« 春紫苑の花 | トップページ | イソヒヨドリ その後 »

2018年5月 8日 (火)

フレンチラベンダーに蜜蜂が、、、

今年のナベショーのはちみつの収穫と予約販売予定は、
息子が運営するはちみつ通販のHP ナベショーのはちみつ屋」をご覧ください。

Img_8619_1024x684

フレンチラベンダー
普通のラベンダーと異なり、ひらひらしたウサギの耳みたいな花弁が2~3本
少し雨が降ってるのに、蜜蜂が飛んできて、吸蜜してる。
Img_8613_683x1024
庭のフレンチラベンダー、、いつも数匹の蜜蜂が来ている。
広いい畑にフレンチラベンダーをたくさん咲かせたら、どんな蜂蜜が採れるだろうか。
Img_8612_1024x683_2
昨日から雨、、、明日も雨かも、、、
一昨日、蜜蜂の内検をしたら、良い女王の巣箱に立派な王台が出来てた。
分蜂熱が出ないように、いろいろ策を講じたのだが、やはりこの時期に王台が出来るのは自然の事なんだ、、、!
じっと我慢の子、、、、この王台を潰して群れをおおきくしようか、、、それとも新しい女王をつくろうか?
5月中に、必要な数の新女王、新群を作っておけば楽なんだけど、、、
6月になってからでは、新女王が交尾のために飛行すると、半分近くはツバメに食べられて帰って来れない。
今なら、ほぼ90%以上の確立で新女王の交尾が成功する。
ということで、二つばかり、王台が出来た巣碑枠と有蓋蜂児の多い巣碑枠を小さい巣箱に分離して、別の蜂場に移動した。
必要な新王が確保できれば、採蜜群の元群の女王蜂を分離してバックアップ群とする。
そうすれば、元群に王台が出来て、自然に新王に交替出来て、分蜂の心配もなくなる。
Img_8604_1024x768
昨日から雨、、、ひょっとして蜂蜜が食べ尽されて、餓死しないだろうか、、、と心配になった。
雨はほんの少ししか降っていない。
砂糖水を与えるために、巣箱の中をチェック
Img_8601_1024x768
王台をアップ
後。4~5日で新女王が誕生する。
Img_8601_1024x652
餌箱に砂糖水を供給して、、、、これで安心!
この5月は、油断できない、、、、王台を見逃したり、次回の内検まで大丈夫と思ってると、分蜂されてしまう。
少なくとも、王台があれば、その王台を小さい巣箱に入れて移動させるか、王台を潰すか、、、、判断しなければならない。
Img_8602_1024x768
新王が誕生し、交尾飛行にも成功し、産卵を開始したら、有蓋蜂児が無い状態となるので、ギ酸によるダニ駆除を行うタイミングとなる。
人気ブログランキング ← 一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。今日も拙いブログに来てくださり、ありがとうございました。

« 春紫苑の花 | トップページ | イソヒヨドリ その後 »

コメント

フレンチラベンダーの美しいこと、朝から、私の目は大喜びです。
養蜂もたいへんですねえ。
そして、いろいろの知識も必要なのですね。
感謝しながら、蜂蜜をいただかないと・・・。

nonohna626さま
フレンチラベンダー、、、普通のラベンダーとは異なりますが、なかなかかわいい花ですね。
養蜂、、なかなか難しいものです。
その年の気候によって、毎年状況が異なりますし、、
だから、面白い。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602158/66698751

この記事へのトラックバック一覧です: フレンチラベンダーに蜜蜂が、、、:

« 春紫苑の花 | トップページ | イソヒヨドリ その後 »

バナー

無料ブログはココログ