« サゴシのお刺身と焼き物 | トップページ | 薩摩芋の料理 »

2018年9月27日 (木)

雨が多い、、蜜蜂に砂糖水を!

Img_1111_1280x853
マルハルコウソウ
朱色の可愛い花、、、小さいけどたくさん群れて咲くので、美しい。
昨日から降ってた雨が、午後になって止んだ。
ここ数週間、雨の日が多く、蜜蜂の蜜源となる花も咲いてない。
先日、内検したときに、貯蔵蜜がほとんど無い巣箱が半分くらい、、、
これは大変だ、、、蜜蜂が餓死してしまう。
蜜蜂の餌である砂糖水をポリタンに入れて蜂場へ、、
Img_0013_1280x960
雨上がり、、おや、、オオスズメバチが捕獲機の中に、、、
そこに他のオオスズメバチがやって来て、ホバーリング、、
Img_0008_1280x960
注意深く、慎重に、、、虫捕り網で捕まえました。
Img_0010_1280x960
さて、本来の仕事、、
巣箱の蓋を取り、端の給仕箱に砂糖水を入れて、、、、これで安心!
巣箱により、貯蜜がいっぱい残ってるのや、ほとんど無いのや、、、いろいろ!
とにかく全部の箱に砂糖水を入れて、今日の仕事は終わり。
Img_0012_1280x960
秋にこれだけ雨の日が多いと、ダニを駆除するための薬剤のアピバールが、ほとんど効かないのではなかろうか?
アピバールは水によって加水分解しやすい化学構造なので、梅雨や秋の長雨の時には分解されてしまう。
数年間、全国的にダニが猛繁殖して、蜜蜂に大被害が及んだ。
この年を思い出してみると、ダニの駆除を行う9月が数週間の長雨だった。
今年の9月、、、アピバールを使用してる養蜂家、、、ダニ駆除は大丈夫だろうか?
僕自身は、2年前より、ギ酸によるダニ駆除やってるので、雨には影響されない。
春から夏にかけての採蜜期が終わり、8月の末より9月中旬までギ酸によるダニ駆除を実施し、どの巣箱からもダニが見られなくなった。
農薬系ダニ駆除剤を使わないで、ギ酸のみによるダニ駆除の実験、、、間もなく2年になる、、、、
4月から8月までは、蜂蜜も採取出来たし、ほぼ、技術的に確立出来たかな、、、、
人気ブログランキング ← 一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。今日も拙いブログに来てくださり、ありがとうございました。

« サゴシのお刺身と焼き物 | トップページ | 薩摩芋の料理 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/602158/67214117

この記事へのトラックバック一覧です: 雨が多い、、蜜蜂に砂糖水を!:

« サゴシのお刺身と焼き物 | トップページ | 薩摩芋の料理 »

バナー

無料ブログはココログ