養蜂

2018年9月20日 (木)

蜜蜂のフソ病検査二日目

Img_0880_1280x853

ミヤギノハギが満開
家畜保健衛生所による蜜蜂のフソ病検査の第二日目
朝から小雨が降ったり止んだり、、、と
Img_0883_1280x853
土砂降りでない限り、槍が降ろうが、矢が飛ぼうが、フソ病検査は実施、、、
多少、蜜蜂の機嫌が悪いかもしれないが、、、、、、
8時過ぎに自宅を出たが、雨の影響なのか、道路が混んでる、、、
僕の軽トラにはナビが無いので、Googleで調べた地図を頼りに、大井川町の集合場所に向かった。
一年に一回しか行かない場所、、、途中で2回も道を間違えて、現地到着は8時50分、
10分前に到着出来て、安心。
藤枝市役所、焼津市役所、家畜保健衛生所、、、そして案内の大井川地区の会員、、、、
5~6台の車、、、、途中、赤信号で列が乱れて、先導車を見失うと、たいへん、、、
見渡す限りの水田と住宅、工場の大井川地区、山の狭い坂の農道をくねくね進む焼津地区、、、
毎年、同行してるが道を覚えられない。
雨は次第に強くなったが、、、、
もし中止すれば、再度、日にちを設定するのは大事、、、強引に進める。
雨の中、巣箱の蓋を開けて、巣碑を引き上げる、、、おとなしい巣箱、荒れ狂って襲ってくる巣箱、、、
荒れ狂う凶暴な巣箱の養蜂家に共通していることは、、、分厚いゴム手袋を着用して、蜂を扱ってること。
ゴム手袋を着用すると、蜂の扱いがラフになるため,蜂が荒っぽくなる。
素手であれば、扱いは丁寧になるので、蜂は荒れない。
昨日と合わせて二日間、、たくさんの蜂場を回ったが、蜂が荒っぽいのは、共通して厚い手袋を着用してる人の蜂場だった。
僕の師匠は、素手で蜂を扱うことを厳しく指導された。
今日は、カメラにSDカードを挿入してくるのを忘れてしまった、、、写真無し、、、
人気ブログランキング ← 一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。今日も拙いブログに来てくださり、ありがとうございました。

2018年9月19日 (水)

蜜蜂の伝染病の検査

Img_0849_1280x853

今日は朝から快晴
気温も30℃近く、、、あちらこちらと野生の韮(ニラ)の花が満開
茎は硬いけど、葉は柔らかく、ときどき摘んできて食する。
Img_0852_1280x853
家畜保健衛生所による蜜蜂の法定伝染病のフソ病検査。
牛や鶏、豚などと同じ様に、蜜蜂は家畜に分類される。
家畜保健衛生所の技師さん、市役所の農林課の職員さん達で、養蜂家の蜂場を廻る。
蜂場のほとんどが山の中や畑の中、場所を確認して、現地に着くのが一苦労、、
Img_0006_1280x960
巣碑を引き上げて、幼虫が病気にかかってないかを調べる。
もし、伝染病に感染してたら、直ちにその巣箱は蜂ごと焼却、
半径2km以内の他の蜂場の蜜蜂は移動禁止となる。
Img_0005_1280x960
おや、今まで出現して無かったオオスズメバチの襲来、、
昨日から、現れたという。
見てるうちの数分間に、オオスズメバチが、、、
Img_0009_1280x960
 
ああ、無残、、巣門の前には、おびただしい蜜蜂の死骸の山
Img_0007_1280x960
午後には、僕の蜂場へ、、
検査はOKだったが、オオスズメバチがやって来てる。
今まで姿を見せなかったのに、、、、
5月にペットボトルの捕獲器で、かなりオオスズメバチの女王を退治したにもかかわらず、、、
でも、例年ほどは多くはないだろう、、、と期待したい。
明日も、他の養蜂家のフソ病検査の立ち合いに、、、
お天気が思わしくないようだが、、、、
人気ブログランキング ← 一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。今日も拙いブログに来てくださり、ありがとうございました。

