旅行

2018年10月10日 (水)

久々の東京

Img_1241_1280x853

アメジストセージ
夕日に照らされて、眩しい、、、。
今日は、会社時代の同期入社の同窓会
関東在住の7人、、、1969年入社にちなんで6月9日近傍に集まることになってたが、
今年は、台風接近のための延期、、、 本日となった。
東海道新幹線、、富士川の鉄橋 富士山が最も美しく見える最高の撮影スポット
新幹線が鉄橋を通過する前の一瞬、、、
鉄橋を通過してる時は、橋梁がカメラの視野に入ってしまう。
鉄橋を通過し終わると、騒音防止壁、、、、が延々と、、、、
Img_0021_1280x901
同窓会の会場は、毎回決まってて、東京駅地下八重洲中央口を出て右側直ぐ、、
ニュートーキョウ
時間は13時半より、、、、いつも店内は空いてくる時間帯なのに、今日はなかなか空席のテーブルが空かなかった。
大体、注文する料理は同じもの、、、
ガーリックトースト、ソーセージ盛り合わせ、平べったい大きなフライ、餃子、キャベツの炒めたの、、、等々
飲み物は、生ビールのハーフアンドハーフ
最初は互いに年とったな~という印象が、直ぐに見慣れて何時もの顔、、、
とりとめない話をしながら、いつの間にか3時半、、
男性の平均寿命までは、元気に生きていそうな感じ
帰りの新幹線東京駅18番、19番ホームの南端、、
赤レンガの目立たぬモニュメントをご覧になった方はおられますか?
1964年夢の超特急東海道新幹線を開通させた第4代国鉄総裁「十河信二のレリーフと
座右の銘「一花開天下花」
Img_0024_1280x960
後ろ側は狭くて、人が入れる隙間は無い。
斜めからかろうじて、、、
東京―新大阪1964 10 552.6km が読み取れる。
さらに
新大阪ー岡山  岡山―博多、、、など。
当時の国鉄総裁「十河信二」と技師長「島秀雄」の壮絶な反対を押し切っての新幹線建設の物語はよくご存じと思う。
その苦労のほどは、この18番ホームの最南端の目立たない粗末なモニュメントにより想像できるでしょう。
Img_0025_1280x960
人気ブログランキング ← 一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。今日も拙いブログに来てくださり、ありがとうございました。

2018年9月13日 (木)

下部温泉から田貫湖へ

2018 9 9~10

Img_0076_1280x960

山梨県清里、「萌木の村」を見て、今日の予定は終了
中央高速を走り、さらに、中部横断自動車道、さらに、、、
JR身延線沿いの下部温泉へ、、、
富士から甲府までのJR身延線は、しばしば利用、、、
下部温泉駅の側、電車から見えて、今まで気になってた温泉旅館「梅ぞ乃」に宿泊
温泉にゆっくり浸かり、疲れを癒した後の食事
一つ,一つの季節の料理の完成度の高さ、、美しく、かつ美味しく、、
妻も、娘も大喜び、、、大満足でした。
今回は、大当たりだったね~、、と。
今まで、いろんな所へ旅行したが、人に自信をもって勧める事のできる宿の一つである。
最初の御膳に並ぶ料理、、、
その後、天麩羅、ヤマメの塩焼、お蕎麦、、、、次々と出てくる。
Img_0738_1280x853
次の日は、朝霧高原から田貫湖へ、、
Img_0746_1280x853
小さな湖なので、一周が3km少々、、、
途中まで歩きかけて、雨が降り始めたので引き返す
Img_0747_1280x853
お天気が良ければ、最高の景色だろう!
Img_0751_1280x853
富士から新東名を走って、4時頃帰宅、、
韮崎の武田の里ウオーキング+ いろいろ  楽しい旅行でした。
人気ブログランキング ← 一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。今日も拙いブログに来てくださり、ありがとうございました。

2018年9月12日 (水)

