« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月

2020年5月30日 (土)

11年前の茶畑、、今は蜂場

Img_0013-2-427x640

ポピー、、、なんて可愛い花だろう!

息子が、蜂激減の状況の為、今年の通販での販売を中止し、私が代わりに注文を受けることになった。

問い合わせ頂いたお客様のほとんどは、お名前を存じているかってのお客様、、、

気が付いたこと、、、2015年の注文表と比べて、、個々のお客さんの注文数がそれぞれ数倍に増えてること、、、

この数年間、ず~と息子が大切にフォローしてくれてたのだ。

さて、今までの数年間、ご近所と農協のファーマーズマーケットでささやかにのんびり販売してたのが、、、、

今回は大変な事になったよ!

桜の蜂蜜、蜜柑の蜂蜜、、、予約注文の電話やメール、、日々集計していくと、だんだん在庫が怪しくなってきた。

遂に、注文予約数が収獲量に限りなく接近、、、、こりゃ、、ダメだ!

農協のファーマーズマーケットへの出品はパス、、、、、

それでも駄目

最後の切り札、、、1週間前に蜜柑の蜂蜜を採取した時、少々貯蜜が少なかった巣碑枠は、採取せずに雨の日が続いた場合の餌不足対策に、巣箱に残していた。

昨日の内検で、それらの巣碑枠が、ハツミツで満杯、蜜蓋をしていた。

クロガネモチの蜂蜜が貯まりかけてるので、長雨になっても餌不足で飢え死にする心配はない。

OK,OK これで何とかなった!

今朝は4時起床

夜明けの朝焼けが美しい!

 Img_0031-640x480

蜜蜂は、まだ目が覚めてない、、、巣門の前で涼みながら眠ってる。

Img_0033-640x480_20200530154501

目星をつけてあった全部で16枚の蜜蓋した巣碑枠を取り出した。

Img_0035-640x480

本日のテレビ朝日の「人生の楽園」の短縮版 再放送 

11年前の美しい茶畑、、、は、半分は荒れてしまったが、半分は茶樹を整理して蜂場となった。

Img_0036-640x480

数年前にオオシマザクラとクロガネモチの木を植えた。

こんなに大きく成長、、、

ほんとうは、茶畑を整地して、全部に桜とクロガネモチの木を植えたかったが、もうそれは体力的に無理になってしまった。

Img_0039-640x480

さて、自宅に持ち帰った蜜枠

遠心分離器で蜂蜜を絞った、、、

Img_0043-640x480

ポリタンク 1本 24kg 蜜柑の蜂蜜が採れました。

これで安心、、、中旬にはクロガネモチの蜂蜜も採れそうだし (梅雨の長雨になりませんように、、、)

ブログを見ていただいてる読者の方、ご近所の方、、何とか行き渡りそうである。

Img_0045-640x480

桜と蜜柑の蜂蜜、、全て完売しました。

ありがとうございました。

息子を通して、予約注文いただいた方々には、明日から梱包、順次発送いたします。

残念ながら、ご注文出来なかった方は、6月下旬のクロガネモチの蜂蜜が採れるまでお待ちください。

発売は、このブログでアナウス、ご案内申し上げます。

ブログランキング←一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。

2020年5月29日 (金)

垂れ下がるウツギの花

Img_0005-2-427x640

庭のウツギ

垂れ下がって咲く、、けっこう様になっている。

25年前、広島県大竹市に単身赴任してた頃、山に咲くウツギの小枝を挿し木して、根が出たのを藤枝の自宅の庭に移した。

今日も、4時起床、、朝から蜜柑の蜂蜜の充填作業、、

数量が、どうしても足らない、、、

いよいよ明日、早朝には最後の切り札

蜜柑の蜂蜜を収穫した時、まだ十分に蜂蜜が貯まっていない巣碑枠、、、を、一群当たり、1~2枚残している。

もし、採蜜後に雨日が数日続いたら、蜜蜂は飢え死にしてしまうからだ。

もう、今はその心配はない、、、

先日の内検の時に確認したら、すでに蜜蓋をしている巣枠も10枚以上、、、

それらの貯蜜巣枠から蜂蜜を採ったら、、どれくらいの量が確保できるか?

Img_0030-640x480_20200529190201

久しぶりのお好み焼き、、、500mlビールも1本

Img_0029

ブログランキング←一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。

2020年5月28日 (木)

今日も蜂蜜の充填作業

Img_9943-427x640

チェリーセージ、、、、可愛くて愛らしい!

梅雨前線が、本州南の海に横たわってる、、、、

高気圧の強さ、異動に影響されて、梅雨前線が北上したり、南下したり、、、

晴天でなくても良いから、雨さえ降らないで欲しいもの、、、、

Img_9950-640x427

今日は蜜蜂の内検、、、8時には現地へ、、、

5月21日、22日に蜜柑の蜂蜜を収穫したが、その後1週間経った。

蜜柑の花は咲き終わり、代わりにクロガネモチの花が咲きだした。

既に、かなりの蜂蜜が貯まっている、、、、これ全部 クロガネモチの蜂蜜!

6月中旬には、収穫できるように、、、、祈る思い!

毎日、週間天気予報をにらめっこ!

内検の後は、蜜柑の蜂蜜の充填

500gX72本、、250gx60本

明日も、ラベルを貼って、さらにガラス瓶を洗浄して、さらに充填して、、、

今日は木曜日、、、明日は金曜日、、後二日で全部の充填作業を終了するのは難しいかな、、?

蜜柑の蜂蜜、、希望されてる方々、全員に行き渡るようにしたいもの、、、

Img_0026-640x480_20200528202501

ブログランキング←一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。

2020年5月27日 (水)

今日も真夏日

Img_0002-2-640x430

ピエールドウロンサールという名前の薔薇

妻が、咲いてる、咲いてる、、と騒いでたので見に行った。

庭の一角、緑の陰で一輪、咲いてた。

蕾から、開きかけ、、、ピンクと白の色合いの美しさ!

午前中の涼しいうちに、庭の畑にトウモロコシの苗と、、、、

Img_0006-640x480_20200527185001

オクラの苗を植えた。

Img_0005-640x480

側のズッキーニが大きくなり始めた。

毎朝、人口受粉、、、直ぐに収穫できるほどの大きさに成長

Img_0008-640x480_20200527185001

部屋の気温はどんどん上昇、、、

とうとう28.5℃、、、30℃に近い真夏日

湿度が35% 低いので、暑さほどには不快感が無い。

今日も蜜柑の蜂蜜の充填作業、、、、

今週中には、充填作業を終わらせたいが、、、

Img_0001-640x480

鱧の焼き物の散し寿司

やはり、散し寿司はご馳走!

