« 冬越した蜜蜂、、元気かな? | トップページ | お好み焼きと烏賊腸チャーハン »

2019年2月 3日 (日)

インフルエンザの流行

Img_3128

インフルエンザが流行
僕の住む地域の小学校と中学校は学級閉鎖になってるらしい。
僕自身がインフルエンザにかかったことは、記憶にある限り4回
現役時代、広島県大竹市の社宅に住んでた頃、子供達や妻がインフルエンザにかかって、みんなが治った頃に僕がかかった。
それはひどいもので40℃の高熱が出た。
医者にかからずに寝てたが、解熱剤のバッファリンを飲むと、熱は38℃くらいに下がって楽になる。
ところが、再び40℃近くになる。
また、バッファリンを飲む、、、、そんなことを繰り返してるうちに、強烈な頭痛が襲った。
調べてみると、バッファリンの成分はアスピリン、、、
アスピリンを続けて飲んでると、副作用によって強い頭痛、、そのために死亡する例もあると、、、、。
こりゃだめだ、、、、と、ついにバッファリンを飲むのを止めて、インフルエンザが治った妻が飲み残した抗生物質の薬を飲んだら、間もなく熱も下がり、インフルエンザが治った。
10年ほど前、37℃を越える熱が出たので、医院へ、、、、
検査をすると、香港A型、、、直ぐにタミフルを処方してくれた。
今晩39℃くらいに上がるかもしれませんが、明日朝には下がってるでしょう、、と。
実は明日、所要で大阪へ行く予定なのですが、、、、大丈夫でしょうか?
う~ん、、どうぞ、大丈夫とは言えません。
何年か前、お正月明けの伊豆下田のウオーキング大会に参加するため、JRで出発した。
その前に、妻がインフルエンザにかかって治った頃だったので、もしや感染してはいないか、、、と心配しながらの出発、、念のため体温計を持って、、、、
熱海で体温を測ると36、8℃下、、、平熱より少し高いな~
次に伊東で計ると、37.6℃、、、、ああ、ダメだ。
すぐに、宿泊予定の下田の宿にキャンセルの電話、
即、引き返して、自宅に着くなり、かかりつけの医院へ、、、
その時は、38℃、、、、
直ぐ検査したが、まだインフルエンザの反応は無し、、、
でも、医者は、まずインフル間違いなし、予防的処置としてタミフルを処方してくれた。
今晩、39℃まで体温は上がるでしょうが、明朝には下がるでしょう。
その通り、翌朝は平熱に下がった、、、
昨年の今頃、、予防注射をしてた妻が、熱はあまり出ないが、どうも変、、、、インフルだろうか、、、、と言いながら1週間ほどグズグズ、、、
医者へ行ったが、反応が無いのでインフルではないでしょうと、、、
その一週間後に僕がおかしいので医者に行くと、インフルエンザ、、、
すぐにタミフルを飲んで、ひどくはならなかったが、、、
ぼくがかかりつけの医院と、妻が行く医院は異なる。
妻がかかる医院は、熱が出ても、インフルの反応が出ないと、タミフルをださない。
僕のかかりつけの医者は、状況によっては反応が無くとも予防的処置としてタミフルを処方してくれる。
予防注射をすると、症状が軽いので、ぐずぐずしてるうちに、他の人に感染させることもありうる様です。
何はともあれ、外出から帰ったら、手洗いとうがい、絶えずお茶をがぶがぶと飲む、、、
今のところは大丈夫。
カレーを食べると元気が出る
Img_3201
ブログランキング 一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。今日も拙いブログに来てくださり、ありがとうございました。

« 冬越した蜜蜂、、元気かな? | トップページ | お好み焼きと烏賊腸チャーハン »

コメント

詳しい「インフルエンザ」のお話~大変に参考になりました。ありがとうございます。

高齢になると「細胞」が古くなって、いろいろな「バイキン」に嫌われ~「通過」していくようです。花譜・・・何十年と「熱」を出したことがありません。栄養だって「いいもの」を食べていません。「粗食」です。「マスク」も嫌いで、やったことがありません。

息子のウチ(横浜)などは早くから、「ウチ中」で「風邪を引いて」います。息子は「夏」でも「マスク」で通勤だそうです

インフルエンザの季がやってきましたね。
まだ、身近に、インフルエンザの人はいませんが、だれかインフルエンザにかかると、すぐ、もらってしまいますので「クワバラ、クワバラ」です。

ナベショーさんこんばんは(*´∇`*)
今、ナベショーさんのブログを初めから読んでるんですけど…もしかして、ナベショーさんは新潟県出身の方ですか?私は生まれも育ちも福岡県なんですけど、父方が新潟県出身で、曾祖父が転勤で福岡県に来てそのまま住み続けてるだけで、習慣や食文化は新潟のまま、幼少期から祖母が作ってくれる「ひずなます」が大好物でして…(///ω///)♪あの大きな鮭の塩漬けも、毎年祖母の妹から送られてきます( ☆∀☆)もし、そうなら、とっても嬉しくてテンションが上がっちゃいました♪ちなみにうちは、村上市出身なんですよ~!藤沢周平さんの鶴岡に近いのでそれもとっても嬉しいです♪
葉室麟さんの作品がご縁で、ナベショーさんにはいろいろなお話を聞いていただき、大変感謝しています(*^-^*)ありがとうございますm(__)m若輩者ですがこれからもよろしくお願い致しますm(__)m
「辛夷の花」と「あかね空」も今週末早速探しに行ってみますね♪
では、良い夜をお過ごしください~♪
お邪魔しましたー(≡^∇^≡)

何度もすみません(^o^;)
2年前まで耳鼻科に勤めてましたが、やはり、インフルエンザはナベショーさんがおっしゃるとうりに、ワクチンを打たれて備え、それでもかかってしまった時は、タミフルやイナビルを服用がベストだと思います。
あと、佐賀県の武雄市の小学校が、生徒にR1を飲ませてインフルエンザ0で過ごしたそうで、私も一昨年から飲み始めましたら、段々と風邪もひかなくなりインフルエンザにもかからなくなりました(^^;(明治の宣伝ではありませんです(^o^;))
今年も感染せず無事にシーズンを終えれるといいですね(*^-^*)

花譜さま
何十年と「熱」を出したことがありません、、、、って本当ですか!
凄いです、、信じられないくらい、、お丈夫なんですね、、、いや、きちんと健康管理をされてるのでしょうね。

nonohana626さま
インフルエンザの季節、、これにスギ花粉が重なると最悪、、、
ぼつぼつヤバイですね~
あちこちで歩く妻がまず感染して、その後に僕に、、、というパターンですね。

ミイコさま
僕の出身、故郷は、新潟県ではなく、同じ日本海側の裏日本、山陰地方の丹波綾部です。
山の峠を越えると若狭湾、、、日本海の魚が美味しいところ、、、
秋は深い霧で覆われ、冬は寒くて雪が降り、、、北陸と似た気候ですね。
藤沢周平さんのファンは、葉室麟さんの作品も好きになるのでしょう。
近くの本屋さんが閉店になり、最近はもっぱらAmazonで購入することが多くなりました。
葉室麟さんで検索すると、まだ知らなかった本がたくさんあって、これから楽しみです。
インフル、、、注意してても、感染する時はしてしまう、、、熱の出始めにタミフルを飲むと、軽く済みそうですネね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インフルエンザの流行:

« 冬越した蜜蜂、、元気かな? | トップページ | お好み焼きと烏賊腸チャーハン »

バナー

無料ブログはココログ