清里 萌木の村

2018 9 9

Img_0683_1280x853

韮崎の武田の里ウオーキング、、11時半前にゴールした後、、、
途中の牛丼屋で簡単に昼食を済ませて、南八ヶ岳山麓の清里へ、、、
目指すは清里 萌木の村
Img_0685_1280x853
「萌木の村」は イギリス人のガーデナー ポール・スミザーさんが造った山野草を生かした革命的な庭
Img_0687_1280x853
広い園内は、清里の機構に合った女郎花、ヒヨドリ、ギボウシ、ススキ、富士アザミ、秋明菊、、、など、日本の山野に見られるポピュラーで構成されている。
 
Img_0696_1280x853
今の季節、、、女郎花と富士アザミがちょうど満開
Img_0697_1280x853
園内は、美しいレストランやカフェ―、お土産物の魅力的なお店があちこちに、、
木々と野草に囲まれた建物、、、、絵になる景色
 
Img_0706_1280x853
春は、どんな花が咲いてるのだろうか?
 
Img_0716_1280x853_2
広場では、 コンドルは飛んで行く、、、などアンデスの歌のライブ、、
Img_0718_1280x853
ガーデニングを趣味とする人にとっては、一日中過ごしていたいような空間
 
Img_0722_1280x853
最初の側を通った時、園内のレストラン 「ROCK」には 100人以上の長い行列、、、
帰る時には、少し行列が少なくなったとは言え、、まだまだ、、
忍耐強い人達、、、、
Img_0731_1280x853
素晴らしい庭、、、来れて良かった!
この日の予定は終わり、宿泊予定地へ、、、、
人気ブログランキング ← 一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。今日も拙いブログに来てくださり、ありがとうございました。

2018年9月10日 (月)

山梨県昇仙峡へ,、

2018  9  8

Img_0007_1280x960_2

9月9日(日)に、山梨県韮崎市で開催される武田の里ウオーキングに参加するため、前日の8日に出発して山梨へ

妻と長女と3人、、車で出発して、10時前には甲府市へ

まず、山梨県立美術館へ、、、

有名なミレーの「落穂ひろい」や「種蒔く人」などミレーの絵画がたくさん展示されていることで有名、、、(実はこの美術館の所蔵であることを知らなかった、、、)

昼食は、甲府市内の自然派レストラン「Natural Grace 」で、、、

Img_0015_1280x960
野菜を豊富に使った自然食メニュー、、、とても美味しかった。
Img_0012_1280x960
午後は、有名な昇仙峡へ、、、
Img_0019_1280x960
紅葉の季節ではなかったが、美しい渓谷、木々の緑、、、
Img_0022_1280x960
岩山の美しい景色に見とれてしまう。
Img_0024
茶店で一休み、、、
Img_0034_1280x960
ヤマメの塩焼を、、、、こういうのにとても弱い、
誘惑に負けて、注文してしまう。
Img_0033_1280x960
途中で引き返して、たくさんのお店の並ぶ通りへ、、
多くは水晶の細工の土産物屋、、、
見てよかったのが、「影絵の森美術館
Img_0036_1280x960
影絵がこんなに美しく、幻想的な事に感動、、
他にも,山下清の作品も展示されており、昇仙峡を訪れたら、絶対に見逃せないところである。
Img_0001_1280x960
お天気も降りそうで大丈夫、、、
明日は、韮崎市の開催の武田の里ウオーキング
韮崎市内のビジネスホテルに宿泊、、、お天気もOK の予報
人気ブログランキング ← 一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。今日も拙いブログに来てくださり、ありがとうございました。

2018年8月 3日 (金)

