養蜂

2020年10月20日 (火)

サクラタデの花

Img_1948-640x428

「タデ(蓼)食う虫も好きづき」とか「イヌタデ(犬蓼)とか、、、

タデはネガテイブイメージで評されることが多い。。

Img_1950-640x427

でも、そのようなタデの中で、サクラタデだけは、花も大きく。花の色も薄いピンクのサクラ色

Img_1953-640x428

ちょうど、今が満開、、、最も美しい。

挿し芽をすると、容易に根が出て、増やすことが出来る。

Img_1962-640x427

庭の一角、サクラタデが群生して、お花見が出来そう、、、

Img_1952-640x427

午後は、蜂場へ行ってオオスズメバチの襲撃の有無を確認、、、

オオスズメバチが多い年は、毎朝、毎夕方に行って、飛んでくるオオスズメバチを退治する。

巣箱の前の地面に、蜜蜂がたくさん固まって大騒ぎ

Img_1757-640x480

中心のところが盛り上がってる。

襲来したオオスズメバチを蜜蜂が集団で返り打ちにしてるところのようだ。

オオスズメバチを各個攻撃により、スズメバチの背中を刺して殺してしまう。

この盛り上がったところに中心には、殺されたオオスズメバチの死体があると思いしや、、、、

Img_1761-640x480

噴煙で蜜蜂を追い払ったら、、、、

なんと殺されてたのは、蜜蜂の女王蜂、、、

そんなことはあり得るはずがない、、、と、、、、

巣箱の中をチェック、、、、おや女王蜂は健在!

その隣の巣箱もチェック、、、、ちゃんと女王蜂はいる。

この殺された女王蜂は、何処から来たのだろう、、、??

Img_1765-640x428

こういう、ミステリーは時々、、、、

なんせ、内検はだいたい週1っ回

ドラマの第一幕を見て、次は最後の幕、、、その間、どんなドラマの展開があったのだろうか?

Img_1767-640x480

夕食は、数年ぶりに妻がピザに挑戦、、、

Img_1770-640x480

ブログランキング←一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。

2020年10月14日 (水)

鶏頭の花

Img_1833-640x427-2

鶏頭の種類は多いが、この細い花の鶏頭は、最も美しくて趣きもある。

Img_1832-640x463

秋は11月末までは、オオスズメバチの襲来による被害を防ぐために、毎日蜂場に行ってチェックしなければならない。

午前中の10時頃、と出来れば3時頃の2回行けばベストだが、、、

今日は、夕方4時頃に行ったら、、、、、

まさに、10匹ほどのオオスズメバチが一つの巣箱を襲ってる最中

背を低くして、近づいて、用心しながら、補虫網で1っ匹ずつ捕まえて、網の上から足で踏んづけて殺していく。

やっと、全部の大スズメバチを捕らえた後、改めて被害のほどを確認

随分と派手にやられたものだ!

巣箱の前は、殺された蜜蜂の死骸が重なりながら散乱している。

でも、まだ、まだ、この群れが全滅したわけではない。

Img_1699-640x480

補虫網で捕らえて殺したオオスズメバチ、、、ちょうど10匹

Img_1698-640x480

未だ、動いてるオオスズメバチをネズミペッタンの粘着シートの上に載せて、巣箱の蓋の上に置く。

今年は、オオスズメバチの襲来が少ない、、、と、少々油断していた。

Img_1702-640x480

福一さんで、大きなトビウオが3匹540円

Img_1710-640x480

3枚におろして、骨を取り除いて、、、

4枚を少し塩振って、冷蔵庫のチルドに、、、

Img_1711-640x480

2枚は、小さく切って、ネギと生姜、ニンニクの薬味をたっぷり載せて、、、、タタキに

トビウオは生臭いが、薬味たっぷりで醤油をかけて食べると美味しい。

Img_1714-640x480

ジャガイモ、玉ネギ、ズッキーニ、アサリ貝、スルメ烏賊に缶詰のカットトマト、コンソメ、、

ブイヤベース風のスープ、、、、

急に気温が下がり、涼しくなったので、暖かいスープが温まって美味しい。

Img_1715-640x480

ブログランキング←一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。

2020年10月11日 (日)

台風の雨の後、、、

Img_1773-427x640

ピンクのランタナ

木立ではなく、茎が下に枝垂れる品種

野の花も枝垂れるのが好きである。

台風14号が関東沖の太平洋へ、南下、ぐるっと一周して、まさか再度上陸となるのでは、、、?