2018年9月17日 (月)

畑、白菜とキャベツの苗を植える

Img_0834_1280x853

ミヤギノハギ
秋の七草のひとつ、、、、雨粒に濡れた紫のミヤギノハギ
もう一つ、、白とピンクのミヤギノハギ
Img_0791_1280x853
今朝はやっと空が晴れました。
明日は、教会の東海地区教会の牧師夫妻が藤枝の教会に集まり、教師会
全部で225日人の昼食を請け負った。
メニューは、巻き寿司、、、まあ、しばしば作ってるお寿司だけど、、、
22人分、、、、まあ、何とかなるだろう。
午前中、お寿司の食材を妻と買い物に、、、予算は約10000円
午後は畑へ、、、
畑の畝を平らに均し、ホームセンターで買って来た野菜の苗を植える
一畝はキャベツ、、もう一畝は白菜
Img_0851_1280x960
大根と小松菜の種を蒔き、、、、今日は終わり
後、ブロッコリーなどの苗を植えて、小蕪や人参、の種を蒔いたら、
とりあえずは終わり、、、
Img_0852_1280x960_2
忙しい、忙しい、、、
そのまま蜂場へ行き、内検を、、、、
今年は、まだオオスズメバチの襲来は無いようだ、、、
明後日から二日間、家畜保健衛生所による蜜蜂の法定伝染病のフソ病検査が実施される。
一応、静岡県養蜂協会の志太支部(焼津、藤枝、島田市)の支部長の任を仰せつかってるので、会員全員の蜂場へ案内し、蜜蜂の検査に立ち会わねばならない。
僕の蜜蜂から病気が出たら大変だ、、、
真夏を過ぎて、少し蜂が薄くなってるが、女王蜂は大丈夫、産卵もOK、、病気の兆候は無し、、、
明後日の検査、、大丈夫だろう。
急いで内検をしたので、動作が荒っぽかったのか、、、、最も大きな群れの巣箱、、蜜蜂が荒れて、T-シャツの上からお腹を二か所も刺されてしまった。
蜜蜂は、飼い主の心の鏡です、、、と言った師匠の言葉を思いだす。
Img_0853_960x1280
今日は、再び暑さが戻って夏日のよう、、、、
作業を終えて帰宅すると、ぐったり、、、、
お風呂に入って、夕食のビールを飲んで、、、疲れました。
明日は、早朝から出汁巻卵を焼いて、お寿司ご飯を作り、寿司ネタを整え、、、、
マグロとサーモンの海鮮巻き寿司 約30本を巻き、、、、、
11時前には、教会に持ち込んで、寿司を切って、お漬物、デザートの梨と一緒にお皿に盛り付けて、
卵と三つ葉のお澄まし汁を作って、、、、Tさんと妻がアシストしてくれる。
今日昼前に町田の姉から、直ぐに来て欲しいと電話があり、、、う~ん、、、、
明日、教会の昼食が終わったら、午後すぐに町田へ行くしかないね~、、、   
夕方までには町田に着けるので、用事が終わればトンボ返りするしかないか、、、、、、、
今日は祭日、、敬老の日だったのか~、、、すっかり忘れてた。
人気ブログランキング ← 一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。今日も拙いブログに来てくださり、ありがとうございました。

2018年9月 6日 (木)

スズメバチがやって来た!

今年のナベショーのはちみつの予約、購入は、

息子が運営するはちみつ通販のHP ナベショーのはちみつ屋」をご覧ください

Img_0504_1280x853

メド―セージ、、、

真夏の猛暑も終わり、曇りや雨の日が多くなって、凌ぎやすくなった。

庭のメド―セージ、、、生き返ったように元気になった。

今日は蜜蜂の内検

涼しくなったので、どの群れも女王蜂の産卵が多くなってると期待したが、、いろいろ、、

産卵が多いの、少ないの、、、夏バテかな?

