« マルハルコウソウの花 | トップページ | レンコ鯛の酢〆で握り寿司 »

2020年10月 1日 (木)

堤防の彼岸花

Img_1756-640x427

県道沿い、葉梨中学校の前の川の堤防、、、

毎年、9月になると、地元の人達により綺麗に草刈

その後に、ニョキニョキと彼岸花の花茎が伸びて、お彼岸には真っ赤な彼岸花が満開

でも、今年は、真夏の猛暑、9月初旬の気温が高かったため、開花が遅れて、やっと9月末に開花、、、

こんな年は珍しい!

Img_1565-640x480

春は桜、秋は彼岸花、、、たまに写真を撮る人が数名、、

静かな名所、、、

Img_1562-640x480

爽やかな秋晴れ、、、

今日は、薩摩芋の試し堀り、、、二株

品種は紅あずまと紅はるか、、、

掘り立てより、少し日を置いて、デンプンの糖化が進んでからの方が美味しい、、、と。

オーブンレンジで、220℃X1時間くらい、、、

パサパサで甘くなかったり、ねっとりした甘さだったり、、いろいろ、、

収穫後、いつから食べるか、、難しい。

Img_1561-640x480

薩摩芋の茎はいつものように、、、刻んで、フライパンで胡麻油で炒めて、、、

Img_1569-640x480

醤油、味醂、花カツオ、お酒、砂糖で味付け、、、、

美味しい保存食が出来ました。

Img_1571-640x480

先日、福一さんで買ったレンコダイ、、、これだけで750円

Img_1534-640x480

三枚に下して、塩して、酢で〆て、、、、冷蔵庫へ、、、、小鯛の握り寿司だね。

Img_1535-640x480

頭とアラ、骨は煮て、出汁スープを取り、、、

妻が、野菜、烏賊、アサリ、鶏、、、等を加えて、ブイヤベースに、、、

Img_1573-640x480

ブログランキング←一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。

« マルハルコウソウの花 | トップページ | レンコ鯛の酢〆で握り寿司 »

コメント

さつまいものつる、なかなか味わえない。食通の醍醐味ですね。年を重ねると料理がおっくうになりますが、
調理を楽しんで味わっている素敵なご夫婦です。
毎回の「花の写真」なにげない道端の花にも光をあてて、自然は美しい個性をつくることが分かります。

毎年楽しみです。先週ヒガンバナ満開というので行きました。30本ほどに満開なのですが10人ほどのカメラマンでした。

やえちゃん様
薩摩芋の蔓、、、戦争中の食糧難の時代の良い思い出が無い年配者が多いですが、調理法によっては美味しい料理になります。
生まれつき、食べることが大好きなので、料理も好きになりました。
道端の素朴な花、、マクロレンズで眺めると、どの花も美しく、個性がありますね。

ちゅうりっぷ様
彼岸花、、少し終わりになりかけました。
カメラマンは、彼岸花のいろんな姿を撮るために、朝に、夕に、彼岸花を探します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マルハルコウソウの花 | トップページ | レンコ鯛の酢〆で握り寿司 »

バナー

無料ブログはココログ