台風対策の蜂場、、、

雨は降ったが、風は大丈夫

レンガやコンクリートブロックの重石を取り除いて、レンガを1個に、、、

枯れた木の枝が散乱してたのを片づけて、、、

数日の雨の後の朝は、オオスズメバチがやって来るので、30分ぐらい待機してたが、やってこない。

やはり、今年はオオスズメバチが少ないようだ。

セイタカアワダチソウが咲き始めたので、蜜蜂が活発に飛び交う。

大切な冬越用の蜂蜜である。

Img_1682-640x480

夕食は簡単に、、、

キングサーモンの焼いたのに、ピーマンと茄子焼き

Img_1683-640x480

後は、里芋、ジャガイモ、牛蒡、人参、豚肉、油揚げ、ネギ、、で豚汁

Img_1684-640x480

ブログランキング←一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。

2020年10月 8日 (木)

トロロアオイの花

Img_1798-640x427

7月頃から、ず~と咲き続けてたトロロアオイの花

もうほぼ終わり、、、

咲き終わった後に出来た種

この種を採取して、来春に庭に蒔くと芽が出て夏から咲き始める。咲き終わった株は、宿根草となり、来年も芽が出て花が咲く。

Img_1796-427x640

明日から月曜日にかけて台風の接近、、、

最悪、東海地方に接近して、東の海上を抜けていくかも知れない。

明日、大雨になると作業が出来ないので、まだ雨が小降りのうちに蜂場の巣箱の蓋の上にレンガやコンクリートブロックの重石を乗せる。

これで十分大丈夫、、、強風で蓋が飛んで行くことは無い。

Img_1651

昨日、福一さんに行って買った魚

詰め放題300円 小さな鯖とソウダカツオ

鯖は、もっと大きく成長すれば美味しくなるのに、、、小鯖の群が定置網にかかってしまうのだろう。

脂が乗ってないからパサパサで美味しくないだろう、、、と、今までパスしてきたが、、、

何とか美味しく料理出来ないか、、、と。

ポリ袋に両方を詰めたら、、、こんな具合に! 

300円、、ダメ元で!

Img_1628-640x480-2

ソウダカツオは3枚におろして、4本の冊に切り分けて、中骨を取り、

Img_1632-640x480

半分は、小麦粉まぶして唐揚げに、、、

Img_1633

残りは金串を挿して、ガスの火で表面を焼いて、、、

Img_1635-640x480

唐揚げは出汁つゆを薄めたので漬けこんで、ネギと赤ピーマンをトッピング冷蔵庫に一晩寝かした。 Img_1637-640x480

ソウダカツオ、、、美味しいじゃないか!

Img_1663-640x480

表面を焼いたのは、適当にぶつ切りにして、ニンニクと生姜をおろしたの、刻みネギをトッピング

柚子ポン酢をかけて、、、タタキに!

Img_1639-640x480

どうせ、あまり美味しくないだろうと思ってたが、なんのなんの美味しい料理になった!

何よりも、妻と娘が美味しいと言ってくれた!

ブログランキング←一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。

2020年10月 6日 (火)