頑張ってもらわなくちゃ、、、

Img_0038_1280x960

スズメバチ捕獲器の中に入ってるのは黄色スズメバチばかり、、、

恐ろしいオオスズメバチの姿は見えない。

5月に、ペットボトルのCCレモン入りスズメバチトラップでオオスズメバチの女王蜂をたくさん捕獲した効果であろう。

いや、まだまだ安心はできない。

数年前、オオスズメバチが10月になってから現れたこともある。

Img_0040_1280x960
先日、大型台風が来たので、強風に飛ばされてしまわないように、ハチミツ販売の旗を屋内に取り込んだら、、、
近所の方が、幾人も蜂蜜を買いに来られた。
ハチミツの旗が無くなったので、もう今年のハチミツが売り切れてしまったのかと心配になって、、、、と。
ガラス瓶に充填してあった蜜柑とクロガネモチのハチミツの在庫が、急に底をつきそうになったので、急遽、午後から蜂蜜のガラス瓶への充填作業、、、
先日、採蜜した真夏のカラス山椒のハチミツも充填しなきゃ、、、
Img_0045_1280x960
朝起きたら、北海道の大地震による山がえぐられた様な地滑りの画像、、
明日には、さらなる被害の全容が分かってくるだろう。
台風21号による関空をはじめとする大被害、、、
いったい、日本はどうなってしまったのだろう。
人気ブログランキング ← 一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。今日も拙いブログに来てくださり、ありがとうございました。

2018年8月30日 (木)

車椅子の天才ホーキング博士

今年のナベショーのはちみつの予約、購入は、

息子が運営するはちみつ通販のHP ナベショーのはちみつ屋」をご覧ください

Img_0476_1280x853_2

シモツケの花

紛らわしいが似た名前の花にシモツケソウ

南アルプスの夜叉神峠にたくさん咲いてた、、、

安倍奥の山 山伏(2000m)への登山道にも咲いてる。

でも、このシモツケは低灌木で、花も大きい。

Img_0478_1280x853
今日は、午前中に蜜蜂の内検、、、
女王蜂が失踪して、たくさんの王台が出来てた巣箱、、、
一つ残した王台から、小さな新王が生まれてた。
でも、スズメバチ捕獲器を巣門の前に設置してるので、交尾のために外に出ようとする雄蜂が、果たして出られるか、、、、?
スズメバチ捕獲器には、黄色スズメバチがたくさんかかって死んでいた。
オオスズメバチは、まだ一匹も来ていない。
Img_0487_1280x960
少々、、、いや、かなり難しい本に挑戦
車椅子の天才理論物理学者 ホーキング博士の最後の論文、、、
当然の事ながら全く理解できなかった。
ホーキング博士の業績や思い出を語った人々の文が楽しかった。
ケンブリッジ大学の大学院生だった21歳のときにALS(筋萎縮性側索硬化症)を発病、、、余命3年と宣告される。
その宣告を覆し、ブラックホールの蒸発理論など宇宙の謎を解明し続け、2018年 3月に76歳で死去した
動く事ができず車椅子生活、
40歳半ばで音声言語能力を完全に失った。
Img_0493_1280x960
ホーキングは、常に前向き、難病だけでなく、宇宙という壮大な難問に向き合い、邁進していく。
理論物理学の世界だけでなく、様々な分野にわたって語ったユーモアあふれる言葉101 を選んで、著者の桝本誠二氏が解説する。
Img_0494_1280x960
妻の料理、、豚の味噌煮
Img_0487_1280x853
人気ブログランキング ← 一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。今日も拙いブログに来てくださり、ありがとうございました。

2018年8月25日 (土)

