« 寒いけど、蜜蜂の内検 | トップページ | コノシロの握り寿司 »

2018年2月 9日 (金)

コノシロを料理

はちみつ通販のHP ナベショーのはちみつ屋」をご覧ください。
今年のはちみつは5月頃です。

Img_5891_683x1024_2

寒い寒いと震えながら、、、

でも、花だけは、蠟梅、梅、椿、水仙、、、と、次々と咲いていく

Img_5893_1024x683
春と言えば、コノシロ
福一さんに並んでいました。
一盛り 200円 二盛りで400円
Img_5951_1024x683  
鱗を取り除き、、、
Img_5952_1024x683  
頭を取り、三枚に下ろして、脇腹の小骨を削ぎ取り、、、
Img_5953_1024x683
ここまでの下処理の手間を惜しんではならない。
間違っても、そのまま塩焼きや煮付けにして食べることなかれ、、、
小骨が多くて、食べられない、、、、
Img_5954_1024x683  
この骨は、、、、さっと塩振って、小麦粉まぶして
Img_5955_1024x683  
唐揚げに、、、、骨はほとんど気にならないでぱりぱりと食べられる。
Img_5956_1024x683
5%の塩水に30分漬けて、夕方まで干して、干物に、、、
焼いても良し、ムニエルにしても良し、天麩羅にも良し、、、!
ラップして冷凍庫に、、、
Img_5960_1024x683
半日塩して、半日酢で〆て、、、
 
Img_5964
ラップして冷凍庫に、、、
酢の和え物、握り寿司、散し寿司、、、
 
Img_5966
僅か400円のコノシロ、、、たくさんたくさん楽しめる、、、
コノシロは、小さいのから、大きく成長するにつれて、、、
新子、コハダ、コノシロ、、、と脂が乗って美味しくなるほど、価格は逆に安くなる。
新子は江戸前寿司の高級寿司ネタ!
人気ブログランキング ← 一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。今日も拙いブログに来てくださり、ありがとうございました。

« 寒いけど、蜜蜂の内検 | トップページ | コノシロの握り寿司 »

コメント

400円で、たくさんのご馳走が出てくるのですね。
まるで、手品のようです。

nonohana626さま
コノシロは安くて美味しいので、見つけるとついついたくさん買ってしまいます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602158/66375651

この記事へのトラックバック一覧です: コノシロを料理:

« 寒いけど、蜜蜂の内検 | トップページ | コノシロの握り寿司 »

バナー

無料ブログはココログ