« 春が来た! | トップページ | 山桜もソメイヨシノも早々咲いた、、 »

2018年3月24日 (土)

濃ピンクの花桃

はちみつ通販のHP ナベショーのはちみつ屋」をご覧ください。
今年のはちみつは5月頃です。

Img_7050_1024x683_2

藤枝バイパスの側道沿いの竹藪の斜面

毎年タケノコを堀りに来てたお爺さんも、1昨年から来なくなり、、、、

竹藪も荒れてきた、、、

でも、その際にある濃ピンクの花桃、、、

Img_7060_1024x681
草が生え込んで、花桃の木の下に近づくのが一苦労だが、、、
何とか花の写真を撮ることが出来t。
Img_7062_1024x706
昨年秋、梨農家から交配受粉に使って、農家の庭に置いてあった蜜蜂を引き取って、持ち帰った。
巣箱の中は、ぐちゃぐちゃになってたが、女王蜂は健在、働き蜂もかなりの数が居た。
新しい巣箱に蜂を移し替えたら、秋から12月いっぱいまで、女王がたくさん産卵して、働き蜂も増えて、巣碑枠も6枚に、、、
こりゃ~儲けもの、、と大いに期待してたのだが、、、
今年になって、2月、3月、、、いつまで経っても女王蜂の産卵が増えてこない。
巣箱の蓋を取ると、昨年に生まれた蜂で、巣箱は満杯、、、
いつになったら、女王蜂は産卵を本格化するのだろうか、、、、と、ずい分と忍耐強く待ちわびてたのだが、、、、
Img_0061_1024x735
やや、、王台が出来てるではないか!
イライラしながら忍耐強く待ちわびてたのは、僕だけではなく、この群れの働き蜂達も同じだったのだ!
働き蜂の忍耐にも限りがある。
このままでは、昨年12月来の旧働き蜂の寿命が来て、この群れは消滅の危機、、、と働き蜂は判断したのだ。
遂に、働き蜂はギリギリの決断で、僅かに産卵された卵を元に王台を作った。
約10日後には新女王が誕生することになる。
産卵しない旧女王蜂は、おそらく働き蜂によって殺されてしまうことだろう。
Img_0064_2
しかし、管理者としてのナベショーは、、、
この群れの産卵しない女王も、王台も処分、、、
この群れの6枚の巣碑枠を、2枚ずつ、他の巣箱に合同させた。
採蜜用の継箱した3群、、残りの単箱5群は梨の受粉用、、、一部は分割して7箱を供給
来週は、梨農家から要請があり次第、直ぐに対応できるように待機!
人気ブログランキング ← 一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。今日も拙いブログに来てくださり、ありがとうございました。

« 春が来た! | トップページ | 山桜もソメイヨシノも早々咲いた、、 »

コメント

非情にならなければ、ならないときも、あるのですね。

nonohana626さま
時には,非情な事もせねばなりません。
家畜の伝染病拡大を防ぐために、多くの家畜を殺傷処分せねばならないことも、、、

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602158/66533485

この記事へのトラックバック一覧です: 濃ピンクの花桃:

« 春が来た! | トップページ | 山桜もソメイヨシノも早々咲いた、、 »

バナー

無料ブログはココログ