素人料理人の鱧料理、、、骨切りが、まだ下手なので、骨が切れてないところがある。

皮一枚を残して、1mm間隔で包丁を入れないと骨は切れない。

骨に注意して食べて下さい、、、、こんなこと料亭ではお客さんに言えないね。

Img_0016-640x480_20200527185101

ブログランキング←一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。

2020年5月26日 (火)

蜜柑の蜂蜜、、充填中

Img_9931-640x427

軒下に咲いてるピンクのゼラニューム

先日、収穫した蜜柑の蜂蜜

ガラス瓶を洗浄し、乾燥し、蜂蜜をタンクから濾過、充填し、キャップをして、キャップシールして、ラベルを貼り、、、

全部で400本近く、、、

昨年は、数量も少なかったので、ぼちぼちと充填し、近所の方々への販売と農協のファーマーズマーケットに出品してた。

ところが、今年は、僕から独立してた息子の養蜂、、、蜜蜂が激減してネットでの通販を中止とのこと、、

従来からのブログの読者の方々のお客さんを、僕の方で対応できないか、、、と。

桜と蜜柑の蜂蜜の予約のメールを頂いた方々、、、ほとんどの方は、5~6年前の販売記録にある懐かしいお名前ばかり、、、

ファーマーズマーケットへの出品は、しばらくパスして、発売を楽しみにしてる近所の方達とブログのお客さんを最優先

何とか、お問い合わせを頂いた全ての方々への対応が可能となった。

とんでもない計算間違いをしてないか、幾度も、幾度も数え直し、、、まずは大丈夫だろう。

今は、ひたすら、蜂蜜の充填作業とラベル貼、、、

桜の蜂蜜のみのご注文の方への発送は既に終わりましたが、桜と蜜柑、蜜柑だけの方への発送は6月初旬になります。

楽しみにお待ちください。

6月中旬に、幸いにも天候に恵まれて、クロガネモチなどの初夏の蜂蜜が収穫出来たら、このブログで販売のアナウスをします。

Img_0030-640x480

昨日、福一さんで買った背黒鰯、、袋詰め放題300円

Img_9997-640x480_20200526200401

ご飯のお友達、、、

南蛮漬け、

Img_0026-640x480

甘露煮、、、

Img_0028-640x480

焼いた干物、、、、丁度の塩加減

Img_0027-640x480

今日の夕飯は、昨日の鱧の焼き物

鱧は淡白で上品な美味しさ

Img_0032-640x480

鱧の卵の煮物、、、醤油と砂糖、酒で煮た。

暖かいご飯の上に載せて、、、、

Img_0033-640x480

ブログランキング←一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。

2020年5月25日 (月)

魚料理は楽しい!

Img_9936-640x428

薔薇の花、、、ピントを合わす花は、後ろか前か?

手前の花に合すのが正解でしょうね。

一週間に1度 焼津の魚、、福一流通センターへ

今朝、漁港に揚がったばかりの背黒鰯

袋、詰め放題 300円

もろに袋に欲張って一杯詰めたら、多すぎて持て余す。

ほどほどに入れて、、、300円

お腹が切れていない新鮮な鰯

Img_9997-640x480

久しぶりに生きた鱧  すぐに血抜きして、、、

鱧いくら?

1000円 一匹1000円でした。

約1.2kg

Img_0004-640x480

久しぶり贅沢しよう、、、アオリイカ 800円

Img_0021-640x480

さて、背黒鰯は、、、、

唐揚げにして、酢と砂糖、少しの醤油に漬けて、、、玉ネギ、ニンニク、生姜を薬味に、、

つまり、南蛮漬け

Img_0001_20200525202201

平鍋に入れて、醤油、酒、砂糖、、、生姜、山椒の実 

コトコトと静かに煮詰めて、、、決してかき混ぜない。

美味しそうな小鰯の佃煮

Img_0013-640x480

さて、これは?

5%の塩水に30分浸して、屋外に、網の中で半日干す。

小鰯の干物

Img_0020-640x480

さてさて、鱧は?

木のまな板、2枚並べて、、

Img_0006-640x480

二枚に下ろして、骨を取り除く、、、

Img_0008-640x480

鱧料理に欠かせない骨切り

出刃包丁で、ギシギシと骨切り

関西のスーパーでは、骨切りした鱧がトレーに入れて売っていた。

真夏に鱧調理を頂くのが関西、、、関東では鱧料理を食べる習慣が無いらしい

Img_0011-640x480

オーブンで焼いて、醤油タレをかけて、、、

この香ばしい香り、、、鱧寿司、鱧ちらし

Img_0016-640x480

今日の夕食は、、

鱧、アオリイカ、小鰯の天麩羅、、、新玉と干し桜海老、烏賊のゲソでかき揚げ

Img_0023-640x480

今日は、半日、魚料理をしてました。

ブログランキング←一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。

2020年5月24日 (日)

クロガネモチが咲き始めた!

Img_9940-640x427

小さな花のアンジェラ、、、たくさん咲くので、かなりの見栄え、、

僕の蜂場の近くに、クロガネモチの大木が2本ある。

蜜柑の花に続いて咲くのがクロガネモチ

つい先日、蜜柑の蜂蜜を採取、、、

次は、クロガネモチと思いながら、木の下に軽トラを止めて、木を見上げると、、、

蜜蜂が群がってる。

Img_9977-640x480  

枝を見ると、まさに小さな蕾が開きかけている。

Img_9974-640x427

半分くらいがチラホラ、、

Img_9973-640x427

このクロガネモチの木は大きいよ!

木の下にいると、ザ~ザ~という蜜蜂の羽音がする。

一週間の天気予報、、幸いなことに一週間のほとんどが晴れ、、、

晴れ天気が2週間、続いてくれたら、、、、

蜜蜂君、、当てにしてるよ!

中途半端に梅雨に入って、長雨が続くと、せっかく貯まった蜂蜜を、蜜蜂が食べてしまう、、、、

当然だが、、昨年がそうであった。

クロガネモチの蜂蜜は、爽やかで高貴な香りがする。

このクロガネモチの木は大きいよ!

Img_9979-640x480

今日は、蜂場の草刈、新女王の割り出し群にダニ駆除剤(アピバール)の挿入、、など、結構忙しい一日だった。

今晩も、毎度のサーモンの炊込みご飯

Img_9980-640x480

炊き上がった後、サーモンの骨を取り除いて、ご飯の上にトッピング

Img_9981-640x480

ブログランキング←一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。

2020年5月23日 (土)

再び11年前の「人生の楽園」

Img_9929-640x437

白蝶草、、、一昨日にアップしたが、もう一度、、

青空を背景に白い花が美しい!

蜜柑の蜂蜜の採取後の内検、、、

取りあえず、全部の巣箱を2段箱にしたが、、、

蜂がひしめいて、溢れそうな巣箱は3段箱に、、、

下段の育児、産卵エリアの貯蜜枠や全面有蓋蜂児の巣碑枠は、2~3段目に移して、空いた下段に空巣碑を入れて、、、

出来るだけ、女王蜂の産卵域を増やしてやる。

王台から新女王が誕生してたり、誕生した新女王が産卵を始めてたり、、、

来年の為の新しい女王の割り出し群も、全て新女王が産卵を開始、、、全て概ね良好!