西伊豆の妻良港 谷川海水浴場

今年のナベショーのはちみつの予約、購入は、

息子が運営するはちみつ通販のHP ナベショーのはちみつ屋」をご覧ください
2018 8 02

Img_0053_1280x960

伊豆の旅 二日目
一日目の南伊豆の中木 ヒリゾ浜の海底を堪能して、宿泊は松崎の雲見温泉
二日目は雲見温泉からそう遠くはない妻良漁港から渡し船で谷川浜海水浴場
大人1500円、子供500円  約10分
Img_0054
次々と現れる柱状節理の美しい断崖絶壁の側を船は走る、、、
Img_0074_1280x960
地中で溶岩がゆっくり冷えて固まる時に、六角形の柱に割れて、美しい柱状節理が出来る。
Img_0063
海は美しいエメラルド色
Img_0075_1280x960
谷川浜海水浴場が見えてきました。
Img_0081
美しい砂浜  ここにはトイレもあります。
Img_0085_1280x960
ジョー君はさっそく海へ
Img_0088
砂浜の外れの岩場の海底は、、、
深くて、美しく、魚がたくさん泳いでて,サンゴも見ることが出来ました。
Img_0083_1280x960
中木のヒリゾ浜ほどは知られていませんが、まだ人は少なく、透明度の高い美しい海底を堪能することが出来ます。
Img_0090_1280x960_2
妻良漁港には、海上アスレチックもあり、子供達は更に遊ぶことが出来ます。
Img_0110_1280x960
十分に遊んで、帰途に、、、
土肥からフェリーには乗らず、修善寺経由で三島へ、、、
道路が整備されて、三島市街に入らず、そのまま新東名へ、、、
16時頃、無事帰宅しました。
人気ブログランキング ← 一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。今日も拙いブログに来てくださり、ありがとうございました。

2018年8月 2日 (木)

南伊豆の中木 海底観察

今年のナベショーのはちみつの予約、購入は、

息子が運営するはちみつ通販のHP ナベショーのはちみつ屋」をご覧ください

Img_0002_1280x880

自宅を朝6時過ぎに出発、、、清水港に7時半ころ到着
浜松の孫のジョー君、長女、妻との4人、、、清水港より駿河湾フェリーで、まずは土肥港へ
フェリーのブリッジ、操舵室の観察  船長さんよりわかりやすい説明
Img_0015_1280x960
土肥港より、さらに松崎を経て、南伊豆の小さな漁港 中木
以前、南伊豆早春ウオーキング大会に参加して、ここの民宿に2回ほど宿泊したことがある。
中木漁港より渡し船で8分のヒリゾ浜
ここは、海の透明度が素晴らしく、海底には多くの魚が群れている。
シュノーケリングによる海底の観察で有名なスポットである。
浜には、船で渡った多くの家族がテントを張っている。
Img_0038_3
 
海底には、赤ベラや多くの見慣れた魚、青い小さな熱帯魚が群れて、、
岩の間にはウニやサザエ、恐ろしいウツボなど、、、
これほどの美しい海底は、沖縄やハワイの海岸でしか見ることが出来ないそうです。
平日の毎日、、約300台以上の車が押し寄せて、駐車場は満杯、、
Img_0030_1280x948
中木漁港とヒリゾ浜の間は、10分ごとに渡し船が往復
おトイレがないので、浜から渡し船で中木漁港へ、、、
Img_0042_1280x960_2
美しい海底観察を楽しんで、宿泊は松崎の雲見温泉の民宿
美味しそうなお料理の他に、、
Img_0047
豪華な船盛お刺身
Img_0049_1280x960
アワビのお刺身もついています。
Img_0050_1280x960
久しぶりに泳いだので、疲れました。
さあ、明日も楽しみ!
人気ブログランキング ← 一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。今日も拙いブログに来てくださり、ありがとうございました。

2018年6月17日 (日)

