« 荒れる農道 | トップページ | 畑は草ぼうぼう、、 »

2018年8月21日 (火)

無花果の収穫

今年のナベショーのはちみつの予約、購入は、

息子が運営するはちみつ通販のHP ナベショーのはちみつ屋」をご覧ください

Img_0325_1280x853

何て可愛い花だろう!

ボキャが乏しいので、なんて言葉で表現していいかわからない。

Img_0329_1280x853_2
庭の無花果、、、毎日、数個づつ収穫
Img_0300_1280x853
かって、夕方、そっと実に触れてみて、、、
もう少しかな、、、明日か、明後日か、、、と思案しながら、翌朝には無残なり!
ヒヨドリがお先に突っついて、ご馳走様、、
キラキラテープ、CD、磁石、カラスの人形、、、いろんなヒヨドリ対策をするが、最初の数日のみ、、、
ヒヨドリとの壮絶な戦い、、、、、為すすべも無し、、
でも、数年を経て、ヒヨドリとの戦いは、ナベショーの勝ち
明朝に収穫出来そうなら、前日の夕方に収穫、、、、
以後、ヒヨドリは、我が庭には来なくなった。
次々と実が大きくなって、次々と熟していく。
Img_0301_1280x853
今日は3個の収穫!
Img_0408_1280x853
昨日の野菜の煮物,、、、たいそう評判が良かった。
今夕も、同じ茄子の煮物
茄子、南瓜、ジャガイモ、油揚げ、人参、茗荷、玉ネギ、ベーコン
味付けは、、
昆布、花カツオ、出汁の素、 醤油、味醂、酒、塩、砂糖、素麺のつゆ、水、、
それぞれ、適当に、、、
Img_0054_1280x960
煮始める時に、ざっと味をつけるが、、、小~中火で煮ていくにつれて、汁が少なくなるが、、
幾度も味見して、醤油、塩、砂糖、花カツオなど調味料を追加して微調整、、、、最後に少し濃い目くらいにして火を止める。
しかし、野菜の中から水分が出てくるので,味は丁度となる。、、、
煮物は、最後の最後まで、手を抜くことが出来ない。
20年ほど昔だったか、故郷で亡父の記念会をやった。約30人ほどの親戚が集まり、姉、妹、妻に手伝ってもらい、手作りで宴の料理を作った。
由良川の特大天然鮎の塩焼、茄子と南瓜、茗荷の煮物、焼津のマグロ大トロの刺し身、他いろいろ、、、
その時、懐かしい田舎の夏の定番料理、茄子と南瓜、茗荷、油揚げの煮物、で失敗した。
前夜、大鍋で煮物を作ったが、ちょうど良い塩梅に決めた筈の味が、翌日には薄くなってた。
他の料理を作るのに忙しくて、煮物の味を再チェックして無かったのだ、、、すでに遅し。
お客さん達は美味しいと言ってくれたのだが、、、僕にとっては誠に不本意な煮物だった。
この時、野菜の煮物は恐ろしい、、と身をもって体験した。
Img_0056_1280x960_2
これは、ばっちりだよ!
Img_0414_1280x853
煮物だけでも、ご馳走だったが、美味しい鯵の干物、、、これも最高!
Img_0061_1280x960
人気ブログランキング ← 一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。今日も拙いブログに来てくださり、ありがとうございました。

« 荒れる農道 | トップページ | 畑は草ぼうぼう、、 »

コメント

無花果にあこがれタルトを作りたくて一昨年庭に地植えしました
花屋さんが北海道でも大丈夫と言ったので
次の年11月に小さな2センチ弱の実が付きましたが
もう、霜やら雪の時期で小さい実をとって青い実が
中が赤くなるのを待って食べてみました
かすかに無花果の味
やっぱりだめなのかなー?
どこかで前年の小さな実が翌年大きくなると???
そうなのですか?
今年もすくすく枝は延びてますが実がありません
無花果は未知の果物でして
どうしたらよいかと
教えていただけると嬉しいです