今朝もトロロアオイの花

今年のナベショーのはちみつの予約、購入は、

息子が運営するはちみつ通販のHP ナベショーのはちみつ屋」をご覧ください

Img_0449_1280x853

トロロアオイ、、、毎朝、毎朝、、美しい花を楽しませてくれる。
朝に開花し、夕には萎み、翌朝には次の花が開花して、夕には萎む、、、
   
Img_0436_853x1280_2
もう、こんなに種が出来てる、、、、
10月頃には、全部の種が採取できるようになる、
一つの花のから、数十個の小さな種、、、
採取した種は、よく春まで冷蔵庫に保管して、GWの頃に庭に蒔く。
Img_0447_853x1280
数日前から、再び猛暑になり、34~35℃
蜂場の巣箱、、、涼しくなったので暑さ対策の簾を取り除いたのに、再び30℃以上に暑さになったので、二日前に再び簾で巣箱を覆った。
今朝は内検を行ったが、一箱で、女王蜂が居なくなって、代わりに王台が出来てた。
1週間くらいで新女王が生まれるので、そのままに、、、
5~6個の王台を最も大きな王台を残して、処分した。
もし、王台が無いままで、女王蜂が居なくなると、、、、困ってしまう。
そういう場合には、その巣箱を、少し離れた場所に移して、蜂を全部振るい落とす。
蜂は、元の巣箱のあった場所に帰って来るが、自分たちの巣箱が無い。
すると、近くの巣箱の蜜蜂が、うちの巣箱に来てく良いよ、、と呼びかけてくれる。
でも、多くの場合は、他の女王蜂のいる群れと合同する。
冬越して、来春のスタートまでの半年間、何らかのアクシデントで、女王蜂が居なくなる場合がある。
そのため、予定数より、2~3割は多めに群れを育てて置く必要がある。
Img_0438_1280x960
2段、3段の巣箱、新しい更新群の小さい巣箱、、、
冬越に向けて、全部単箱にしたので、余った巣箱や継箱を引き上げて、家の軒下に積んでた。
今日の外気温は34℃、、、
暑い暑いと言ってられないので、今日は午後に、全部水洗して、綺麗にした。
汚れたままで、ほっておくと、いつの間にかスムシが発生して、巣箱を食べられてしまう。
Img_0439_1280x960
妻が、鶏腿肉をさっと塩して、甘酒に数日漬けこんで、焼いた。
香ばしくて、とても美味しい!
Img_0463_1280x853
人気ブログランキング ← 一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。今日も拙いブログに来てくださり、ありがとうございました。

2018年8月18日 (土)

やっと涼しくなりました!

今年のナベショーのはちみつの予約、購入は、

息子が運営するはちみつ通販のHP ナベショーのはちみつ屋」をご覧ください

Img_0315_1280x853

ツユクサ(ツユクサ)
よく見ると、これほど凝った構造の花は無い。
いろんな花の形、構造、、、それぞれが驚くほど異なっているが、、、、
何故、このような形、構造にデザインされてるのだろう、、、て不思議に思う。
Img_0314_853x1280
今日も外気温が30℃を下回り、、、先日までの34~5℃の猛暑が嘘みたい。
やはり30℃以下だと、過ごしやすい。
今日の蜜蜂の内検は楽だった、、、
今までの35℃の猛暑の中での内検は、喘ぎ喘ぎの息絶え絶えだった。
巣箱の蓋を開けたら、蜂が溢れだす。
これくらい、蜂の濃度を大きくしないと、季節の花ごとに蜂蜜を効率よく貯めて採取することはできない。
数こそ力なり!
僕の養蜂の師匠からは、しばしば、蜂が薄い、、これではだめだ、、と叱られた。
蜜蜂を扱ったことのない人だったら、これだけで恐怖心とストレスで固まってしまうだろう。
しかし、蜂が濃くなると、分蜂熱が生じて、王台が出来て、分蜂のリスクが大きくなる。
従って、暑くてたいへんでも内検は重要が作業となる。
Img_0394_1280x960
煙を吹きかけて、蜂を静めて、、、素手で、一枚、一枚、巣碑枠を引き上げて、産卵の状況,、王台の有無、貯蜜の具合、ダニは居ないか、、
などをチェックしていくが、、、
最大のチェックポイントは、女王蜂の有無、、
女王蜂を見つけることができなくても、たくさんの卵が産み付けられてれば、たぶん女王はどこかに居るのだろうと、、、それ以上の探索はパス
Img_0396_1280x960
この中に女王が居ますが、わかりますか?
Img_0397_1280x960
一部をアップしましょう!
飴色のお腹が中央に見えるでしょう。
Img_0397_1280x816
例年、お盆を過ぎる頃からオオスズメバチの襲来が始まるので、今日はスズメバチ捕獲器を巣箱に設置、、、
春にペットボトルの捕獲器でたくさんのオオスズメバチを捕獲したのでその効果は如何に?
また、今年の猛暑は、オオスズメバチの繁殖にプラスだったか、マイナスだったか?
養蜂にとっては、興味深い秋となりそうです。
寄生ダニもぼつぼつ目につきだしたので、ギ酸の投入と更新も怠れません。
Img_0395_1280x960
今夕は、妻と長女がオーブンでピザを焼いてくれた!
とっても大きなピザ、、、キノコ、挽肉、チーズ、玉ネギ、ピーマン、ピザソース、、
Img_0032_1280x960
人気ブログランキング ← 一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。今日も拙いブログに来てくださり、ありがとうございました。