懸念材料は天候のみ、、、空梅雨になり、蜜柑の次のクロガネモチの蜂蜜が採れますように、、、!

この蜂場、、20群の巣箱を置くとなると、少々拡張せねばなるまい。

Img_9925-640x443

さて、今日の土曜日18時からのテレビ朝日の「人生の楽園」はご覧になりましたか?

新型コロナウイルスの状況から「人生の楽園」は、新たな撮影を自粛し、過去に放映した中で、西田敏行さんが印象に残っている回の再放送をすることになったそうです。

「もう一度会いたい楽園の主人公」シリーズとして、過去の放送回を半分に短縮,

編集して、2回分をまとめて1回の放送にする。

前回から、新シリーズが始まってますが、僕と妻が出演した11年前の2009年5月23日に放映された「夢香る夫婦のお茶作り」、、

本日の番組で予告され、来週、5月30日(土)18時から、テレビ朝日にて放映されます。

11年前のお茶畑の一部、今は蜜蜂の巣箱を置く蜂場に変わり、、、

Img_9964-640x360

60歳のリタイヤー後に同時に始めたお茶作りと養蜂、、新茶の茶摘みのGWに最も忙しいの蜜蜂の作業が重なり、巣箱が増えるにつれて両立が困難に、、、

お茶作りは、その後にリタイアーされた八木さん御夫妻に引き継ぎ、、

僕は、養蜂に専念、、、その後、息子に全部移譲しましたが、再び小規模で再開して今に至ってます。

僕と妻が出演した回が、新シリーズに選ばれたことは、実に懐かしく、光栄、かつ嬉しいことです。

11年前、、若いです。

Img_9965-640x378-640x378

今晩の夕食 福一さんの大きなサーモン

ムニエルで頂きました。

Img_9960

ブログランキング←一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。

2020年5月22日 (金)

今朝も4時起きで採蜜、、

 Img_9810-640x427

薔薇、、次々と、美しい花が咲く、、、

冬の剪定、施肥、消毒、、、一年間の苦労が報われるシーズン

同じく、養蜂にとっても、一年間の苦労が報われるのが、蜜柑の花の蜂蜜の収獲期

昨日に続き、今朝も4時起床、、、

5時から作業開始

僕が蜜枠を引き上げて、蜂を振って、妻が3枚づつ軽トラに運ぶ。

7時前には自宅へ、、、

Img_9921-640x480

蜜蓋を切って、遠心分離機にかけて、蜂蜜を分離する、、、

午前中で作業は終了

蜂蜜を採った後の空の巣枠を、蜂場の巣箱に返しに行く

少し窮屈だろうが、3段継箱の巣箱も、とりあえず、全部2段に、、

6月は、春に生まれた新蜜蜂も寿命が尽きて、これ以上蜂は増えないし、むしろ減り気味、、、

猛暑の夏を迎えるにあたり、蜂を濃くして勢いを保つためにも、出来るだけ2段箱にする。

明日は内検をして、それぞれの巣箱の状況に合わせて、調整、、、

まだ、月末まで蜜柑の花が咲き残るが、間もなくクロガネモチが開花、、、

何とか、梅雨の長雨が降らず、空梅雨で有って欲しいもの、、、、

昨年は、梅雨の長雨の為、クロガネモチの蜂蜜が採れなかった、、、。

Img_9924-640x413

今日は疲れた、、、この体力、、後何年、養蜂がやれるかな?

諸先輩は、80歳代は、みな現役、、、、

ブログランキング←一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。

2020年5月21日 (木)

蜜柑の花の蜂蜜

Img_9877-640x427

白蝶草、、、確かに白い蝶々みたい、、

長~く咲き続け、庭での存在感を示しつつ、、、

Img_9871-640x427

昨夜は、一時俄雨もあったが、朝から夕方まで曇り、、、

朝4時に起床、、、朝ご飯を食べた後、直ぐに蜂場へ出発

蜂場の10個ある巣箱のうち半分の5個、

巣碑枠から蜂を巣門の前に振るい落とし、さらに刷毛で払い落とす。

巣門の前に広げた新聞紙、、、ぞろぞろと蜂が巣箱に中に入っていく。

僕が、蜜枠から蜂を払い落とす、、、

妻は、蜜枠を3個ずつ、蜂場から坂を登って、農道側に停めた軽トラに運ぶ。

Img_9912-640x480

5時から作業を始めて、6時半頃には終了

軽トラに積んだ蜜枠、、、

Img_9913-640x480

自宅の部屋の中、、、蜜蓋を包丁で切って、遠心分離機で蜂蜜を分離する。

午後3時過ぎに終了、

一人で作業するには、これくらいの量が良い、、、これ以上多いと、一日で終わらない。

全部で約90kgの蜜柑の蜂蜜、、糖度もOK 

ジャスミンのような爽やかな蜜柑の花の香り、、、色も薄く、、、素晴らしい蜂蜜です。

空の蜜枠を蜂場の蜜蜂に返却し、部屋を綺麗に片づけて、器具の洗浄など、明日の採蜜に供える。

Img_9917-640x480

今日は早朝から、よく働いたので、夕食には牛肉のステーキ

久しぶりにビール、、アサヒスーパードライ500ml

Img_9918-640x418

ブログランキング←一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。

2020年5月20日 (水)

白いウツギの花

Img_9901-640x427

白いウツギの花

25年以上前、広島県大竹市の工場に単身赴任してる時、週末は中国山地をひたすら歩いたが、その時咲いてた白い花、

小さな枝を挿し木して、藤枝の自宅の庭に植えた。

ず~と毎年、白い花を咲かせる。

Img_9898-640x427

ウツギの仲間もたくさんあるようです。

Img_9896-640x427

今日は、朝、7時に自宅を出て、、蜜蜂の内検

今日の様子を見て、蜜柑の蜂蜜を採取する日を決める。

巣箱の蓋を開けて、巣碑枠の間の白い蜜蠟が出来てる状態ならOK

Img_9908-640x480

巣碑枠を引き上げると、、、、

半分くらいが蜜蓋で覆われている。

明日の天候は曇り、明後日は快晴、、、

明日と明後日、二日間で蜜柑の蜂蜜を採取することにした。

今日、午後は、その準備作業で、結構忙しかった。

蜜柑の蜂蜜は最も収量が多く、養蜂にとっては一番心がワクワクする時である。

明日は4時起床、、、

Img_9909-640x480

今夕食は、鯵の干物の焼き物

生の塩焼よりも干物の焼いたのが美味しい。

Img_9910-640x480

茹でたブロッコリー、新玉ネギは丸ごと電子レンジで、、、

花カツオをかけて、お醤油で、、

Img_9911-640x480

ブログランキング←一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。

2020年5月19日 (火)

ピンク色のウツギ

Img_9894-640x443

ピンク色の美しいウツギ

Img_9886-640x435

名前は?  ネットで見ると、いろんな名前が載ってて、よくわからない・

Img_9895-640x450

昨日に撮った庭の畑

トマトと茄子、ピーマン、、、こんなにあれば食べきれないほど採れそう、、

Img_9835-640x480_20200519191901

キュウリは6本、、すくすく伸びてネットに絡みつきだした。

昨夜から今日の午前中まで雨が降り、良いお湿り、、

Img_9838-640x480_20200519191901

午前中は雨が降ってたので、軽トラの自動車税、郷里の山、畑、水田などの固定資産税、などなどの送付

コンビニで支払いが出来るのが有難い。

こういう作業は、雨の日にきちっとやっておかないと、ついついうっかり、期限までに支払うのを忘れてた、、、となってしまう。

間もなく、蜜柑の蜂蜜の採取が始まると、瓶に充填したり、ラベルを貼ったり、荷造り発送作業、、、など、忙しくて他のことは全部忘れてしまいそうになる。

夕食は、冷凍してあった〆鯖、、、

解凍して、皮を剥き、骨を取り、切るだけ、、、簡単!