ナベショーさん、TOMさんこんばんは、今日の花は「トレニア」というアフリカ原産の花でナツスミレとも呼ばれています。うす紫の花とピンクの花の咲く品種があり、こぼれ種から翌年も生えてくる丈夫な花です。

 イチジクは私も3年ほど前に植えてだいぶ生り出したんですが、昨年はハクビシンにやられ、今年は春果はサルに全部持って行かれ、今は秋果の小さいのが着いているんですがどうやって守ろうかと思案中です。

 TOMさん、残念ながらイチジクは北海道では露地栽培は無理なようです。鉢栽培で物置などに入れて冬越しをすれば作れるのではと思います。あるいは枝を低く作っておき、冬は土をかけて保護してやればいいかも知れません、それで「ビオレッタ」という品種が小型で鉢栽培も出来るとの事です。詳しくは「イチジク 鉢栽培 ビオレッタ」のキーワードで検索してもらうと栽培している方の情報が分ります。
 
 それから秋に枝に着いている小さな果実が春になって大きくなって熟すのが「春果」ですが寒冷地では無理なようで私の所(-10℃程度)でも冬の間に干からびてしまいました。

群馬の山さん
無花果の事 ありがとうございます
やっぱり北海道では難しいのですね
考えないとダメですね😊

我が家のイチジクも今が収穫期、鳥さんとわたしがいちじくのまわりをウロウロしています。
我が家は私だけがイチジクを食べますので、鳥さんのおこぼれで、充分です。
完熟のイチジクの味、最高です。
野菜の煮物も、大好き。
干物も大好き。
でも、家族には干物好きも野菜の煮もの好きもいないもので、そう頻繁には作れませんが、やはり、たまには作らないと、とおいしそうな干物や煮物を拝見しながら、思っています。

TOMさま
無花果の栽培の北限、、、今まで考えたこともありませんでした。
あらためて思い巡らすと、確かに無花果は暖かいところ、、地中海沿岸とか、聖書の記事の中にたくさん記述が出てくる、、地球温暖化が進んでるので、まもなく北海道でも栽培が可能になるかも、、?

群馬の山さん、、
この花はトレニア、ナツスミレと言うのでしたか、、
確かに,ナツスミレというイメージがぴったりですね。
ありがとうございました。
無花果、、ハクビシンに狙われたらお終いですね。
ヒヨドリなら、一個食べたらお腹いっぱい、、でしょうが、ハクビシンだと全滅ですね。
奴らも、美味しくなる熟する時を待ちわびてるので、一日早く収穫すればOKですよ。

nonohana626さま
完熟の無花果,、、、最高に美味しいですね。
ヒヨドリに先越すためには、一日早く収穫せねばならないのが残念ですが、、、
まあ、ヒヨドリも一個食べればお腹いっぱい、、残りの実は人様の物、、

暖かい地域の果物ですね
もう一つ欲張りな事を考えていて
あんぽ柿が作りたい (笑)
この柿の北限は…
りんごと葡萄と桃で我慢でしょうかね
無いものねだりですね

今年はスズメバチがすごく多いです
あんなに女王蜂をやっつけたのに
3本のccレモンの罠が働き蜂で満杯です
もう15本位作り直してます
去年ほとんどいなかったのに今年は大変です
ブルーベリーの後半の収穫は諦めました

TOMさま
渋柿の品種で実が生ったら、干し柿に出来そうですね。
ぶどう、林檎、桃、、、以外に杏子やスモモはどうでしょう?
こちらでは、黄色スズメバチは、すでにやって来てますが、オオスズメバチの姿は見かけません。
記録的な猛暑の為か、5月に退治したからか、、、興味深々です。

あ!  そうでした
女王蜂をやっつけたのはオオスズメバチでした
今、ボトルに万客万来なのは黄色スズメバチ
そうゆうことですね~~~~(><)

TOMさま
養蜂仲間の情報でも、今年は、まだオオスズメバチの姿は見えないそうです。
猛暑の為か、、、?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602158/67081692

この記事へのトラックバック一覧です: 無花果の収穫:

« 荒れる農道 | トップページ | 畑は草ぼうぼう、、 »

バナー

無料ブログはココログ