綾部高校の同窓会へ

今年のナベショーのはちみつの予約、購入は、

息子が運営するはちみつ通販のHP ナベショーのはちみつ屋」をご覧ください。
Img_0036_1280x960
久しぶりの故郷の京都府の綾部へ
綾部駅の南口にはアンネの像とアンネのバラ、
アンネの父オートーフランクより送られたバラが美しい。
かって養蚕の盛んだった綾部市はグンゼの発祥の地、、、
本社工場があったが、今は、撤退
その工場敷地跡は「あやべグンゼスクュアー」
Img_0087_1280x640
多くの市民ボランテイアの手によるバラ園
Img_0080_1280x960_3
前日は、父母と姉、妹のお墓詣り
駅前のホテルに宿泊し、午前中は「あやべグンゼスキュアー」の美しいバラ園を楽しみ、
木陰で本を読み、、
Img_0086_1280x960
徒歩で由良川堤防を歩き、懐かしい綾部大橋を渡り、、、
京 綾部ホテルへ、、
Img_0092_1280x960
母校の綾部高校昭和38年卒業同窓会へ
家庭科、機械科、農業科、普通科 合わせて500数十名の総合高校
300名以上に案内を送付して86名の参加(物故者 74名)
Img_0095_1280x960
70歳を越える年齢、、さすがに、年齢を自覚せざるを得ない年になりました。
健康不安、喪失感、、家族の様々な問題に遭遇しつつ、これからの人生の下り坂を如何に生きていくべきか、、、
次回の同窓会にも参加できることを願いつつ、、、
記念写真 クリックするとアップします。
Img_9372_1280x853
人気ブログランキング ← 一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。今日も拙いブログに来てくださり、ありがとうございました。

2018年5月31日 (木)

同窓会候補 蒲郡

今年のナベショーのはちみつの予約、購入は、

息子が運営するはちみつ通販のHP ナベショーのはちみつ屋」をご覧ください。

Img_9146_2000x1333

気象庁による梅雨入り宣言は無いけれど、、、

昨日から雨、今日も雨、、、

それに寒いくらい、、、長袖のシャツを着ないと震えそう、、、

Img_9147_2000x1333
紫陽花は、やはり雨や曇りの天気こそ映える。
Img_9143_2000x1333
今日は、愛知県の蒲郡へ
大学時代の同級会 二年毎に関西、関東、東海地区が交替で幹事を担当、、
東海地区では、僕の藤枝市、次が浜名湖舘山寺と奥浜名湖、、、
来年度は東海地区、、、候補地である蒲郡を幹事3人で下見
ホテルは、蒲郡温泉 ホテル竹島
Img_0027_2000x1500
僕たちの同窓会は、、、
午後にホテルの会議室に集合し、数人がそれぞれの得意分野や近況についてレクチャー
そして、大広間で宴会
宴会後は、部屋に集まり二次会、、、
翌日は、近くの観光、、、昼食後に解散
日程は、翌年の4~5月、、、
アメリカ在住のメンバーの帰国予定も考慮して、日程が決まればホテルを予約、、
約60人のメンバーも、健康を害されたり、亡くなられる方も少しづつ、、、
直ぐ側に素敵な蒲郡クラシックホテルが、、、、一度宿泊する機会があれば素敵だな~
Img_0026_2000x1208
ホテルのすぐ側の竹島  竹島水族館、、楽しいところがたくさんある、、
Img_0017_2000x1500
御昼は うどんの「やをよし」
Img_0020_2000x1500
アサリ貝がいっぱいのうどん
人気のあるうどん屋さん 順番を待ってるお客さんでいっぱい
Img_0019_2000x1500
とっても美味しい、、、家でも作ってみよう!
人気ブログランキング ← 一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。今日も拙いブログに来てくださり、ありがとうございました。

2018年2月24日 (土)

ピンクの椿

はちみつ通販のHP ナベショーのはちみつ屋」をご覧ください。
今年のはちみつは5月頃です。

Img_6271_1024x683

ピンクの一重の椿、、、うっとりするような美しさ!
Img_6266_1024x683
少し風が強かったが、暖かい小春日和、、
Img_6269_1024x695
暖かい日には、蜜蜂の内検
Img_6224_1024x768
巣門の前でたくさんの働き蜂が飛び交う巣箱もあれば、、、
Img_6225_1024x768
巣箱の中には、溢れるほど蜂がいるのに、巣門からは、ほとんど蜂が飛び出さない。
いったいどうなってるのだろう。
しかし今年は、昨年よりも、花が咲くのも、蜂の生育も10日ほど遅い、、
Img_6226_1024x768
昨日のタルイカの傘、、、
一晩冷凍して、今朝解凍、、
塩水に30分漬けて、夕方まで日に干して干物にした。
Img_6334_1024x683
焼いて、薄く切って、、、
美味しい!
大きな傘が1枚 200円 儲けもの、、、
Img_6335_1024x683
真鯖の煮つけ、、、脂が乗って、最高の鯖
Img_6336_1024x683
人気ブログランキング ← 一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。今日も拙いブログに来てくださり、ありがとうございました。