旬の真鯖、、3本をしめ鯖にして、冷凍保存してあったの、、、もう残りは1枚になってしまった。

Img_9907-640x427

ブログランキング←一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。

2020年5月18日 (月)

畑の草引き、、

Img_9876-427x640

庭の薔薇、、、蕾が次々と開花して楽しい。

Img_9868-427x640

薔薇は花弁が開ききったよりは、蕾が半分開いたのが美しい。

Img_9806-427x640

アンジェラ、、、ほとんどの花が開花、、

Img_9854-640x427

今日は、午後から天気が崩れて、いつパラパラ降って来るか、、、、

今晩には本降りになり、明日は午前中一杯降ってるらしい。

雨が降ってこないうちに、庭の畑の草を引いて、、、、

まず、九条ネギの苗を植えて、、、

Img_9830-640x480

玉ネギの畝の雑草を引いて、、、

Img_9832-640x480

ズッキーニが大きくなった、、、畝の雑草を引いた。

Img_9833-640x480

畝の草を引いて、ホームセンターで買って来たゴーヤの苗を植えた。

両側には、杭を打って、蔓の支柱ネットをいつでも張れる。

Img_9837-640x480

ぼつぼつ、雨がポツポツ、、、夕方になりました。

雑草が生えて,生えて、、草を引き、草刈しても、約2週間で、元の木阿弥、、、9月になるまで、、、

ブログランキング←一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。

2020年5月17日 (日)

スイカズラの花

Img_9801-640x427

スイカズラ、、、忍冬(ニンドウ)とも言われる。

蜜柑や沈丁花の花のような、爽やか香りがする。

蔓性の植物,、木にまとわりついて覆ってしまう。

仮にも、花が美しい、香りが良いなどと庭のフェンスに絡ませないように、、、後悔します。

Img_9803-640x427

昨日の雨から一転して、今日は晴れ、、、気温も27℃近くまで、、、暑い夏日、、

蜜蜂は、ちゃんと働いてるかな?

おお、凄い凄い、、巣門の前は蜜蜂で溢れて、たくさんの蜂が飛んで行き、かつ戻って来る・

Img_9775-640x479

今日一日で、蜜柑の花の蜂蜜が、かなり貯まったはず!

採蜜作業は、、、今週末?

あるいは来週中、、、、楽しみ!

Img_9780-640x479

蜂場に仕掛けたペットボトルのオオスズメバチの捕獲器

4本仕掛けたが、どれも、たくさんのオオスズメバチ

Img_9781-640x480

最初に仕掛けた捕獲器、、、、もう既に一杯になってるが、尚も新たなオオスズメバチが入って暴れている。

どれも、これも大きなオオスズメバチの女王

Img_9784-640x480

毎度の炊込みご飯

鯵の干物を焼いて、仕掛けたご飯の上に載せて炊く。

具は、蕗、薩摩芋、油揚げ、コンニャク、椎茸、エリンギ、人参、、

Img_9826-640x480

炊き上がったら、鯵の干物を取り出して、、、

骨を除いて、身だけに、、、

Img_9828-640x480

ご飯の上にむしった鯵の身を載せて、、、小さな骨まで、残らず取り除くのがたいへんだが、、、

鯵の干物、焼き鯖、秋刀魚、鮭、鮎、、、、、どの魚も美味しい!

Img_9829-640x480

ブログランキング←一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。

2020年5月16日 (土)

枇杷の実のジャム

Img_9457-640x427

ヒメウツギの花

今日は久々の雨、、、終日、降り続く、、、

庭の枇杷、、、、たくさん生って、食べきれぬほど、、、

生り始めて、最初の数日、徹底的に夕方、熟し始めたのを採ってしまうと、

カラスは諦めて、夜明けに食べに来ない。

僕の作戦勝ち

ず~と雨なので、琵琶のジャム作り

Img_9767-640x480

皮を剥いて、二つに切って、黒い大きな種を採り除き、、、

砂糖をまぶして、、

枇杷だけだと酸味が無いので、甘夏ミカン1個の身だけを混ぜて、、、

少し水を加えて鍋で加熱、、、

なかなか潰れないので、お玉の背で押さえつけて潰し、、、

ドロドロになるまで、静かに熱を加えて、、、、出来上がり!

Img_9768-640x480

小さなクラッカーの上に載せて、、、

お茶と一緒に、、、アフタヌーンティー

なかなか美味しいです!

Img_9770-640x480

夕食は、真鯵のムニエル、、、

少し大きい鯵なので、二枚に下ろして、、、

塩振って、小麦粉まぶして、フライパンで両面を焼く、、、

Img_9771-640x480

タラの芽も沢山、採り切れないほど、、、

新玉ネギに干しシラスを混ぜてのかき揚げとタラの芽の天麩羅、、、

パッパと塩を振るだけで、、、、

Img_9773-640x480

ブログランキング←一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。

2020年5月15日 (金)

空調作業着

Img_9740-640x427

庭のホタルブクロが咲き始めました。

これぐらい、たくさんの蕾がついて、咲き始めると、見ごたえがあります。

Img_9737-427x640

今日も27℃の真夏日、、、今からこんな暑さじゃ、本格的な真夏になったら、昨年みたいに40℃近くの猛暑になるのだろうか。

先日、30℃の真夏日、、8時半ころから蜜蜂の内検をやったら、作業が終了したお昼頃には完全にバテて、息絶え絶え、、、

午後、居間で横になっても、夜、寝る時までしんどかった。

これって、熱中症の症状じゃないのか?