山萩の花

Img_1727-640x427

秋、、夏は猛暑でも、彼岸花の開花が1週間遅れても、秋の花 山萩がちゃんと咲いている。

Img_1726-640x427

ミヤギノハギなどの園芸種と比べて、花は地味だけど、趣きがある。

Img_1725-640x427

今日の午前中はかかりつけの内科医院で内視鏡による胃がんの検査

昔は親指ほどの太い内視鏡を口から挿入、、、涙ボロボロ、鼻水クチャクチャ、、、ずい分と苦労したもの、、、

現役時代、ある大阪の大きな病院での内視鏡検査、、、

ベテランらしき男性医師が、、、、でも、幾度も、幾度もトライしたが、どうしても挿入できない。

とうとう、医師曰く、、私とあなたは相性が悪いようです。

別の医者に代わりますのでよろしく、、と。

チェンジしたのは、まだ若い研修医らしき女医さん、、、

何の苦労もなく、一瞬でするりと喉を通りました。

今は鉛筆くらいの細い内視鏡、、しかも鼻からの挿入、、、

何の苦労もなく自然に入っていく、、、

午後は2時半からウオーキング

久しぶりに新東名の側道へ、、

Img_1613-640x480

側道の法面、、夏の間、新テッポウユリの白い花が満開だったが、交代したセイタカアワダチソウの開花が始まった。

Img_1612-640x480

後1週間もすれば、黄色い花で覆われる。

Img_1615-640x480

蜜蜂が活発に飛び交い始めた。

8月のカラス山椒の花、、、それが終わると、特に花蜜を出す花は無かったが、、、

10月になり、セイタカアワダチソウの花が咲き始めた。

この花の蜂蜜は、全く美味しくない、、、が、蜜蜂はセイタカアワダチソウの花蜜をいっぱい集めて、冬越に入る。

養蜂にとっては、セイタカアワダチソウの花は、無くてはならない大切な花である。

Img_1605

夕食は、妻が作った麻婆豆腐、、、中華料理店で食べるのより、少し甘めでコクがあり、とても美味しい。

Img_1620-640x480

ブログランキング←一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。

2020年10月 4日 (日)

お茶の花

Img_1718-640x427

お茶の花

良く手入れされた茶畑の茶樹には、ほとんど花が咲くことは無い。

Img_1722-640x442

しかし、茶畑が放棄されて、肥料も与えられず、茶樹も背が高く伸びて荒れてくると、、、

花がたくさん咲く。

茶畑が荒れると、植物の種の保存、生存の為、子孫を残すために、花をつけて種を作る。

お茶の花の花粉や花蜜にはカテキンがたくさん含まれている。

カテキンは蜜蜂の幼虫にとっては毒となる。

従って、この時期には蜜蜂が巣に運んだお茶の花蜜や花粉を幼虫が食べて、死んでしまう。

お茶ところの養蜂家にとっては、悩みの種である。

Img_1714-640x427

秋の味覚 栗を拾ってきた。

Img_1586-640x480

少々面倒だが、皮を剥いて、渋皮も取り、、栗ご飯

栗だけではなく、先日試し堀りした薩摩芋も一緒に入れる。

昆布出汁、塩を少々、、、

美味しく炊き上がりました。

Img_1594-640x480

毎年、必ず一度は栗ご飯を食べなくちゃ、、、

Img_1595-640x480

ブログランキング←一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。

2020年10月 3日 (土)

ルコウソウの緑のフェンス

Img_1686-427x640

ルコウソウの花

花は深紅、蔓と葉は緑 小さいが美しい花

Img_1688-640x427

自宅側の川の長い金網フェンス アスファルトの道路脇の僅かな土に生えたルコウソウ

毎年、種が落ちて、春には芽が出て、成長して蔓が金網フェンスに巻き付き、花が咲いて、種が落ちる、、、

今年は、とうとう緑の長~いフェンスになりました。

道を通るウオーキングや買い物の人達、、、、楽しんでもらえてるようだ。

種を採取してる方も、、、

Img_1690-640x427

今日は、朝から蜜蜂の内検

25群、、、午前中いっぱいかかる。

Img_1582-640x480

今まで姿を見せなかったオオスズメバチが、ぼつぼつ現れた。

蓋の上に置いたネズミペッタンに、数匹の大スズメバチ、、、

5月にたくさんのオオスズメバチの女王蜂を捕らえたので、今年は例年に比べると、非常にすくない。

でも、11月末までは、油断はできない。

Img_1583-640x480

今夕は、福一さんで買った赤魚の味醂漬け、、、

生魚も良いけど、こんな半加工魚も美味しい。

Img_1584-640x480-2

ブログランキング←一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。

2020年9月28日 (月)

千日紅と百日草

Img_1536-640x427-2

千日紅と百日草

やっと秋らしい天気

気温も30℃以下となり、空の色も雲も秋、、、

Img_1535-640x427

8時から蜜蜂の内検、、、

まだ産卵を始めていない小さな新女王の群

女王蜂がいなくなり、他から産卵巣碑を導入して王台を作らせた群、、、

他の群は、特に問題はなく、このまま順調に12月初の冬越に入りたいもの、、、

Img_1531-640x480

今年の6月に発売された新しいダニ駆除剤

香料のチモールを含浸させたプラスチックの板を一週間前に巣箱の上に置いた。

さて、ダニは落ちてるか?

