« 酔芙蓉の花 | トップページ | サーモンの洋風炊込みご飯 »

2019年10月 3日 (木)

薩摩芋の収獲

Img_6465-1280x853

鶏頭の花

大きな花の種類ではなく、細い小さな花

このほうが絵になる。

Img_6463-1280x853

今晩から雨が降る、、、という予報

留守してる娘に頼まれて、畑の薩摩芋掘り

鎌で蔓を根元から切って、根元から少し離れたところに鍬を入れて、、、

芋を傷つけないように掘り起こす、、、

けっこう体力の要る作業、、、

Img_6525-1280x960

これだけ収穫が出来ました。

大きさも収穫量も、まずまずの成績

種類は 安納芋

Img_6527-1280x960

蔓の茎も少しだけど収穫して、、、

ザックザックと切って、胡麻油で炒めて、醤油、味醂、砂糖、酒、出汁 で味を付けて、、

Img_6529-1280x960

汁が無くなるまで煮詰めて出来上がり。

料理の本などには,皮を剥いて、、、など書いてあるのもあるが、、

そんなことをすると、すっごい手間、、そして炒めるとずるずるに崩れてしまう。

皮のままでも十分柔らかい。

 Img_6530-1280x960

さて、さっそく、焼き芋に、、、

2週間ほど前に試し堀りして、室内で後熟させてあった芋と、今回の掘り立ての芋

オーブントースターで50~100℃で1時間、、、デンプンの糖化を促して、、、

次に220℃で1時間、、、

ホクホクで柔らかく焼き上がりました。

Img_6534-1280x960

左側、二つは、今日掘ったもの、、、

右側3つは2週間後熟させてあったもの、、、

黄金色のねっとり感触、、、これぞ安納芋

やはり、掘り立ての薩摩芋は美味しくない、、、室温での後熟期間が必要、、

焼き芋もなかなか難しい!

Img_6536-1280x960

ブログランキング←一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。

« 酔芙蓉の花 | トップページ | サーモンの洋風炊込みご飯 »

コメント

今は、画像のような鶏頭があるのですね。新しい品種ですか?
色も形もラベンダーに似ていますね。

質問です。
オーブントースターで50~100℃で1時間とは、どうすることですか?
その後220℃で1時間ですよね。
糖化を促す大事なところです。
教えてください。

どこかに触れて2通行ったかも知れません。

momoさま
新しい品種でしょうね。
昔から馴染んでる大きな花の鶏頭とは異なるようです。
オーブントースター、、、100℃が最低の温度設定なので、最初100℃に設定して、途中で電気を切ったり、、またオンにしたり、、、まあ、こんな具合で糖化をやっております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 酔芙蓉の花 | トップページ | サーモンの洋風炊込みご飯 »

バナー

無料ブログはココログ