ということで、ネットのAmazonで、空調作業着を購入

価格はピンキリだが、命を守る大切な作業着なので、少々高い価格のを購入、、それでも約1万7千円くらい、、

二個のファンを取り付けて、リチウムイオンバッテリーを充電して、、、

涼しい風が作業着の中を通り、首筋から抜けていく、、、

Img_9644-640x480

おかげ様で、8時半から昼過ぎまでの炎天下での作業も快適、、,バテることなく終えることが出来た。

3段継箱の巣箱、、、一箱に蜂蜜が詰まった9枚の巣碑枠が入ってるので、約25kg以上の重量がある。

余程、腰を据えて、持ち上げないと、腰を痛める、、、

Img_9761-640x441

蜜柑の花の蜂蜜が貯まってる、、、まだまだ蜜柑の花が咲き続けてるので、もっともっと、2~3割の蜜蓋がされるまで置いておこう。

採蜜作業は来週末~再来週だな、、、、

下段の巣箱は産卵、育児エリア、、、昨年からの旧女王蜂のほとんどは、新たな新女王への更新も終えて、既に産卵を始めているのもある。

Img_9762-640x480

新たな新女王の群も、離れた距離にある栗林の中に、、、

ほとんどの巣箱の王台から新女王が誕生し、交尾飛行も終わり、お腹が大きくなってきた。すでに産卵を始めている群れもある。

Img_9764-640x480

野菜たっぷりの豚汁

Img_9765-640x462

赤魚の煮つけ、、、これは安いけど、とても美味しい。

Img_9766-640x480

ブログランキング←一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。

2020年5月14日 (木)

アカツメグサの花

Img_9730-640x427

アカツメグサ

江戸時代、オランダから輸入されてくるガラス製品の割れ防止のクッション材、詰め物として日本にやって来たのが、このアカツメクサ

白い花もあるが、それはシロツメグサと呼ばれる。

蜂場の巡回、、、

最初に仕掛けたペットボトルのスズメバチ捕獲器、、、今日も沢山の大きなオオスズメバチの女王蜂が数匹、中で暴れている。

もう、ペットボトルの中は、オオスズメバチの女王で一杯、、

今年の秋が楽しみです。

Img_9729-640x480

畑へ寄ったら、地面に蝶々が一匹、、、おとなしくて飛ばない。

拡げた羽根、、、何て言う蝶だったか?

そうそう、ゴマダラチョウ

Img_9704-640x427

畑のモロッコ豆に支柱を設置、蔓が絡んで伸びるネットを張って、、、出来上がり。

Img_9719-640x480

ニンニクも葉が枯れてきたので、ぼつぼつ収穫の時期らしい。

これだけあれば、一年間に食べる量としては十分かも、、、

Img_9722-640x480

今日は、野菜リッチの八宝菜

Img_9759-640x427

ブログランキング←一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。

2020年5月13日 (水)

枇杷の実

Img_9652-427x640

チェリーセージの花

5月になり、気候も良く、、セージの仲間達が生き生きと、、、

庭の枇杷、、、

毎日毎日、次々と熟して採り頃に、、、

近くにある電柱の上、、カラスが止まってて、琵琶の採り頃を推し量っている。

うん、明日の夜明けだな!

だから、まだ薄暗い夜明け頃に、カラスがギャ~ギャ~と騒いで、熟れた実を食べて、下の地面に食べ後の皮や実を散々と散らす。

と、昔だったら、そういうことになる。

いろいろ、カラスとの駆け引き、、、

つまるところ、翌日の夜明けにカラスの襲撃があるとすれば、前日の夕方に収穫してしまえばよい。

夜明け、美味しそうに熟した採り頃の枇杷の実、、、おかしいな~ あったはずのが無い、、、、と諦める。

それが、連日続くと、ついにカラスは諦めてしまう。

Img_9647-640x480

前日、夕方に収穫した枇杷の実

ご近所にもお裾分け、、

少々小さいが、ちゃんと枇杷の美味しさが、、

Img_9646-640x480

今夕も、ジャガイモ、キャベツ、大根、人参、鶏肉、セロリー、パセリ、の野菜スープ

Img_9697-640x480

ブログランキング←一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。

2020年5月12日 (火)

庭に咲き始めた薔薇の花

Img_9656-640x427

庭には、長女が苗を植えて、大切に育てた薔薇の花が次々と咲き始めた。

それぞれに、ちゃんと名前がついてるのだが、僕は幾度聞いても覚えられない。

Img_9599-640x427

花の写真は、簡単そうで、なかなか難しい。

Img_9655-640x427

朝か、昼間か、夕方か、、、

曇りの日か、晴天か、、、

花が蕾から開きかけか、開ききった花か、、、

Img_9594-640x427

どの角度から撮るか、、、

上からか、真正面か、下から見上げて撮るか、、

複数の花が咲いてる時、開いた花、半開きの花、蕾、、どこに焦点を合わせて、どのような配置で、どの方角から撮るか、、、

Img_9667-640x427

背景、わき役、主役は?

薔薇が綺麗に咲き始めたから、薔薇のきれいな写真を撮ってよ、、、との家族からの強い催促、、

重々承知してても、そうそう簡単に美しい花の写真を撮れないのだが、、、シャッターを押せば良いわけではない。

Img_9674-640x427-2

先日、アップしたアンジェラの花、、、

沢山、溢れんばかりに咲いてるのを撮りました。

出来るだけ、邪魔な背景が少なくなるアングルで、、、

Img_9661-640x427

今晩の夕食は妻の担当、、

レタス、蕪の葉、大根、玉ネギ、トマトのサラダ

ノンオイル、オニオンドレッシングをかけて、、、

Img_9693-640x427

大根と厚揚げの煮物

Img_9694-640x427

鶏の手羽元、大根、人参、牛蒡、南瓜、エノキの和風スープ

醤油、酒、塩、出汁つゆで味付け

Img_9691-640x427

ブログランキング←一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。

2020年5月11日 (月)

アルストロメリアの花

Img_9624-640x427

アルストロメリア(フリージヤ、、、確か、そういう名前の花だったね。、、、と思ってたが、Mimoza様からコメントで、正しい名前を教えていただきました。訂正します。)

次々と咲きだす初夏の花、、、

写真を撮って、ブログに載せるのに、追いかけられる。

今日は、30℃付近の真夏日

5月なのに、もう30℃の真夏日なんて、かってそんなことは無かった。

今年も、昨年同様に7月、8月には、35℃~40℃の猛暑日が続くのでは、、、?