2018年8月13日 (月)

久々の夕立

今年のナベショーのはちみつの予約、購入は、

息子が運営するはちみつ通販のHP ナベショーのはちみつ屋」をご覧ください

Img_0232_1280x853

ルコウソウに糸トンボ
最近、いろんな種類のトンボが、見かけるようになった。
自然が帰って来たと喜ぶべきことなのだが、、、
農村の人口が減り、老齢化の為、耕作放棄地が増えて、山も荒れて、農道、林道も荒れて人も軽トラも入れなくなり、、、
猪や鹿、猿が出没して畑の作物を荒す、、、、10年後、、どんなことになるのだろう?
蜜蜂の巣箱を置いてる山、、、
側の蜜柑山のお爺さんが蜜柑栽培を止めたら、山の農道を通る人はいなくなるかも、、、?
でも、今は、まだ大丈夫!
巣箱の蓋を取ると、蜂が溢れる。
Img_0258_1280x960
煙を吹きかけて、蜂を巣箱の中に強引に追い払う。
寄生ダニの駆除のため、ギ酸を含ませた麻布のトレーを置き、、
麻布で覆い、、、
Img_0256_1280x960
巣箱の蓋をして、蓋の通風孔をガムテープで閉じる。
暑いけど、通風孔を閉じないと、ギ酸がすぐに揮散してしまう、、
3~4日毎にギ酸を含ませた麻布を交換する…
Img_0260_1280x960
猛暑の真夏の作業は堪える。
息絶え絶え、、、
午後、空が暗くなってきた。
時々、電が走る
Img_0261_1280x960
いよいよ、本格的な夕立か?
Img_0263_1280x960
西の方から降って来た、、、丁度良いお湿りに、、
Img_0265_1280x960
ピーマンと茄子、、花カツオの出汁をたっぷりで煮て、冷蔵庫で冷やしたの、、、
Img_0275_1280x960
メインの料理は、サーモンのムニエル、、、スーパーで売られてるのの2倍の厚さ
週一で魚の福一さんに行くが、必ず買う定番が、厚切りのサーモン
従って、週一回は、サーモンのムニエルか、焼いたの、、、
冬であれば、サーモンの白菜鍋
Img_0273_1280x960
人気ブログランキング ← 一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。今日も拙いブログに来てくださり、ありがとうございました。

2018年8月10日 (金)

