さを、乗り切ったら、いよいよ、冬野菜の配置を、考えるかな?。

明日は、お盆なのに、出勤、?。 定年を過ぎた、爺さん、何をしようか。

7階建てなのに、世間の建物より、階高の高い、建物、ぐるぐると、散歩でも??。

おいしそうだなあと思いつつ拝見していて、最後のお漬物、「おや、我が家と同じだ」と、思いました。
ただし、我が家は、今年はゴーヤをつくってないので、キュウリだけですが・・・。

bun bunさま
たまたまミニ冬瓜と書かれた苗を見つけて植えました。
夫婦二人じゃ、これくらいの大きさで十分です。
長さ60センチの冬瓜十数個、、年を越すまで食べ続けても余りそうですね。
定年過ぎて、、、年を重ね、、、日々退屈せずに過ごすのは、大変ですね。

野の花626さま
今までキュウリで作ってましたが、一緒にゴーヤを入れると、また違った味で美味しいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602158/65655824

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の七草 女郎花:

« 百日紅の花 | トップページ | シンテッポウユリが満開 »

バナー

無料ブログはココログ