Img_9625-640x427

たぶん、来週には蜜柑の蜂蜜の採蜜が出来るだろう。

桜の蜂蜜の収量から予想するに、、250kgは採れるかも、、、

蜂蜜を入れる25リッターのポリタンの洗浄と乾燥、、、

ポリタンに25kg入れるから、250kg採れれば10個のポリタンが全ていっぱいになる。

蜜柑の蜂蜜で満たされた10個のポリタンが並ぶ、、、壮観だね。

それだけの蜂蜜を、わずか10群の蜜蜂が4週間くらいで貯める、、、ことになる。

養蜂家には、タラ、レバの話が多いけど、、、

Img_9628-640x480

屋外、つまり自宅の軒下の巣を作って子育てしているイソヒヨドリの夫婦

餌の昆虫をくわえて、ぴ~ぴ~泣いてる雛鳥に与えようと巣に帰ってきたら、よからぬ人間が巣の下で仕事してる。

さすがに無視するわけにもいかないのだろう、、、50mほど先の電柱のてっぺんで、こちらの様子を伺っている。

巣と雛鳥の子育てを放棄されて、来年は来なくなったら寂しいので、、、

早々に屋外作業を中断して、部屋の中に移動、、、

なかなか小鳥にも気を使う、、、、

Img_9591-640x427

今年、最後の筍の煮物かな、、、

筍と蕗と油揚げ、、

Img_9629-640x480

もちろん,筍と蕗の炊込みご飯も、、、

Img_9630-640x480

ブログランキング←一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。

2020年5月10日 (日)

蕪のホワイトスープ

Img_9525-640x427

山間の小路や林道、、等を歩いてて、目を楽しませてくれるウツギの花

梅花ウツギなど園芸種のウツギは花も大きく、目立つけれど、山に咲いてる自然のウツギは、花も小さくて素朴、、

ネットで調べると、コウツギという種類らしい。

小枝を鉢に挿しておくと、簡単に根が出て、庭をにぎわしてくれる。

Img_9528-640x427

昨日は、一日中頑張って耕運機で畑を耕して畝を作ったが、今日は一日雨が降って、明日は苗を植え付けられる。

畑のジャガイモ、、、病気にもならず、すくすくと育ち、緑の葉が美しい。

しっかりと土寄せしてあるが、土の中のジャガイモ、、もうどれくらい大きくなったか、、、楽しみです。

Img_9546-640x480

モロッコ豆も蒔いた種が全部芽が出た。

今週中に、畝の両側に杭を打って、支柱を立てよう。

モロッコ豆は筋を取らなくても柔らかく食べられる。

和え物、炒め物、煮物、、なんでもOK、

Img_9539-640x480

今日は、一日中雨だった。

昨日、桜の蜂蜜の販売の「はちみつ「」の旗を自宅前に立てたら、雨の中を傘さして、近所の家の3人の子供とお父さんが一緒に蜂蜜を買いに来られた。

そうだ、、今日は母の日、、きっと「母の日のプレゼント」にされるんだ!

そう思うと、なんだか嬉しくなってしまう。

畑の蕪が、大きくなってるが、既に筋が入って、そのまま食べられない。

かといって、捨てるのはもったいない。

蕪に少し玉ネギを混ぜて、一緒に圧力鍋で加熱して、柔らかくなったのをミキサーでドロドロに、、、

牛乳とブイヨン、塩胡椒で味付け、、、

僕の大好きな蕪のホワイトスープ、、、、妻の得意料理。

Img_9584-640x480

ブログランキング←一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。

 

2020年5月 9日 (土)

畑、、野菜の苗床

 Img_9569-640x427

庭の薔薇 アンジェラが咲き始めた。

美しいピンクの小さな花

Img_9562-640x427

今晩から雨、そして明日一日中 、、との天気予報

よし、今日中に、畑を耕し、畝を作って、苗を植えられるようにしなくちゃ、、

重い耕運機を軽トラに積んで、、、ロープで固定

軽い耕運機は、耕す時に踊って、コントロールが難しく、かつ深く耕せない。

重い大きな耕運機は、軽トラに簡単には載せられない。

この耕運機は、ギリギリ両手で持ちあげて、軽トラに載せられる。

Img_9535-640x480

耕運機で耕して、スコップと鍬で土を寄せて、、、出来ました。

西瓜の苗を植える土饅頭の苗床 

Img_9545-640x480

ここは、薩摩芋、、、肥料は入ってない。

Img_9541-640x480

大生姜、、、は、難しい。

全く芽が出なかったり、成長しなかったり、、、

Img_9540-640x480

夕方、畑からの帰り、、、蜂場へ寄り、様子を見に、、、

もう17時、曇り空なのに、蜜蜂はたくさん飛び交ってる。

蜜柑の花がたくさん咲いてるので、忙しい。

オオスズメバチトラップ、、、凄い凄い、、僅か二日間で、こんなに沢山

Img_9550-640x480

二本仕掛けたもう一本、、、

これは、もっとたくさん、、

どれも、これも大きなオオスズメバチの女王蜂

明日か、明後日には、新しいのと別のトラップと交換しないといっぱいになる。

Img_9547-640x480

今日もよく働いた!

眞鰯を背開きして、醤油・味醂に漬けたのを小麦粉まぶしてフライパンで焼いたの、、

ガスレンジで焼くと、形が崩れやすいが、フライパンだと綺麗に焼ける。

Img_9572-640x480

お馴染みの野菜の煮物

南瓜、ジャガイモ、大根、干し椎茸、鶏腿肉、、

Img_9574-640x480

ブログランキング←一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。

2020年5月 8日 (金)

オオスズメバチがペットボトルに、、、

Img_9524-640x427

ムラサキカタバミの花

先日もブログにアップしましたが、あまりに美しいので、再び撮ってみました。

緑の背景に、ピンクの花がよく映えます。

Img_9522-640x427

先日の30℃近くの猛暑日の内検では、息切れがして最悪、、、午後も、就寝中も、、しんどさが残った。

翌朝は、良くなったが、、、

昨年夏の35℃以上の連日の猛暑での作業も、たいへんきつくて、1箱内検するたびに、は~は~と一休み、、、

でも、今日は気温が下がり、23℃、、、、涼しくて爽やか、、、

作業量はむしろ多かったのに、何とも無く終了、、

そうなんだ、、、先日の猛暑の中での作業では、熱中症にかかってたに違いない。

ということで、今大人気のファン付きの空調作業着をネットで注文しました。

先日、蜂場に仕掛けたペットボトルのオオスズメバチ捕獲器。

中に入れた誘因剤は、最もシンプル 日本酒、食酢、砂糖(2:1:1)を混ぜたの、、

1.5リットルのペットボトルに入れて、上部に切り込みの入り口をつけて,木にぶら下げてあった。

Img_9521-640x480

今、活動中のオオスズメバチのほとんどは冬越しして、一匹で巣作りと子育てをしている女王蜂

この一匹のオオスズメバチの女王蜂が、、、、、秋には2000匹の大集団の巣に成長、、、

ペットボトルの中には、十数匹のオオスズメバチが入ってた。

内検中に、一匹のオオスズメバチがボトルの中に入って、暴れてる。

Img_9520-640x480

今日も、王台の付いた巣碑枠を入れた新たな巣箱を栗林の中へ、、、

全部で11個、、、順調に新女王が誕生している。

来週には、交尾して、産卵を始めるだろう。

これで、10個の採蜜群と合わせて、21群に増えた。

後、4~5群も増やせば25群、、、、来春は悠々と余裕たっぷりでスタート出来るよ。

Img_9531-640x480

畑の新玉ネギ、、、少々小さいが、夏の保存中に腐らせてしまうより、今せっせと食べるに限る。

十字に切り込みを入れて、器に入れて、ラップして、電子レンジで5~6分

もっとの方が良いかな、、、、とろけるくらいに柔らかくして、花カツオを振りかけて、御醤油かけて、、、

とても、甘くて美味しいです。

Img_9516-640x480

ブログランキング←一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。

2020年5月 7日 (木)

枇杷の実が熟し始めた!