今日も35℃の猛暑

今年のナベショーのはちみつの予約、購入は、

息子が運営するはちみつ通販のHP ナベショーのはちみつ屋」をご覧ください

Img_0204_1280x853

今日もジュランタタカラズカ
たくさん咲きだした。
涼しそうな花、、でも気温は35℃  室内は30℃ エアコン効かせて27℃
Img_0205_1280x853
暑いけど、今日は蜜蜂の内検
今年の5月に作った新しい女王の更新群 7個
そのうちの、最も立派な群
2枚に巣碑枠が、既に9枚、標準箱が蜂でいっぱい
蓋を取ると、、溢れた蜂がたくさんついている
Img_0038_1280x960
麻布を取ると、、
Img_0039_1280x960
9枚の巣碑枠のほとんどにたくさん産卵された卵、幼虫、蛹がいっぱい
こんな優秀な女王蜂の群ばかりだと良いのだけど、、、
Img_0040_1280x960
新東名の側道
新鉄砲百合が、先日よりもたくさん咲いている
Img_0043_1280x960
まだ、セイタカアワダチソウの影響を受けていないようだ、、、
Img_0043_1280x708
この季節、日本全国、道路の法面や荒れ地、野原、挙句は住宅の庭に至るまで、、
この新テッポユリがどんどん増えている。
Img_0046_1280x960
ウオーキングの帰途、面白いものを見た。
直角、直角に曲がって伸びる木の根っこ、、、、
Img_0051_1280x960
人気ブログランキング ← 一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。今日も拙いブログに来てくださり、ありがとうございました。

2018年8月 4日 (土)

猛暑、、蜜蜂は、、、

今年のナベショーのはちみつの予約、購入は、

息子が運営するはちみつ通販のHP ナベショーのはちみつ屋」をご覧ください

Img_0103_1280x853_2_2

デュランタタカラズカ  とても美しい花です。
他家の庭でしばしば見かけて、あこがれの花
娘が庭に植えてくれたのが、咲き始めました。
Img_0109_1280x853
まだ8月初、、、まだまだ暑い夏のど真ん中、、、
この猛暑の異常気象、、、今年だけであって欲しい。
暑さのためか、、、年齢によるのか、、、、
蜜蜂の世話管理、、、、巣箱の蓋を開けて、中を見る、、、つまり内検
かっては4~5日毎に内検してたが、今年の夏は1週間毎が精一杯
蜂の数、濃度も高いので、分蜂熱が生じ、王台が出来る。
しかし、1っ週間に一度の内検では、王台を見逃すと、分峰が起こる。
分蜂により、巣箱の蜂の数は半分になってしまう。
それを防ぐため、あらかじめ女王蜂の羽根を切って、飛ばないようにしてる。
分蜂が起きても、飛べない旧女王は蜂によって処分されて、新女王に引き継がれる。
ところが、新女王が誕生した後、新たな王台が出来てたり、見落とした王台があると、
最初に生まれた長女の女王が、次女が誕生する前に群れの半分を連れて分蜂してしまう。
さらに三女の女王が誕生すると、次女の女王が群れの半分を連れて分蜂する。
Img_0117_1280x960
分蜂により蜂が減ったままだと、群の勢いが小さくなり、暑さで蜂も弱り、病気になりやすくなる。
僕もモウロクしたもんだ、、、勢いのあった群れが一つ、
巣箱の中は蜂が少なくなってガラガラ、、、
こりゃいけない、、、すぐに手を打たなきゃ、、、
午前中に、小さい巣箱に蜂を全て振るい落として、巣碑枠を10枚から3枚に減らした
Img_0114_1280x960
午後になって、今年生まれた新しい女王の3枚の巣碑枠の入った別の巣箱と、、、
今朝に濃度をアップした巣碑枠3枚の巣箱を、、、、
Img_0122_1280x960
一気に合同して、6枚満杯の群にした。
これで安心!
Img_0123_1280x960_2
しかし、年齢と共に、気力、体力、集中力が低下しつつあり、
今年のような猛暑の異常気象、、、
もう養蜂を続けるか否か、、気持が萎えてくる、、、
畑へ寄ると、草ぼうぼうに、、、先日草刈したばかりなのに、、、
キュウリ、茄子、ピーマン、、、毎日同じ夏野菜ばかりの料理
Img_0118_1280x960
人気ブログランキング ← 一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。今日も拙いブログに来てくださり、ありがとうございました。

より以前の記事一覧

バナー

無料ブログはココログ