2018年1月14日 (日)

下田の玉泉寺

はちみつ通販のHP ナベショーのはちみつ屋」もご覧ください。
今年の新蜂蜜の発売は5月頃になります。

Img_0071_1024x656

下田水仙コースをゴールした後、まだまだ時間があったので宿泊した民宿の近くの玉泉寺を見学した。
玉泉寺は、嘉永7年3月にペリーが来航 条約により黒船乗組員の休息所と、死亡した乗組員の埋葬場所となった。
Img_0079_1024x768
安政元年12月、ロシアの軍艦 デイアナ号の乗組員の宿舎と死体の埋葬所に、、、また、ロシアと日本の交渉の場ともなった、、
Img_0080_1024x768
安政3年8月~6年5月は、米国総領事タウンゼント・ハリスと通訳のヒュースケン。中国人の召使が居住 、、、
Img_0081_1024x679
初代米国総領事館が玉泉寺に開設された。
Img_0083
ハリスの日記より、、
Img_0084_1024x507
ペリーの艦隊の若き乗組員や海兵隊員の死者の墓
航海中に死亡したり、任務中にマストから転落して死亡したり、、、、、命がけの航海だったことが伺える。
Img_0089_1024x768
Img_0091_1024x785
こちらは、同じ玉泉寺にあるロシア人乗組員の墓
Img_0086_1024x768
ロシア使節プチャーチン提督のデイアナ号が安政の大地震による大津波で下田港で大破、修理のために戸田港に曳航中に沈没
下田および戸田で亡くなった乗組員の墓
戸田で造られた船、戸田号にてプチャーチン提督はロシアに帰国した。
Img_0088_1024x745
玉泉寺の壁の塞がれた丸い穴
Img_0094_1024x768
ハリスの日記に、この壁の穴についての記述あり、、、
ストーブの煙突の通気口である。
ストーブはアメリカ製、、とんでもない粗悪品であったそうである。
Img_0095_939x1024
前日に妻と孫と一緒に宿泊した民宿、、、二人は帰ったので、今晩は僕一人、、、
他の二人のウオーキング参加者と共に一緒のテーブルで夕食
60歳代の方、今まであちこちのウオーキング大会で顔見知りの浜松の方、、
リタイアー後に地元でノルデイックウオークの普及と指導に努めておられる。
もう一人の68歳の岡山から来られた方、、ウオーキング大会のコース作りのボランテイア等、、、、ウオーキングの大ベテラン、、、、
お二人共、50kmコース3日間とか、100kmの徹夜ウオーキングとかの難コースも経験されて、、僕とは全くレベルが異なる。
そういえば、水仙コース20kmで、僕より速く、楽々と軽快に歩いてられた品の良いご婦人、、
ゴールしてからおもてなしで金目鯛のお味噌汁を食べてる時、お隣だったのでお話した。
東京から来られて、年齢は78歳、、毎日20km以上ウオーキングをされてる。
九州から参加された年配の男性、あちらこちら全国のウオーキング大会を梯子、、、全国車で移動、寝泊まり、、、
妻が歩いてる時に、ご一緒になったご婦人 お年は80歳、、、とても80歳には見えない。
100歳のお母さんを介護してて、ショートステイに預けてウオーキングに参加、、
皆さん、怪物ばかり、、、ウオーキング大会に参加すると、とても励まされる。
Img_0097_1024x768
人気ブログランキング ← 一日、一回、クリックして戴けると嬉しいです。今日も拙いブログに来てくださり、ありがとうございました。

より以前の記事一覧

バナー

無料ブログはココログ