Img_9506-640x427

雪の下の花、、、、大文字草の花に似てる、

まるで小さな妖精のよう、、、

雪の下は、葉を天麩羅で食べたことがある。

Img_9505-427x640

庭の枇杷の木

かって、木の下の雑草を駆除するため、除草剤を蒔いたら、琵琶の木も弱ってしまい、葉も落ちて、幾年も実が生らなかった。

でも、やっと元気を取り戻し、今年はたくさん実が生った。

Img_9498-640x480

もう収穫出来そうなほどの熟した実も見られるが、、、

ほんとは、もう1~2日置きたいところだが、、、

翌日、夜明け直後の早朝、、カラスがやって来て、熟した実を全部食べてしまう、、、たぶん。

かって、紙袋をしたが、袋ごと突っついて食べてしまった。

いや、ハクビシンが夜中にやって来て、木の登って食べてしまうかも、、、

Img_9501-640x480

その前に、食べられそうな熟しかけた実を、夕方に収穫!

うん、美味しい、美味しい!

Img_9503-640x480

朝、焼津の福一さんへ、、、

GWも終わり、顔見知りの料理屋の板前さんの顔も、、、、

ハマチの小さいの、、イナダ (関西ではヤズ、、かな?)

1本 500円、、、即買った!

Img_9487-640x427

三枚におろして、、、

Img_9488-640x427

半分をお刺身に、、

Img_9514-640x427

さっぱりした美味しさ!

ブログランキング←一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。

2020年5月 6日 (水)

蜜柑の花

Img_9441-640x427

蜜柑の花が咲き始めた。

Img_9442-640x427

蜜柑は種類も多くて、少しずつ咲く時期が異なる。

また4月の末に咲き始めて、つぎつぎ蕾が開いて、月末まで咲き続ける。

今日は、終日、曇天で、時折小雨、、、それでも蜜蜂はたくさん飛んで、蜜柑の花蜜を集めていた。

Img_9480-640x424

かって、15年前にリタイアー後の趣味の養蜂として、蜜蜂を1群のみ購入して、自宅に近いところに住んでおられた有名な養蜂家である秋山さんの弟子になった。

一年間、毎月、月ごとの蜜蜂の管理についてレクチャーを受けた。

でも、本や座学で養蜂を学ぶのと、実際に自分の蜂を数日毎に内検して、蜜蜂の状態を見るのとは大違い。

最初の数か月は、巣箱から溢れそうな蜜蜂を見るだけで、緊張して、わきの下に汗、蜂の状態を観察する余裕なんてなかった。

少しずつ、慣れてきて、4年後には、蜂も4群に増えたが、、、、

その年は全国的な寄生ダニの当たり年、、おまけに唯一のダニ駆除剤に対してダニが耐性を持ってきて薬剤が効かず、、、

多くの養蜂家が、蜜蜂の多くを全滅させた。

秋山さんは7月に異常に気付き、僕は8月まで気が付かなかった。

秋山師匠は、60群ほどの蜜蜂が10群ほどに減った。

僕は、あれよあれよと、数か月で全滅、、、寄生ダニの異常な増殖に気が付いた時は、既に遅し、、、蜂を飼ってるのか、ダニを飼ってるのか?

ダニ駆除剤は、全く効かず、、、。

翌春、秋山さんが購入された6群の蜜蜂のうち1群を譲ってもらい、再出発。

そして、数年間、蜜蜂の異常や不安な状態があると、秋山さんを訪ねて教えてもらったり、秋山さんの巣箱の元気な蜜蜂の様子を見せてもらったり、内検や採蜜の手伝いに行ったり、、、いろいろ学ぶことが多かった。

でも、秋山さんも、体調を崩され、亡くなられた。

その、秋山さんでさえも、病気で体力が弱り、蜜蜂の管理、内検が十分に出来なくなった時、約50群の蜜蜂のほとんどが全滅、

秋山さんには全国で活躍する多くの養蜂家の弟子がいるが、最後の弟子となった僕は、秋山さんの蜂場の蜜蜂と巣箱の残骸の処理を行った。

秋山さんは常々「蜂のことは蜂に聞け、、」と言われた。

養蜂は怖い、、、蜜蜂の異常を、異常と感知できずに見逃した時、既に手遅れ、取返しが出来ないことが多い。

異変をを察知したら、即対処、、

異常を異常と感じる感性、、、失敗の経験を幾つ積み上げるか、、

本やマニアルや座学だけでは技術は身につかない。

養蜂をはじめて15年、その言葉の意味が何となく分かるような気がする。

夕食は豚肉のすき焼き風煮

豚肉、ジャガイモ、玉ネギ、ネギ、エノキ茸、スナックエンドウ

Img_9483-640x480

ブログランキング←一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。

2020年5月 5日 (火)

オオスズメバチが蜂場にやって来た。

Img_9395-640x427

アイリスの花、、、5月5日 子供の日

今日は4日毎の蜜蜂の内検

暑い夏日、、、蜜蜂は巣門の外に溢れている。

Img_9477

巣箱の下にオオスズメバチ

蜜蜂の攻撃を受けたのであろう、、、、弱って、すこし動くのみ、、、

冬越してた新女王蜂が巣作りを始めた、、、そく対応しなきゃ、、、

Img_9468-640x427

4月24日に桜の蜂蜜を採った後、、、もう蜜柑の蜂蜜が相当量、蓄積されている

Img_9472-640x427

午後には、ペットボトルにスズメバチの誘因剤を入れて、蜂場の側の木の枝に吊るした。

Img_9476-640x427

来年の新群を作るため、良い王台が出来てると、小さい巣箱に移して、2km離れた栗林の中に置く。

今が,採蜜できる巣箱が10個、梨畑へ受粉に貸し出す巣箱も含めて、20群以上には増やしたいもの、、、

Img_9473-640x427

でも、昨年来の猛暑、、、体力的に大丈夫だろうか?

今日は、朝からお昼時まで養蜂の作業をしたが、もうクタクタ、、、お昼を食べた後はもう動けない。

今日の気温は30℃、、、

Img_9475-640x427-2

ブログランキング←一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。

2020年5月 4日 (月)

アザミの花

Img_9411-427x640

道端や川の土手など、あちこちに紫色の可愛いアザミの花が咲いている。

よくよく見ると、小さな花の集合体なんだ!

