« マルハルコウソウの花 | トップページ | ツワブキの花 »

2020年11月 1日 (日)

千日紅の花

_mg_2043-1280x848

今日から11月

朝の気温は8~9℃、、、すっかり寒くなりました。

庭の千日紅、、、元気に可愛い花をいっぱい咲かせています。

_mg_2046-1280x850

切って、乾かすとドライフラワーに、、、

_mg_2049-1280x874

昨日のウオーキングで採ったアケビ

Img_1950-1280x960_20201101203101

牛豚合挽肉と玉ネギのみじん切り、塩胡椒で味をつけて、、、つまりハンバーグと同じ配合

アケビの皮に詰めて、0,5mm位の厚さに切って、小麦粉まぶして、フライパンでたっぷりの油で両面をこんがりと焼いて出来上がり。

少し苦味は感じられるが、それほど気になるほどでもない。

とても美味しく食べました。

Img_1958-1280x1006

もう一品

一昨日、掘った長芋

擦り下ろして、生卵、醤油、出汁、を加えて、よく混ぜて、フライパンに流し込み、弱火でこんがりと焼いて、

まだ、固まっていない上面に、花ガツオと刻みネギをトッピング

長芋のお好み焼き!

これも、なかなか美味しいです。

Img_1957-1280x960

ブログランキング←一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。

« マルハルコウソウの花 | トップページ | ツワブキの花 »

コメント

おはようございます。

早速試していただいて感激です!
ゴーヤがお好きな方であれば大丈夫なはずと思いコメントいたしました。

私もナベショーさんに教わったことがあって、アケビの種周りが食べられるのを知ったのはこちらのブログのおかげなんですよ~
実家でも皮しか食べないで育ったもので…

山形は上杉鷹山の研究でウコギを生け垣にして若芽を食べたり
スベリヒユ(夏の雑草、通称ひょう。花が咲く前まで収穫可)を食べたり変な食文化なんですが
他県民は食べないらしいアケビの皮も大事に料理するのはそういう歴史があるからだと思います。

ナベショーさん歴史も食料採取もお好きみたいだから上杉鷹山ご存知でしたら本などもおススメです。
飢饉対策で“かてもの”を研究し食べられる野草を開拓していったので
山菜採りする方ならおもしろいと思います!

あけびさま
こんばんは
はじめてアケビの皮の料理を楽しむことが出来ました。
ところが変われば、収穫する山菜も異なるようですね。
上杉鷹山、、、歴史で有名な殿様、藩政改革、様々な産業を興し貧しかった藩を立て直した方でしたね。
アケビの種の回りについてる甘い実、、とても上品な甘さですが、口の中に含んで、味わった後、口から種を出す、、少々面倒ですが、楽しめますね。
今は、だんだん山菜を採って楽しむ人も少なくなって、少々寂しい思いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マルハルコウソウの花 | トップページ | ツワブキの花 »

バナー

無料ブログはココログ