Img_1529-640x480

巣門の端、、数個のダニの死骸が転がってる、、、

他のダニ駆除剤と同様の効果あり

ダニ駆除剤のメーカーと日本養蜂協会から、新しいチモール系のダニ駆除剤のモニターとして、実際使用した場合の効果や問題点など、アンケートに答えることになっている。

Img_1530

農薬系ダニ駆除剤のアピバール、非農薬有機物のギ酸、ダニの習性を利用した雄峰トラップ、今回新たに認可された香料系ダニ駆除剤チモバール、、、適時、タイミングよく使い分けることにより、ほぼ完ぺきにダニの駆除は可能である。

ダニ駆除さえ、効果的に実施出来れば、蜜蜂の群は、健康で強い群に維持できる。

強群に保たれれば、病気になることも無い。

今晩の料理

妻のスープ

豚肉、ジャガイモ、玉ネギ、南瓜、冬瓜

 Img_1532-640x480

ブログランキング←一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。

2020年9月24日 (木)

ミズヒキの花

Img_1603-640x427

最も小さくて美しい花、、、、ミズヒキ(水引き)

Img_1599-640x427

山道の岸に咲く水引き  目立たないが、見つけると見入ってしまう

Img_1601-640x427

空の色 深い青空、、秋晴れ、、日差しは強いが風があるので気持ちが良い。

蜂場から戻してきた巣箱の継箱を水で洗って、火炎消毒

来春用に新たに購入した巣箱の塗装、、

巣箱も、継箱も、まだ足らないが、来春になって飼育群数が確定してから、なお足らない分を注文しよう。

来春は20群+アルファー

今のところ、蜜蜂は順調、、、

一群当たり50kgの蜂蜜を収穫出来れば、今年の2倍、1000kg以上となる。

まあ、養蜂家のタラレバの話だが、、、

Img_1505-640x480

夏に植えたキュウリの苗が成長して、毎日収穫できるようになった。

金山寺味噌や青紫蘇味噌をつけて、、、単純だが、美味しいキュウリ料理

Img_1506-640x480

鶏とジャガイモ、玉ネギ、人参、南瓜のスープ

Img_1507-640x480

ブログランキング←一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。

2020年9月23日 (水)

色々な彩の彼岸花

Img_1566-640x427

彼岸花、、、赤色が一般的だけど、園芸種も含めて、白、黄色、ピンク、、いろんな色の彼岸花が目に留まる。

Img_1561-640x427

白とクリーム色

Img_1552-640x427

ピンク色

Img_1580-640x427

白とピンクの可愛い彼岸花、、

Img_1579-640x427

赤とピンクの彼岸花

川の堤防の彼岸花は、まだチラホラ、、、満開は今週末だね。

Img_1576-640x427  

台風12号の接近、、、北上すれば静岡を直撃、、、との昨日の予報

雨が降らぬうちにと、蜜蜂の巣箱の蓋の上にコンクリートブロックやレンガをたくさん置いて、

強風によって蓋が飛ばないように、万全の対策、、、

でも、今朝の予報では、台風は北東に進路を変えて、日本に上陸せず、はるか太平洋の沖を通り過ぎる。

まあ、ほっとしたが、数年まえに養蜂仲間の蜂場が、ちょうど強風の通り道、20群の巣箱の半数以上が倒れたり、蓋が飛んでしまい、大被害を受けたことがあった。

僕自身も、数群の巣箱の蓋を飛ばされたことがあった。

Img_1501-640x480

夕食は、昨日福一さんで買ったウマヅラカワハギの煮つけ

身離れがよく、美味しい魚

Img_1503-640x480

煮魚以外に、ジャガイモ、南瓜、冬瓜、豚肉、油揚げの煮物

やはり、煮物があるとほっとする。

Img_1504-640x480

ブログランキング←一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。

より以前の記事一覧

バナー

無料ブログはココログ