Img_9408-640x427

養蜂協会支部の会員、焼津市大井川町のKさんからレンゲの蜂蜜を頂いた。

Kさんは、昨年自動車整備の仕事をリタイアーして、10数年続けてた養蜂をいよいよ本格的に楽しもうとした矢先、

昨年秋に、蜜蜂が寄生ダニの為に全滅してしまった。

昨年12月初の養蜂協会研修旅行に参加されたKさんから頼まれて、12月に僕の蜜蜂を一箱譲ってあげた。

一箱に10枚の巣碑枠が入った、おとなしくて最も元気な優秀な群

Kさんは、田んぼでお米もやってて、自分の広い水田にレンゲの種を蒔いて、春には花を咲かせている。

従って、春にはレンゲの蜂蜜が採れるのだ。

全国的に、今では水田にレンゲの種を蒔く農家はほとんど無いため、レンゲの蜂蜜は希少価値となっている。

僕の住んでる藤枝市は、田んぼが少なくて、レンゲの花はほとんど無いので、その代りに桜の蜂蜜を採る。

昨年来、幾度も僕の蜂場を見たり、寄生ダニの駆除の技術を聞きに来られたり、、、

この春の養蜂のスタート以来、Kさんの蜂は元気にしてるかな、、、と気にはなってたが、僕自身も忙しくて、ついついそのままに、、、

電話で様子を聞こうと思ってたら、逆に電話かかかって来て、採れたての素晴らしいレンゲの蜂蜜をもって来られた。

僕の差し上げた蜜蜂は、おとなしくて、どんどん増えて、王台を分けて、新たな群れも増えつつあると、、、

春から夏の、蜜蜂の管理のポイントを教えてあげた後、僕の蜂場を見て帰られた。

良かった、良かった!

左の小さなガラス瓶のが、僕の桜の蜂蜜、、

右側の大きいガラス瓶のがKさんのレンゲの蜂蜜、、、素晴らしい!

さすがに、レンゲの蜂蜜は、その薄い色、高貴な味わい、、別格である。

Img_9373-640x427

4月24日に採り終わった春の桜の蜂蜜も、全てガラス瓶への充填を終わり、ラベルも貼り終えたので、一段落、のご苦労様!

今晩は、久々にアメリカンビーフ

両面に塩胡椒して、フライパンで両面を焼いて、包丁で薄く切って、和風のタタキ風に、、、

Img_9464-640x427

醤油と味醂の甘いタレをかけて、大根おろし、ネギ、生姜の薬味で食べる。

エリンギ、スナックエンドウ、新玉ネギ、ホウレンソウの炒めたのを添えて、、、

Img_9465-640x427

ブログランキング←一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。

2020年5月 3日 (日)

今年もイソヒヨドリがやって来た

Img_9460-640x427

梅花ウツギの花

緑の葉と白い花、、、5月に咲く美しい花

Img_9432-640x427

小さな枝を鹿沼土に挿しておくと、簡単に根が出て、増やすことが出来る。

Img_9427-640x427

今年も、イソヒヨドリが我が家にやって来た。

僕が、蜂蜜の作業をしてる部屋の外の軒、シャッターの収納箱の上面、、、

良く見えないけど、木の枝で作られた巣の一部が見える。

もう3~4年前になるだろうか?

ここに巣を作り、イソヒヨドリのつがいが子育てをした。

雛が生まれ、育って、巣立ちしていく。

今は、たぶん、雌鳥が卵を抱いているのだろう。

色鮮やかな雄鳥が、せっせと餌を運んでくる。

これは、、、、ちいさな蛙かな?

Img_9374-640x390

かなり大きな毛主、、、

Img_9384-640x428

雄鳥と交替して、雌鳥も虫を咥えて巣に帰って来る。

雄鳥に比べて、ほっそりしてて、色が地味、、、

雛鳥が生まれると、雄鳥も雌鳥も雛に虫を与えるために、ピストンで帰って来る。

蜂蜜の充填作業やラベル貼、梱包作業をしながら、ガラス戸の外のイソヒヨドリの様子を観察するのも楽しい。

3~4年前に巣を作った鳥なのか、、それとも、ここで生まれ育った雛鳥が、巣を覚えてて、毎年やってくるのか、、、

とにかく人なつっこい鳥、、、鳴き声、さえずりがとても美しい。

Img_9377-640x397

妻の料理

筍、大根、豚肉、蕗の煮物

Img_9462-640x427

ブログランキング←一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。

2020年5月 2日 (土)

真夏日に、頑張る蜜蜂

Img_9404-427x640

長~く垂れる藤の花

とても優雅で美しい。

今日は、暑い、暑い、真夏日  30℃近くまで気温が上がったかも、、、

藤の花が咲き、蜜柑の花も咲き始めた。

蜜蜂達は、暑い日中の集蜜作業で大変だろう!

Img_9391-640x427

暑さの為、蜜蜂はん巣箱の前の巣門の近くに出て、涼んでいる。

真夏と同じ、、、

5月は、時々雨、曇りの日もあるが、概ね晴れの日が続くので、蜜柑の蜂蜜がたくさんは貯まることだろう。

Img_9387-640x427

ちょっと夕方、竹林へ、、、

太い筍、、、こういうのが柔らかくて美味しい!

 

Img_9418

縦に包丁を入れて、二つに割って、、、ざっくり粟を剥いて、、、

ほとんどが竹の皮、、

まだまだ筍料理を楽しめる。

Img_9419

美味しくて、安い魚、、、、赤魚

いつもは、酒粕に漬けたのを買って来て、焼いてたが、、、

今日は生の冷凍もの、、、

解凍して、煮付けに、、、

身離れも良く、とても美味しい!

Img_9421-640x427

鶏肉、スナックエンドウ、南瓜、蕗、、、の和風煮物

Img_9422-640x427

ブログランキング←一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。

2020年5月 1日 (金)

筍ご飯とかき揚げ

Img_9269-640x427

薄いピンクの木瓜の花

寒木瓜は冬から春まで咲くが、この木瓜は春になってから咲く。

畑のジャガイモ、、

先日、追肥して、畝に土寄せしたら、元気よく濃い緑の葉を茂らせて大きくなっている。

きっと、収穫量は多そう、、、

Img_9346-640x480

昼前に、2トン車で有機発酵肥料が届いた。

給食センターや病院、飲食店などから出る膨大な残飯を発酵させて、乾燥した有機肥料

処理工場から2トン配達で2000円、、

これを畑にたっぷり混ぜ込むと、野菜がすくすくと成長、、、

臭いもするし、湿気たり、濡れるとどろどろになるので、ブルーシートをかける。

Img_9351-640x480

庭に植えてるタラの木、、

新芽がたくさん出てたので収穫、、、少々大きくなり過ぎたが、、

Img_9353-640x480-640x480

タラの芽と言えば定番の天麩羅

せっかくの揚げ物なので、新玉ネギ、筍、スナックエンドウ、干し桜海老のかき揚げ

Img_9359-1024x768

昨日、採った人参の間引きに干した雑魚を混ぜて、これもかき揚げ

Img_9358-1024x768-640x480

もちろん、全部食べてしまうわけではなく、大部分はプラ容器に入れて、冷蔵庫で保存、、

明日以降のお昼に天麩羅うどんや蕎麦、天丼などになる。

食卓に置いておくと、ついつい限りなく食べてしまうので、二人分を器に盛って、、、これ以上食べないように!

Img_9362-640x480

筍と蕗の炊込みご飯

Img_9364-640x480

ブログランキング←一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

バナー

無料ブログはココログ